秋元小丘園

秋元小丘園

越前出身の儒者

越前出身の儒者

-# 秋元小丘園

秋元小丘園は、福井県越前市にある庭園であり、越前出身の儒者である秋元小丘が作庭したと伝わる。回遊式庭園で、池泉を配した美しい景色を楽しむことができる。

-# 越前出身の儒者

秋元小丘は、1671年に越前国福井藩で生まれた。若くして儒学を学び、京都や江戸で活躍した。1724年に帰郷し、小丘園の作庭を開始した。1742年に没するまで、小丘園の整備に尽力した。

小丘は、儒学の大家として知られるだけでなく、詩や書に優れた才能を発揮した。また、豊かな自然を愛し、小丘園を造園することで、その美しさを後世に残そうとした。

小丘園は、小丘の儒学思想を反映した庭園であり、彼の自然に対する敬愛の念が感じられる。池泉や木々の配置、そして石組みなど、すべてが調和した美しい景観を作り出している。

小丘園は、秋元小丘の業績をしのぶ貴重な史跡であるとともに、越前地方を代表する名勝地としても知られている。四季折々に楽しめる美しい庭園であり、訪れる人々に安らぎと感動を与えている。

服部南郭に師事

服部南郭に師事

– 秋元小丘園

秋元小丘園(あきもと しょうきょえん、1775年11月11日 – 1834年11月30日)は、江戸時代の儒学者、蘭学者である。名は泰、字は釈之、小丘園は号である。通称は小左衛門。

– 服部南郭に師事

秋元小丘園は、1775年に江戸に生まれた。幼少の頃より聡明で、13歳の時に服部南郭に入門した。服部南郭は、当時最も著名な儒学者の一人で、小丘園は南郭から儒学のほか、蘭学も学んだ。

小丘園は、南郭の門下で頭角を現し、19歳の時に南郭の推薦で、幕府の昌平坂学問所に教授として採用された。小丘園は、昌平坂学問所で儒学と蘭学を講義し、多くの門人を育てた。

小丘園の著書には、『小丘園詩鈔』、『小丘園文鈔』、『小丘園外集』などがある。小丘園の著作は、儒学と蘭学の融合を図っており、当時の知識人の間で広く読まれた。

小丘園は、1834年に59歳で亡くなった。小丘園の死は、当時の知識人に大きな衝撃を与え、多くの人が小丘園の死を悼んだ。

小丘園は、儒学と蘭学の融合を図った先駆的な儒学者であり、日本の近代化に貢献した人物である。

「春秋園図并詩」を著す

「春秋園図并詩」を著す

-「春秋園図并詩」を著す-

秋元小丘園は、俳諧や和歌、漢詩などの創作に励み、特に漢詩は得意としていました。

中でも、享保18年(1733年)に著した「春秋園図并詩」は、小丘園の代表作の一つとされています。

この詩は、小丘園が自作の庭である春秋園を詠んだもので、全20首から成っています。

詩の中には、春秋園の美しい景色や小丘園の隠逸生活への憧憬などが描かれており、小丘園の人柄や思想を知る上でも貴重な資料となっています。

また、この詩には小丘園の自画像も添えられており、小丘園の風貌を窺い知ることができます。

「春秋園図并詩」は、漢詩の愛好者や小丘園の研究者にとって必読の書であり、今日でも多くの人々に愛読されています。

タイトルとURLをコピーしました