甲野礼作 – 日本を代表するウイルス学者

甲野礼作 – 日本を代表するウイルス学者

大正4年生まれのウイルス学者

大正4年生まれのウイルス学者

大正4年生まれのウイルス学者

甲野礼作は、大正4年(1915年)に東京に生まれました。幼い頃から科学に興味を持ち、東京帝国大学医学部に入学しました。大学卒業後は、国立予防衛生研究所で研究員として働き、ウイルス学の研究を始めました。

甲野礼作は、ウイルス学の分野で多くの功績を残しました。特に、麻疹ウイルスの研究で有名です。甲野礼作は、麻疹ウイルスの培養に成功し、その病原性を明らかにしました。また、麻疹ワクチンの開発にも貢献しました。

甲野礼作は、ウイルス学の研究だけでなく、医学教育にも力を入れました。東京医科歯科大学で教授を務め、多くの学生を育てました。甲野礼作は、ウイルス学の分野の発展に大きく貢献した、日本を代表するウイルス学者の一人です。

甲野礼作は、平成9年(1997年)に82歳で亡くなりました。しかし、彼の功績は今もなお、ウイルス学の分野で高く評価されています。

スモン調査研究協議会会長を務めた

スモン調査研究協議会会長を務めた

スモン調査研究協議会会長を務めた

甲野礼作は、1975年から1980年までスモン調査研究協議会会長を務めました。スモンは、1960年代に流行した神経性の難病で、手足のしびれや歩行障害などの症状が現れます。スモンの原因は、食用油に混入した有機リン化合物とされています。

スモン調査研究協議会は、スモンの被害者を救済するための研究機関として設立されました。甲野礼作は、スモン調査研究協議会会長として、スモンの原因究明と被害者救済のために尽力しました。

甲野礼作の尽力により、スモンの原因は有機リン化合物であることが究明され、被害者救済のための法整備も進みました。甲野礼作は、スモン被害者救済に大きく貢献した人物として評価されています。

アポロ病のウイルスを発見

アポロ病のウイルスを発見

-アポロ病のウイルスを発見-

1960年代、米国で発生したアポロ病は、原因不明の呼吸器疾患であり、多くの宇宙飛行士が感染しました。この病気は、宇宙旅行に関連している可能性があり、宇宙飛行士の健康を脅かす深刻な問題となりました。

甲野礼作博士は、アポロ病のウイルスを発見するために研究を開始しました。博士は、アポロ11号で月面着陸した宇宙飛行士の血液や尿のサンプルを入手し、これらのサンプルを分析しました。その結果、博士は、アポロ病のウイルスが、ヘルペスウイルスの一種であることを発見しました。

アポロ病のウイルスを発見したことで、博士は、この病気の原因を特定することができました。また、博士は、アポロ病の予防と治療法の開発にも貢献しました。博士の研究は、宇宙飛行士の健康を守るためにも役立ちました。

アポロ病のウイルスを発見した功績により、博士は、1970年にノーベル医学賞を受賞しました。博士の研究は、ウイルス学の発展に大きく貢献し、博士は、日本を代表するウイルス学者の一人として知られています。

タイトルとURLをコピーしました