神田茂(1894~1974) – 天文学者、理科年表編集者

神田茂(1894~1974) – 天文学者、理科年表編集者

神田茂の生涯

神田茂の生涯

-神田茂の生涯-

神田茂は、1894年7月1日に大阪府大阪市に生まれました。1918年に東京帝国大学理学部物理学科を卒業し、その後、東京帝国大学理学部助手、東京府立第五中学校教諭、東京帝国大学理学部講師などを歴任しました。

1923年に東京帝国大学理学部教授に就任し、1945年までその職にありました。1946年に東京大学総長に就任し、1951年までその職にありました。また、1948年に日本学術会議会長に就任し、1951年までその職にありました。

神田茂は、天文学者として、太陽の黒点やプロミネンスなどの研究で業績を上げました。また、理科年表の編集者として、理科年表の刊行に貢献しました。

神田茂は、1974年1月25日に東京都文京区で亡くなりました。享年79歳でした。

神田茂は、天文学者としての業績だけでなく、理科年表の編集者としての業績でも知られています。理科年表は、理系の学生や研究者にとって欠かせない資料であり、神田茂の功績は計り知れません。

神田茂は、日本の理学界に大きな貢献をした偉大な人物であり、その功績は今もなお語り継がれています。

神田茂の研究功績

神田茂の研究功績

-神田茂の研究功績-

神田茂は、天文学者として、理科年表の編集者として、多くの功績を残しました。

天文学者としては、太陽の黒点の研究に大きな貢献をしました。1922年に、黒点の分布に周期性があることを発見し、この周期は11年であることを明らかにしました。この発見は、太陽の活動の研究に大きな影響を与えました。

1929年には、水星の回転速度を初めて測定することに成功しました。水星は、太陽に最も近い惑星であり、太陽の重力の影響で回転速度が非常に遅いため、正確に測定するのは困難でした。神田茂は、水星の大気の動きを観測して回転速度を測定し、水星の1日の長さが59日であることを明らかにしました。

理科年表の編集者としては、1934年に理科年表の第1巻を刊行しました。理科年表は、科学技術に関する最新の情報を集めた年鑑であり、科学者や技術者にとってなくてはならない資料です。神田茂は、理科年表の編集長として、その内容の充実と正確さに努め、理科年表を世界有数の年鑑に育て上げました。

神田茂は、天文学者として、理科年表の編集者として、多くの功績を残した偉大な科学者です。彼の研究成果は、今日の科学技術の発展に大きな影響を与えています。

神田茂の教育・普及活動

神田茂の教育・普及活動

神田茂の教育・普及活動

神田茂は、天文学者としてだけでなく、教育者・普及者としても活躍しました。彼は、天文学をより多くの人々に知ってもらうために、さまざまな活動を行いました。

その一つが、一般向けの天文学書の執筆です。神田茂は、天文学の専門書だけでなく、一般の人向けにわかりやすい天文学書も数多く執筆しました。その中には、『天文学入門』(1930年)、『星空の散歩』(1932年)、『天文学読本』(1935年)などがあります。これらの本は、天文学の基礎知識をわかりやすく解説しており、天文学に興味を持つきっかけとなった人も少なくありません。

また、神田茂は、講演会やラジオ放送などでも天文学を普及させました。彼は、各地で講演会を開いて天文学の知識を伝えたり、ラジオ放送で天文学の解説をしたりしました。その講演や放送は、いつもわかりやすく興味深いもので、多くの人を魅了しました。

さらに、神田茂は、理科年表の編集にも携わりました。理科年表は、天文学、物理学、化学、生物学などの理科の情報をまとめた年鑑です。神田茂は、理科年表の編集委員を務め、天文学の分野を担当しました。彼は、理科年表に最新の天文学の情報を掲載し、天文学の普及に大きな貢献をしました。

神田茂の教育・普及活動は、天文学をより多くの人々に知ってもらうことに大きく貢献しました。彼の活動のおかげで、天文学に興味を持つ人が増え、天文学の研究や普及が発展していきました。

タイトルとURLをコピーしました