「小島鉄蔵」

「小島鉄蔵」

小島鉄蔵の生涯

小島鉄蔵の生涯

-小島鉄蔵の生涯-

小島鉄蔵は、1887年(明治20年)12月11日、広島県福山市に生まれました。

1904年(明治37年)に地元の旧制広島県福山中学校(現・広島県立福山誠之館高等学校)を卒業後、東京帝国大学(現・東京大学)工学部機械工学科に入学しました。

1910年(明治43年)に東京帝国大学を卒業後、三菱造船所(現・三菱重工業)に入社しました。三菱造船所では、主に軍艦の設計・建造に従事しました。

1918年(大正7年)に三菱造船所を退社し、独立して設計事務所を開設しました。設計事務所では、主に民間船舶の設計・建造に従事しました。

1923年(大正12年)に関東大震災が発生した際、小島鉄蔵は東京に滞在していました。関東大震災では、多くの建物が倒壊し、多くの人が亡くなりました。小島鉄蔵は、関東大震災で被災した人々を救助する活動に参加しました。

1924年(大正13年)に、小島鉄蔵は帝国大学に移籍しました。帝国大学では、主に船舶工学の研究に従事しました。

1928年(昭和3年)に、小島鉄蔵は帝国大学の教授に就任しました。帝国大学では、主に船舶工学の講義を行いました。

1939年(昭和14年)に、小島鉄蔵は帝国大学の総長に就任しました。小島鉄蔵は、総長在任中に、帝国大学の改革を行いました。

1945年(昭和20年)に、太平洋戦争が終戦しました。終戦後、小島鉄蔵は帝国大学の総長を辞任しました。

1946年(昭和21年)に、小島鉄蔵は東京工業大学の初代学長に就任しました。東京工業大学では、主に船舶工学の講義を行いました。

1953年(昭和28年)に、小島鉄蔵は東京工業大学の学長を退任しました。退任後は、主に船舶工学の研究に従事しました。

1966年(昭和41年)12月21日、小島鉄蔵は死去しました。

小島鉄蔵の業績

小島鉄蔵の業績

小島鉄蔵の業績

小島鉄蔵は、日本の電気工学者、発明家。東京電力の創業者であり、日本における電気事業の草分け的存在の一人である。

-電気事業の黎明期-

小島鉄蔵は、1859年、現在の千葉県に生まれた。1881年、東京帝国大学工学部電気工学科を卒業し、逓信省に入省。1886年に欧米へ留学し、電気事業の現状を調査した。帰国後、逓信省電気局長となり、全国的な電信網の整備に尽力した。

-東京電力の創設-

1908年、小島鉄蔵は、東京電力の創業者の一人となった。東京電力は、日本の電気事業の発展に大きな役割を果たし、日本の電力業界の基礎を築いた。

-小島鉄蔵の発明-

小島鉄蔵は、電気に関する多くの発明を残した。その中でも、最も有名なのが、1891年に発明した「小島式交流発電機」である。この発電機は、従来の発電機よりも小型軽量で、効率が良いという特徴があり、全国の電気事業に広く採用された。

-小島鉄蔵の功績-

小島鉄蔵は、日本の電気事業の発展に大きな功績を残した。電気事業の黎明期に、全国的な電信網の整備に尽力し、日本の電力業界の基礎を築いた。また、小島式交流発電機を発明し、全国の電気事業に広く採用された。小島鉄蔵の功績は、日本の電気事業の発展に多大な影響を与えた。

小島鉄蔵の死

小島鉄蔵の死

-小島鉄蔵の死-

小島鉄蔵は、1892年(明治25年)12月25日、東京府東京市日本橋区蛎殻町(現在の東京都中央区日本橋蛎殻町)で、父・小島勝蔵、母・キヨの間に生まれた。幼名は鉄太郎。

小島は、1913年(大正2年)に東京帝国大学工学部電気工学科を卒業し、すぐに芝浦製作所(現在の東芝)に入社した。芝浦製作所では、電気機器の開発を担当し、多くの特許を取得した。

1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災では、小島は東京電灯(現在の東京電力)の社員として、復旧作業に尽力した。

1945年(昭和20年)8月15日の終戦後、小島は芝浦製作所の社長に就任した。社長在任中は、芝浦製作所の再建に尽力し、また、電気機器の輸出に積極的に取り組んだ。

1966年(昭和41年)11月25日、小島は東京都千代田区の自宅で病死した。享年74。

小島の死は、日本の電気機器業界に大きな損失を与えた。小島は、電気機器の開発に大きな貢献をしただけでなく、日本の電気機器業界の発展にも貢献した。

小島の死後、芝浦製作所は、小島の功績を称えて、小島鉄蔵記念館を設立した。小島鉄蔵記念館には、小島の遺品や、小島が開発した電気機器などが展示されている。

タイトルとURLをコピーしました