阿川貫達 – 浄土宗の僧侶であり、大正大学教授

阿川貫達 – 浄土宗の僧侶であり、大正大学教授

念仏者として知られた阿川貫達

念仏者として知られた阿川貫達

-# 阿川貫達 – 浄土宗の僧侶であり、大正大学教授

阿川貫達は、1892年(明治25年)6月2日、新潟県三島郡荒井浜村(現新潟市西区)に生まれた浄土宗の僧侶、大正大学教授である。

1912年(明治45年)に大正大学の前身である浄土宗大学専門部に入学し、1916年(大正5年)に卒業した。その後、浄土宗大学大学院に進学し、1918年(大正7年)に卒業した。

1920年(大正9年)に浄土宗大学教授に就任し、1922年(大正11年)に大正大学教授に就任した。1928年(昭和3年)には浄土宗大学学長に就任した。

1945年(昭和20年)には浄土宗大学が大正大学と合併し、大正大学教授に就任した。1947年(昭和22年)には大正大学学長に就任した。

1952年(昭和27年)に大正大学学長を退任し、1953年(昭和28年)に大正大学名誉教授となった。1958年(昭和33年)に亡くなった。

阿川貫達は、浄土宗の僧侶として、念仏の教えを広めることに尽力した。また、大正大学教授として、多くの学生を指導した。

-# 念仏者として知られた阿川貫達

阿川貫達は、念仏者として知られていた。念仏とは、阿弥陀如来の名を唱えることで、極楽浄土に往生することを願う修行である。

阿川貫達は、念仏は、誰もが平等に救われることができる教えであると説いた。そして、念仏を唱えることで、私たちの心の汚れを取り除き、清らかな心になることができると説いた。

阿川貫達の念仏の教えは、多くの人々に受け入れられた。そして、阿川貫達は、浄土宗の僧侶として、念仏の教えを広めることに尽力した。

浄土宗義概説を著した阿川貫達

浄土宗義概説を著した阿川貫達

-浄土宗義概説を著した阿川貫達-

阿川貫達は、浄土宗の僧侶であり、大正大学教授を務めた人物です。

1864年に福井県に生まれ、1882年に浄土宗の僧侶となりました。その後、浄土宗大学で学び、1890年に卒業しました。

卒業後は、浄土宗の寺院である正覚寺や清源寺などの住職を務め、1906年には大正大学の教授に就任しました。大正大学では、浄土宗の教義や歴史などを教え、1931年に退任するまで教鞭を執りました。

阿川貫達は、淨土宗の僧侶としてだけでなく、浄土宗の教義に関する著作も多く残しています。その中でも、浄土宗の教義をわかりやすく解説した『浄土宗義概説』は、浄土宗の入門書として広く読まれています。

『浄土宗義概説』は、1909年に出版され、以来、数多くの版を重ねてきました。阿川貫達の浄土宗に対する深い理解と、そのわかりやすい文章が好評を博し、浄土宗の教義を学ぶ人々に愛読されてきました。

『浄土宗義概説』は、浄土宗の教義を学ぶ人々にとって、欠かせない一冊となっています。

タイトルとURLをコピーしました