伊地知純正(1884 – 1964) – 明治から昭和期の英語学者

伊地知純正(1884 – 1964) – 明治から昭和期の英語学者

伊地知純正の生い立ちと経歴

伊地知純正の生い立ちと経歴

伊地知純正の生い立ちと経歴

伊地知純正は、1884年(明治17年)10月20日に鹿児島県に生まれた。父は伊地知貞臣、母は伊地知はつである。伊地知家は、薩摩藩の家老を代々務めた家柄である。伊地知純正は、1897年(明治30年)に鹿児島県立第一中学校(現・鹿児島県立鹿児島中央高等学校)に入学する。その後、1903年(明治36年)に第一高等学校(現・東京大学教養学部)に進学する。1907年(明治40年)に東京帝国大学(現・東京大学)に入学し、英語を専攻する。1911年(明治44年)に東京帝国大学を卒業し、愛知県師範学校(現・愛知教育大学)の英語教師となる。1912年(大正元年)に文部省の英語教育調査員に任命され、アメリカ合衆国に留学する。1915年(大正4年)に帰国し、東京高等師範学校(現・東京教育大学)の英語教授となる。1922年(大正11年)に東京帝国大学助教授に就任し、1926年(大正15年)に東京帝国大学教授に就任する。1931年(昭和6年)に文部省の英語教育調査官に任命され、1932年(昭和7年)に英語教育調査会の会長に就任する。1935年(昭和10年)に東京帝国大学の総長に就任する。1945年(昭和20年)に東京帝国大学の総長を辞任する。1949年(昭和24年)に公職追放となり、1951年(昭和26年)に公職追放を解除される。1952年(昭和27年)に日本英語学会の会長に就任する。1964年(昭和39年)に死去する。

伊地知純正の学問的な功績

伊地知純正の学問的な功績

-伊地知純正の学問的な功績-

伊地知純正は、明治から昭和期にかけて活躍した英語学者です。彼は、英語学の分野に多くの功績を残しました。

伊地知純正の最も有名な功績の一つは、英語語法の研究です。彼は、英語の語法を体系的に整理し、その仕組みを明らかにしました。彼の著作『英語語法解説』は、英語学習者にとって必読書となっています。

伊地知純正は、また、英語の歴史の研究にも大きな貢献をしました。彼は、英語の起源や発展を明らかにし、英語の歴史を体系的に整理しました。彼の著作『英語史概説』は、英語の歴史を学ぶ上で欠かせない名著です。

さらに、伊地知純正は、英語教育にも尽力しました。彼は、英語教育の方法論を研究し、英語教育の充実を図りました。彼の著作『英語教育法』は、英語教育の現場で広く活用されています。

伊地知純正の学問的な功績は、英語学の発展に大きく貢献しました。彼の著作は、英語学習者や英語教育者にとって必読書となっており、これからも多くの人々に読み継がれていくでしょう。

伊地知純正が遺した著作

伊地知純正が遺した著作

-伊地知純正が遺した著作-

伊地知純正は、明治から昭和期にかけて活躍した英語学者です。彼は、英語教育の分野で多くの功績を残しており、その著作は英語学習者や英語教師に広く読まれています。

伊地知純正の著作の中でも特に有名なのが、「英語熟語辞典」です。この辞典は、英語の熟語を網羅的に収録しており、その意味や用法を詳しく解説しています。英語学習者にとっては、熟語を学ぶための必携の書となっています。

また、伊地知純正は「英語の教え方」という著作も残しています。この著作では、英語を効果的に教えるための方法について解説しています。英語教師にとっては、英語教育のスキルを向上させるための貴重な資料となっています。

さらに、伊地知純正は「英語の歴史」という著作も残しています。この著作では、英語の歴史を詳しく解説しています。英語に興味がある人にとっては、英語の起源や発展について学ぶための貴重な資料となっています。

伊地知純正の著作は、英語学習者や英語教師、英語に興味がある人にとって、貴重な資料となっています。彼の著作を読めば、英語に関する知識を深めることができ、英語学習や英語教育に役立てることができます。

タイトルとURLをコピーしました