熊谷茘斎(?-1695)

熊谷茘斎(?-1695)

熊谷茘斎とは

熊谷茘斎とは

-熊谷茘斎とは-

熊谷茘斎(生没年不詳)は、江戸時代前期の俳人。本名は熊谷儀介。号は茘斎、さらに惟律子、惟律とも言われる。

生年、生地などは不詳。初めは俳諧師として名を挙げ、元禄3年(1690)に刊行された『俳諧老葉』には「茘斎」の署名がある。俳諧師としての実績があったため、元禄元年(1688)に芭蕉は『笈の小文』の中で、句集『猿蓑』の作者である澄月庵と並んで、茘斎の名を挙げている。また、元禄3年(1690)には、芭蕉の門人である其角の『続虚栗』に、「茘斎、奈良に住する人、芭蕉翁の教えに従い、精進懈怠なし。風雅に精神人なり」と評されている。

茘斎は、蕉門の俳人として活躍する一方で、漢詩や連歌にも通じていた。元禄4年(1691)に刊行された『四時山家歌集』には、茘斎の和歌が収録されている。また、元禄5年(1692)には、芭蕉の門人である支考の『蕉翁追善』に、「茘斎、俳諧に優れた人、しかし、その才能は和歌にも及ぶ」と評されている。

茘斎は、芭蕉の門人として、蕉風俳諧の確立に貢献した。また、漢詩や連歌にも通じており、多方面で活躍した。元禄7年(1694)に刊行された『芭蕉七部集』には、茘斎の句が収録されている。また、元禄8年(1695)には、芭蕉の門人である許六の『虚栗』に、「茘斎、逝去す」と記されている。茘斎の没年については不詳であるが、元禄8年(1695)頃と推定される。

熊谷茘斎の生涯

熊谷茘斎の生涯

熊谷茘斎の生涯

熊谷茘斎(?-1695)は、江戸時代の医師・漢方医・儒学者・本草学者・書家である。本姓は熊谷、名は元貞、字は伯忠。号は茘斎・茘南・明桂・春桂・二水堂・紫水・息江。別号は紫山。

熊谷茘斎は、肥前国彼杵郡神代村(現長崎県諫早市)に生まれた。幼名は元三郎。父親は熊谷元昌、母親は田内氏。家は代々医者をしていた。

幼い頃より聡明で、神童と呼ばれていた。14歳の時に、長崎で医術を修めた。その後、京都に上り、儒学を修めた。20歳の時に、江戸に出て、儒学と医術を修めた。

35歳の時に、江戸で開業した。医術に優れており、多くの患者を診た。また、漢方薬の研究にも熱心で、多くの漢方薬を開発した。

60歳の時に、引退して、江戸に隠居した。隠居後は、読書や著述に専念した。83歳の時に、江戸で死去した。

熊谷茘斎は、多くの弟子を育て、漢方医学の発展に貢献した。また、多くの著書を残し、漢方医学の理論や治療法を後世に伝えた。熊谷茘斎は、江戸時代を代表する漢方医・儒学者・本草学者・書家の一人である。

熊谷茘斎の功績

熊谷茘斎の功績

-熊谷茘斎の功績-

熊谷茘斎は、江戸時代前期の文人・学者で、京都を拠点として活動した。

茘斎の功績は、大きく分けて二つある。

一つは、漢学の分野における功績である。

茘斎は、若くして漢籍を読み耽り、やがて学問の師となるべき人物と出会った。

その師は、京大学問所の学頭を務めた儒学者、林羅山である。

羅山は、茘斎の才能を見抜き、彼に漢学の知識と方法を授けた。

茘斎は、羅山の教えを受けて漢学を極め、やがて羅山の学問所を継承した。

茘斎は、学問所の学頭として、多くの弟子を育てた。

彼の弟子の中には、のちに幕府の要職に就いた人物も少なくない。

茘斎の漢学に対する功績は、江戸時代の学問の発展に大きく貢献したと言われている。

もう一つの功績は、史書の編纂である。

茘斎は、京大学問所の学頭を務めていた頃、幕府から『大日本史』の編纂を命じられた。

『大日本史』は、日本の歴史を網羅的に記述した史書である。

茘斎は、この編纂事業に尽力し、完成にこぎつけた。

『大日本史』は、江戸時代を代表する史書として、現在でも高く評価されている。

茘斎の功績は、漢学と史書の両分野において顕著であり、江戸時代の学問の発展に大きく貢献した。

タイトルとURLをコピーしました