秋月辰一郎 – 被爆医師の歩みと平和への貢献

秋月辰一郎 – 被爆医師の歩みと平和への貢献

長崎で被爆した医師の生き様

長崎で被爆した医師の生き様

-長崎で被爆した医師の生き様-

秋月辰一郎医師は、1923年、長崎県対馬市に生まれました。1945年、長崎医科大学(現・長崎大学医学部)を卒業し、長崎逓信病院(現・長崎大学病院)に勤務していました。

1945年8月9日、長崎に原子爆弾が投下されました。秋月医師は、爆心地から約2km離れた病院で被爆しました。爆風で病院の建物が倒壊し、秋月医師は瓦礫の下敷きになりました。奇跡的に救出されたものの、全身に大やけどを負い、左目を失明しました。

被爆後、秋月医師は、長崎医科大学の附属病院に入院し、治療を受けました。1年間の入院生活の後、秋月医師は、医師として復帰しました。被爆の経験から、秋月医師は、核兵器の廃絶と平和の実現を強く決意しました。

秋月医師は、被爆医療の第一人者として、被爆者の治療や健康管理に尽力しました。また、原爆症の研究を行い、その成果を国内外に発表しました。秋月医師の研究は、原爆症の治療法の確立や、被爆者の健康管理の向上に大きく貢献しました。

秋月医師は、被爆者の支援活動にも積極的に参加しました。1952年、秋月医師は、被爆者援護団体「長崎原爆被爆者協議会」を設立しました。秋月医師は、協議会会長として、被爆者の生活支援や、原爆被害の調査・研究に尽力しました。

秋月医師は、核兵器の廃絶と平和の実現のために、国内外で精力的に活動しました。1985年、秋月医師は、第1回ノーベル平和賞候補に推薦されました。秋月医師の活動は、世界の平和運動に大きな影響を与えました。

秋月辰一郎医師は、2014年、91歳で亡くなりました。秋月医師は、被爆医師として、核兵器の廃絶と平和の実現のために生涯を捧げた偉大な人物でした。秋月医師の遺志を継ぎ、核兵器のない平和な世界を実現するために、私たち一人ひとりが努力することが大切です。

被爆体験の収集・発掘と平和への取り組み

被爆体験の収集・発掘と平和への取り組み

-被爆体験の収集・発掘と平和への取り組み-

秋月辰一郎は、1908年(明治41年)8月6日、広島県安佐郡可部町(現・広島市安佐北区可部)に生まれた。広島県立広島第二中学校(現・広島県立広島皆実高等学校)を卒業後、1929年(昭和4年)に広島医学専門学校(現・広島大学医学部)に入学した。卒業後は、広島赤十字病院や広島市民病院に勤務した。

1945年(昭和20年)8月6日、広島に原爆が投下された。秋月は爆心地から約1.5キロ離れた広島市民病院に勤務しており、被爆した。爆風で吹き飛ばされ、頭部にガラスの破片が刺さるなど重傷を負ったが、一命を取り留めた。

秋月は、原爆投下直後から被爆者の治療に当たった。原爆投下による被害の惨状を目の当たりにし、原爆の恐ろしさと核兵器の廃絶の必要性を強く感じた。秋月は、被爆者の治療と並行して、被爆体験の収集・発掘にも取り組んだ。被爆者の証言を記録し、被爆の実態を明らかにするために努めた。

また、秋月は平和運動にも積極的に参加した。1945年(昭和20年)9月、広島で「原爆被災者協議会」が結成されると、秋月は副会長に就任した。原爆被爆者協議会は、被爆者の救済と原爆の恐ろしさを世に訴えるために活動した。1946年(昭和21年)には、広島で「原爆被害調査委員会」が結成されると、秋月は委員長に就任した。原爆被害調査委員会は、原爆投下による被害の実態を調査し、報告書をまとめた。

秋月は、被爆体験の収集・発掘と平和運動を通じて、原爆の恐ろしさと核兵器の廃絶の必要性を訴え続けた。その功績は、国内外で高く評価されている。1957年(昭和32年)、秋月は「広島の原爆と原子力」を出版した。この本は、原爆投下による被害の実態や核兵器の危険性について解説したもので、世界中で翻訳され、広く読まれた。

秋月は、1984年(昭和59年)に76歳で亡くなった。しかし、秋月の平和への貢献は、今もなお 語り継がれている。

国内外からの評価と功績

国内外からの評価と功績

-# 国内外からの評価と功績

秋月辰一郎氏は、国内外から高く評価されている被爆医師です。その功績は、以下の通りです。

* -原爆医療の確立- 秋月氏は、原爆を投下された広島で、被爆者の治療に尽力しました。原爆投下直後から、被爆者の症状を記録し、治療法の開発に取り組みました。その結果、原爆医療の基礎を築きました。
* -被爆者支援の活動- 秋月氏は、被爆者の支援活動にも尽力しました。原爆投下後、多くの被爆者が生活に困窮していました。秋月氏は、被爆者の生活支援や雇用支援のために尽力しました。
* -平和活動- 秋月氏は、平和活動にも積極的に取り組んでいました。被爆者の体験を世界に伝え、核兵器の廃絶を訴えました。1985年には、ノーベル平和賞の候補にもなりました。

秋月辰一郎氏は、国内外から高く評価されている被爆医師であり、平和活動家です。その功績は、原爆医療の確立、被爆者支援の活動、平和活動など、多岐にわたっています。

タイトルとURLをコピーしました