安芸道受

安芸道受

安芸道受の生涯

安芸道受の生涯

-安芸道受の生涯-

安芸道受(あきのみちうけ、1561年 – 1638年)は、日本の戦国時代の武将、儒学者、神道家。別名は安芸周防丞。上杉景勝、徳川家康、徳川秀忠、徳川家光の四代の将軍に仕え、三十五年に及ぶ武辺と学問の生涯を送った。

-生い立ち-
安芸道受は、天文10年(1541年)に、甲斐武田家に仕えていた安芸周防介の三男として生まれた。父も武将であり、幼少期から剣術や弓術、乗馬などの武芸を仕込まれた。1571年、武田信玄が死去すると、武田勝頼に仕えるが、1582年の本能寺の変で勝頼が自害すると、徳川家康に仕える。翌年、秀吉の小田原征伐で、家康は関東に移封され、道受は家康に従って関東に移り住んだ。

-徳川家に仕える-
関東に移住後の道受は、家康の重臣として活躍し、上野一国を賜った。その後、豊臣秀吉の朝鮮出兵では、福島正則、黒田長政らとともに朝鮮に渡り、数々の武功を挙げた。徳川家康が江戸幕府を開くと、道受は幕府の旗本として仕え、徳川四代将軍に仕えた。道受は儒学にも通じ、多くの著作を残した。とくに「安芸道受集」は、江戸時代の教養書として広く読まれた。

-晩年-
晩年の道受は、武芸を捨てて学問に専念し、多くの著作を残した。また、儒学の講義を行い、多くの門人を育てた。元和4年(1618年)、安芸道受は病没。享年78歳。

-安芸道受の功績-
安芸道受は、徳川四代将軍に仕えた武将であり、儒学者、神道家でもあった。武辺と学問の両方に秀で、江戸幕府の基礎を築いた功労者の一人である。また、儒学の講義を行い、多くの門人を育てたことから、江戸時代の儒学の発展に貢献した。

曲直瀬道三に学んだ安芸道受

曲直瀬道三に学んだ安芸道受

曲直瀬道三に学んだ安芸道受

安芸道受は、安土桃山時代から江戸時代初期の医師で、曲直瀬道三の高弟の一人として知られています。道受は、1546年に京都で生まれ、幼い頃から医学の道を志しました。1565年、道受は道三の門下に入り、医学を学び始めました。

道三は、当時、日本屈指の名医として知られており、彼の教えを受けた道受は、みるみるうちに医学の知識を身につけていきました。道受は、道三の教えを忠実に守り、彼の診療を手伝いながら、医学の研鑽に励みました。

1582年、道三が亡くなると、道受は京都で医業を開業しました。道受の医術は評判を呼び、多くの患者が彼を訪ねてきました。道受は、患者の話を丁寧に聞き、適切な治療を施しました。また、道受は、医術を普及させるため、多くの弟子を育てました。

1603年、道受は京都で亡くなりました。享年58歳でした。道受の死は、医学界に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼みました。

道受は、曲直瀬道三の高弟として、医学の普及に尽力した人物です。彼の医術は多くの人々の命を救い、彼の弟子たちは、その後、江戸時代の医学の発展に大きな貢献をしました。

安芸道受は、曲直瀬道三の高弟として、医学の普及に尽力した人物です。彼の医術は多くの人々の命を救い、彼の弟子たちは、その後、江戸時代の医学の発展に大きな貢献をしました。

承応年間中に幕府に仕えた安芸道受

承応年間中に幕府に仕えた安芸道受

-承応年間中に幕府に仕えた安芸道受-

安芸道受は、江戸時代初期に活躍した武士です。安芸国(現在の広島県)出身で、父は安芸国分寺の住職でした。道受は幼い頃から武術を好み、剣術と弓術で頭角を現しました。

承応年間(1652~1655)に、道受は幕府に仕官し、旗本となりました。幕府では、御徒組に所属し、将軍の警護などを担当しました。また、道受は剣術と弓術の師範としても活躍し、多くの弟子を育てました。

承応3年(1654)、道受は、将軍徳川家綱の命で、朝鮮に派遣されました。朝鮮では、朝鮮国王と会見し、両国の友好関係を確認しました。また、道受は、朝鮮で剣術と弓術を披露し、朝鮮の武士たちに大きな感銘を与えました。

承応4年(1655)、道受は、日本に帰国し、幕府に復職しました。その後も、道受は幕府で重きをなしましたが、寛文12年(1672)に死去しました。享年47歳でした。

道受は、武術の達人として知られ、剣術と弓術の優れた師範でした。また、道受は、外交官としても活躍し、朝鮮との友好関係を促進するのに貢献しました。道受の死は、幕府にとって大きな損失であり、その死は多くの人々に惜しまれました。

タイトルとURLをコピーしました