岡魯庵-江戸時代中期の医師,儒者

岡魯庵-江戸時代中期の医師,儒者

岡魯庵の生涯

岡魯庵の生涯

-岡魯庵の生涯-

岡魯庵は、1749年(寛延2年)に、江戸の麻布に生まれた。名は一立、字は竹渓、魯庵は号である。父は医者の岡守道、母は御家人・永井氏の娘・長である。魯庵は、幼い頃から聡明で、 booksを好み、独自の哲学を追求した。20歳の時には、江戸の昌平坂学問所に学び、儒学を修めた。その後、医師として開業し、多くの患者を診察した。また、儒学の講義も行い、多くの弟子を育てた。

魯庵は、儒学を基盤に、独自の哲学を展開した。その哲学は、人間は生まれながらにして善であり、社会は仁義礼智信によって成り立っているという思想である。魯庵は、この思想を「仁義礼智信の説」と名付けた。魯庵の哲学は、当時の社会に大きな影響を与え、多くの知識人に支持された。

魯庵は、1823年(文政6年)に、75歳で亡くなった。魯庵の死後、その哲学は弟子たちによって受け継がれ、さらに発展していった。魯庵の哲学は、日本の近代化に大きな影響を与えた。

魯庵の主な著作には、以下のものがある。

* 『仁義礼智信の説』
* 『魯庵語録』
* 『魯庵随筆』
* 『魯庵詩集』

魯庵の著作は、彼の哲学や思想を理解する上で貴重な資料となっている。

岡魯庵の学問

岡魯庵の学問

– 岡魯庵の学問

岡魯庵は、江戸時代中期の医師であり、儒者である。医学、儒学の両方に深く通じ、当時、数少ない蘭学の知識をもっていた。魯庵の学問は、主に医学、儒学、蘭学の三つに分類できる。

-# 医学

魯庵は、医学を学び、医師として活躍した。医学の知識は、漢方と蘭方を兼ね備えており、当時としては最先端の医学知識を有していた。魯庵は、医学の分野で多くの著作を残しており、その代表作として『養生訓』、『薬性本草』、『本草綱目』などがある。魯庵の医学の著作は、江戸時代中期以降の日本の医学の発展に大きな影響を与えた。

-# 儒学

魯庵は、儒学を学び、儒者として活躍した。儒学の知識は、朱子学と陽明学の両方に通じ、当時の儒学界を代表する学者の一人であった。魯庵は、儒学の分野で多くの著作を残しており、その代表作として『大学中庸章句集注』、『四書五経精義』、『孟子集注』などがある。魯庵の儒学の著作は、江戸時代中期以降の日本の儒学の発展に大きな影響を与えた。

-# 蘭学

魯庵は、蘭学を学び、蘭学者として活躍した。蘭学の知識は、医学、天文、数学など多岐にわたっており、当時としては最先端の知識を有していた。魯庵は、蘭学の分野で多くの著作を残しており、その代表作として『蘭学事始』、『薬品珍説』、『洋医術問答』などがある。魯庵は、蘭学者の中でも特に医学に精通しており、当時、数少ない蘭方医の一人であった。魯庵の蘭学の著作は、江戸時代中期以降の日本の蘭学の発展に大きな影響を与えた。

岡魯庵の著書

岡魯庵の著書

岡魯庵の著書

岡魯庵は、江戸時代中期の医師、儒者である。本姓は岡、名は久礼、字は子礼、号は魯庵。通称は三右衛門。
安永9年(1780年)に、摂津国西成郡難波村(現在の大阪府大阪市東区)で生まれた。父は岡久蔵、母は尾張屋。魯庵は、幼少の頃から聡明で、読書を好んだ。

12歳の時、儒者の川合蘭渓に入門し、儒学を学んだ。その後、父に従って江戸に出て、浅草の医学校である芝蘭堂で医学を学んだ。
寛政5年(1793年)に、医業を開業し、芝蘭堂の塾頭となった。魯庵は、蘭学にも通じており、西洋医学の導入に尽力した。

魯庵は、多くの著書を著した。その代表的な著作は、以下の通りである。

* 『難経直解』(1798年)
* 『素問直解』(1801年)
* 『金匱要略直解』(1804年)
* 『傷寒論直解』(1807年)
* 『論語直解』(1810年)
* 『孟子直解』(1813年)
* 『大学直解』(1816年)
* 『中庸直解』(1819年)

これらの著作は、いずれも儒教の経典をわかりやすく解説したもので、当時の知識人たちに広く読まれた。魯庵は、儒教の普及に大きな貢献をした。

魯庵は、文政11年(1828年)に死去した。享年49。

タイトルとURLをコピーしました