「熊谷洋」

「熊谷洋」

戦前のインドネシアのジャカルタ医大教授

戦前のインドネシアのジャカルタ医大教授

戦前のインドネシアのジャカルタ医大教授

熊谷洋は、戦前のインドネシアのジャカルタ医大教授です。1908年に大阪で生まれ、1931年に大阪帝国大学医学部を卒業しました。その後、ドイツやアメリカに留学し、1937年にジャカルタ医大の教授に就任しました。

熊谷は、ジャカルタ医大で熱帯医学を教え、多くの学生を育てました。また、インドネシアの医学界の発展に貢献しました。1942年に日本がインドネシアを占領すると、熊谷は日本軍の軍医として働きました。1945年に日本が敗戦すると、熊谷はインドネシアに残り、ジャカルタ医大の教授を続けました。

1952年に熊谷はインドネシアから帰国し、大阪大学医学部の教授に就任しました。1964年に定年退官しましたが、その後も非常勤講師として教鞭をとり続けました。1993年に死去しました。

熊谷は、戦前のインドネシアの医学界の発展に貢献した功績が評価され、1963年にインドネシア政府から勲章を授与されました。また、1979年に大阪大学から名誉博士号を授与されました。

アドレナリンの中枢神経系への作用の研究と筋収縮の薬理学的研究で知られる

アドレナリンの中枢神経系への作用の研究と筋収縮の薬理学的研究で知られる

「熊谷洋」

アドレナリンの中枢神経系への作用の研究と筋収縮の薬理学的研究で知られる

熊谷洋(くまがい ひろし)は、日本の薬理学者。東京大学名誉教授。
アドレナリンの中枢神経系への作用の研究と筋収縮の薬理学的研究で知られる。

東京大学理学部卒業、同大学院博士課程修了。
大阪大学医学部教授を経て、東京大学医学部教授に就任。
定年退官後も、東京大学名誉教授として研究を続け、日本薬理学会会長や日本生理学会会長を歴任。

熊谷洋の主な研究業績は、以下の通り。
・ アドレナリンの中枢神経系への作用の研究
・ 筋収縮の薬理学的研究
・ 薬理学教育への貢献

アドレナリンの中枢神経系への作用の研究では、アドレナリンが中枢神経系に作用して、興奮状態や覚醒状態を引き起こすことを明らかにした。
この研究は、アドレナリンの生理作用を理解する上で重要であり、アドレナリンが精神的なストレスや不安を軽減する薬として使用されるようになった。

筋収縮の薬理学的研究では、筋収縮を促進する薬と阻害する薬の作用機序を明らかにした。
この研究は、筋収縮を制御する薬の開発につながり、筋弛緩剤や筋収縮剤が臨床で使用されるようになった。

薬理学教育への貢献では、薬理学の教科書を執筆し、薬理学の講義を数多く行った。
熊谷洋の教科書は、薬理学を学ぶ学生や研究者にとって、貴重な資料となっている。

熊谷洋の研究は、薬理学の発展に大きく貢献し、日本の薬理学界を代表する研究者として、広く知られている。

タイトルとURLをコピーしました