– 熊谷宣夫

– 熊谷宣夫

熊谷宣夫の生涯

熊谷宣夫の生涯

-熊谷宣夫の生涯-

熊谷宣夫は、1884年(明治17年)10月23日に、茨城県新治郡戸頭村(現在の牛久市)に生まれました。父は熊谷伝蔵、母はノブです。宣夫は、4人兄弟の末っ子でした。

宣夫は、幼い頃から体が弱く、病気がちでした。そのため、小学校にはほとんど通うことができず、自宅で母親から教育を受けました。宣夫は、母親から「人に迷惑をかけず、正直に生きなさい」と教わり、この教えを一生涯守り続けました。

1903年(明治36年)、宣夫は、19歳の時に上京し、東京の電機メーカーである芝浦製作所に就職しました。宣夫は、芝浦製作所で電気工学を学び、優れた技術者として頭角を現しました。1918年(大正7年)、宣夫は、芝浦製作所の技師長に就任しました。

1920年(大正9年)、宣夫は、芝浦製作所を退職し、独立して電気機器メーカーである熊谷製作所を創業しました。熊谷製作所は、電流計や電圧計などの電気機器を製造し、日本の電気産業の発展に貢献しました。宣夫は、熊谷製作所の社長として、会社の経営に手腕を発揮し、熊谷製作所を一流の企業に育て上げました。

1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結し、日本は焼け野原になりました。熊谷製作所も、戦災で工場を焼失し、大きな被害を受けました。しかし、宣夫は、従業員たちと協力して工場の復興に取り組み、熊谷製作所を再び一流の企業に育て上げました。

1954年(昭和29年)、宣夫は、熊谷製作所の社長を退任しましたが、その後も会社の発展に尽力しました。1963年(昭和38年)、宣夫は、勲四等瑞宝章を受章しました。

宣夫は、1973年(昭和48年)10月23日、89歳で亡くなりました。宣夫は、日本の電気産業の発展に貢献した偉大な実業家でした。

熊谷宣夫の著作

熊谷宣夫の著作

-熊谷宣夫の著作-

熊谷宣夫は、日本の経済学者であり、獨協大学名誉教授である。専門は労働経済学であり、労働市場の分析や雇用政策の研究などを行っている。また、経済政策全般にも造詣が深く、政府の経済諮問会議委員や内閣府の経済社会総合研究所所長などを歴任した。

熊谷宣夫の著作は、労働経済学に関するものが多い。代表的な著作としては、『労働経済学』(有斐閣、1988年)、『雇用政策』(岩波書店、1994年)、『雇用の経済学』(東洋経済新報社、2002年)などがある。これらの著作では、労働市場のしくみや雇用政策の効果などについて、理論的な分析と実証的な研究を交えて解説している。

熊谷宣夫の著作は、経済学の専門家だけでなく、一般の読者にもわかりやすいと評価されている。また、その著作は、日本の経済政策にも大きな影響を与えている。例えば、熊谷宣夫は、1990年代以降の日本の経済政策において、労働市場の柔軟化や雇用創出の重要性を主張してきた。この主張は、政府の経済諮問会議や内閣府の経済社会総合研究所の報告書にも反映されている。

熊谷宣夫の著作は、労働経済学の分野において、重要な位置を占めている。その著作は、経済学の専門家だけでなく、一般の読者にもわかりやすいと評価されており、日本の経済政策にも大きな影響を与えている。

タイトルとURLをコピーしました