「石井米雄」(1929-2010)

「石井米雄」(1929-2010)

タイを中心とする東南アジア史の研究

タイを中心とする東南アジア史の研究

-# 石井米雄(1929-2010)

タイを中心とする東南アジア史の研究

石井米雄氏は、1929年に神奈川県横浜市に生まれ、1952年に東京大学文 факуль部東洋史学科を卒業された。その後、東京大学大学院で学び、1958年に「タイ王国における政治構造変動の研究」で博士号を取得された。

同氏は、1958年から東京大学東洋文化研究所の助手として勤務し、1963年に同研究所の助教授に昇進された。1969年に東京大学教授に昇進され、1989年に定年退官されるまで同大学で教鞭を執られた。

石井米雄氏は、タイを中心とする東南アジア史の研究の第一人者として知られている。同氏は、タイの政治・経済・社会・文化など、幅広い分野について研究を行い、多くの著作を発表された。同氏の著作は、東南アジア史の研究に大きな影響を与えた。

石井米雄氏は、1991年に紫綬褒章を受章され、2002年に勲三等瑞宝章を受章された。2010年に東京都府中市で逝去された。

-# タイを中心とする東南アジア史の研究

石井米雄氏のタイを中心とする東南アジア史の研究は、大きく分けて以下の3つに分類できる。

1. タイの政治史の研究
2. タイの経済史の研究
3. タイの社会・文化史の研究

石井米雄氏は、タイの政治史の研究において、タイの伝統的な政治構造である「チャクリー王朝」を研究された。チャクリー王朝は、1782年にラーマ1世によって建国された王朝で、現在まで続いている。石井米雄氏は、チャクリー王朝の政治構造の変遷を研究し、タイの政治史を明らかにされた。

石井米雄氏は、タイの経済史の研究において、タイの経済の発展を研究された。タイは、古くから農業国として知られているが、近年では工業化が進展し、経済が急速に発展している。石井米雄氏は、タイの経済の発展を研究し、タイの経済史を明らかにされた。

石井米雄氏は、タイの社会・文化史の研究において、タイの社会・文化の変遷を研究された。タイは、多民族国家であり、様々な民族が暮らしている。石井米雄氏は、タイの社会・文化の変遷を研究し、タイの社会・文化史を明らかにされた。

石井米雄氏のタイを中心とする東南アジア史の研究は、東南アジア史の研究に大きな影響を与えた。同氏の著作は、東南アジア史の研究者にとって必読の文献となっている。

上座部仏教の政治社会学

上座部仏教の政治社会学

-上座部仏教の政治社会学-

石井米雄は、上座部仏教の政治社会学を研究した日本の仏教学者です。1929年に生まれ、2010年に亡くなりました。

石井は、上座部仏教が東南アジア諸国で大きな影響力を持っていることに注目し、その政治社会学的研究を行いました。彼は、上座部仏教が東南アジアにおける政治権力と密接に関わっており、東南アジア諸国の政治システムや社会構造に大きな影響を与えていることを明らかにしました。

石井の研究は、東南アジア諸国の政治や社会を理解する上で大きな貢献をしています。また、上座部仏教の政治社会学的研究は、世界中の仏教研究者から高く評価されており、石井は上座部仏教の政治社会学の第一人者として知られています。

石井の主な研究成果は以下の通りです。

* 上座部仏教が東南アジア諸国の政治権力と密接に関わっていることを明らかにしました。
* 上座部仏教が東南アジア諸国の政治システムや社会構造に大きな影響を与えていることを明らかにしました。
* 上座部仏教が東南アジア諸国の国民統合の役割を果たしていることを明らかにしました。
* 上座部仏教が東南アジア諸国の経済発展に貢献していることを明らかにしました。

石井の研究は、東南アジア諸国の政治や社会を理解する上で大きな貢献をしています。また、上座部仏教の政治社会学的研究は、世界中の仏教研究者から高く評価されており、石井は上座部仏教の政治社会学の第一人者として知られています。

文化功労者、国立公文書館アジア歴史資料センター長

文化功労者、国立公文書館アジア歴史資料センター長

-文化功労者、国立公文書館アジア歴史資料センター長-

石井米雄(いしい・よねお、1929年-2010年)は、日本の歴史学者、国立公文書館アジア歴史資料センター長。

-経歴-

1929年(昭和4年)に東京で生まれる。東京大学文学部卒業後、同大学院博士課程に進み、1964年に「日本近代思想史研究」で博士号を取得。同年、東京大学史料編纂所に入所し、1983年まで勤務。その後、国立公文書館アジア歴史資料センター長に就任。2002年まで務めた。

-研究-

石井は、日本近代思想史を専門とし、特に、明治期自由民権運動の研究で知られている。自由民権運動は、1870年代後半から1880年代初頭にかけて、日本各地で起こった、立憲君主制の確立と国民の権利の拡大を求める運動である。石井は、自由民権運動の指導者たちの思想や活動について、詳細な研究を行い、この運動の意義を明らかにした。

-国立公文書館アジア歴史資料センター長として-

石井は、国立公文書館アジア歴史資料センター長として、アジア地域の貴重な歴史資料の収集と保存に取り組んだ。アジア歴史資料センターは、日本の外務省や内務省、軍部などの公文書を収集・保存している機関であり、研究者や一般市民が自由に利用することができる。石井は、このセンターを充実させ、アジア地域の研究を促進するのに貢献した。

-受賞歴-

石井は、1992年に文化功労者に選出された。文化功労者は、日本の文化の発展に顕著な功績をあげた人に贈られる賞である。また、1995年には、勲二等旭日重光章を受章した。勲二等旭日重光章は、日本の国家・社会に功績のあった人に贈られる賞である。

-著作-

石井は、多くの著作を残している。主な著作に、「日本近代思想史研究」(1964年)、「自由民権運動史研究」(1981年)、「近代日本の政治と思想」(1990年)などがある。これらの著作は、日本近代思想史の研究に大きな影響を与えた。

-死去-

石井は、2010年(平成22年)に死去した。享年81歳。

タイトルとURLをコピーしました