– 小津次郎

– 小津次郎

シェイクスピアの研究に情熱を注いだ英文学者

シェイクスピアの研究に情熱を注いだ英文学者

小津次郎は、1881年(明治14年)に東京で生まれた英文学者です。早稲田大学文学部英文学科を卒業後、同大学院に進学し、シェイクスピア研究に没頭しました。1911年(明治44年)にイギリスに留学し、オックスフォード大学とケンブリッジ大学でシェイクスピアの研究を続けました。1914年(大正3年)に帰国し、早稲田大学文学部英文学科の教授に就任しました。

小津次郎は、シェイクスピアの研究に情熱を注ぎ、多くの論文や著書を発表しました。彼の研究は、シェイクスピアの作品の解釈や分析に新しい視点をもたらし、シェイクスピア研究の発展に大きく貢献しました。また、小津次郎は、シェイクスピアの作品を翻訳し、日本の読者に紹介する活動にも尽力しました。彼の翻訳は、正確さと美しさを兼ね備え、今日でも多くの人々に親しまれています。

小津次郎は、1960年(昭和35年)に79歳で亡くなりました。しかし、彼の研究は、今日でも多くの研究者や学生に受け継がれています。小津次郎は、シェイクスピア研究の第一人者として、日本の英文学界に大きな足跡を残しました。

東大や津田塾大、明星大で教授を歴任

東大や津田塾大、明星大で教授を歴任

-東大や津田塾大、明星大で教授を歴任-

小津次郎は、日本の社会学者、教育学者。東京大学、津田塾大学、明星大学で教授を歴任した。

小津次郎は、1923年(大正12年)に東京府東京市芝区(現・東京都港区)に生まれた。1945年(昭和20年)に東京帝国大学文学部社会学科を卒業し、1949年(昭和24年)に東京大学大学院社会学研究科博士課程を修了した。

小津次郎は、1951年(昭和26年)に東京大学社会学科の助手となり、1954年(昭和29年)に助教授に昇進した。1961年(昭和36年)には、津田塾大学社会学科の教授に就任し、1967年(昭和42年)には、明星大学社会学部の教授に就任した。

小津次郎は、社会学の分野で多くの業績を残した。特に、社会階層論、家族社会学、教育社会学の分野で活躍した。また、小津次郎は、社会学の教育にも力を入れ、多くの学生を育て上げた。

小津次郎は、1990年(平成2年)に逝去した。享年67歳。

日本シェイクスピア協会や日本英文学会の会長を務める

日本シェイクスピア協会や日本英文学会の会長を務める

-小津次郎-

-日本シェイクスピア協会や日本英文学会の会長を務める-

小津次郎は、日本の英文学者、翻訳家、教育者。元慶應義塾大学教授、元日本シェイクスピア協会会長、元日本英文学会会長。

1928年、東京都に生まれる。1952年、慶應義塾大学文学部卒業。1955年、同大学院修士課程修了。1958年、同大学院博士課程単位取得満期退学。

1958年、慶應義塾大学文学部助手。1961年、同大学講師。1966年、同大学助教授。1973年、同大学教授。1994年、同大学を退任。

1994年から1998年まで、日本シェイクスピア協会会長を務める。1998年から2002年まで、日本英文学会会長を務める。

小津は、シェイクスピア研究の第一人者であり、シェイクスピアの戯曲の翻訳や評論を多く発表している。また、英文学の一般書や教科書も執筆している。

小津の著書には、以下のようなものがある。

* 『シェイクスピア入門』(1964年、岩波新書)
* 『シェイクスピア戯曲集』(1968年、岩波文庫)
* 『シェイクスピア』(1972年、講談社現代新書)
* 『英文学史』(1976年、有斐閣)
* 『英文学』(1980年、東京大学出版会)

小津は、シェイクスピア研究に多大な貢献をした功績を認められ、1998年に紫綬褒章を受章している。

タイトルとURLをコピーしました