安達清河 – 江戸時代中期の漢詩人

安達清河 – 江戸時代中期の漢詩人

安達清河の生涯

安達清河の生涯

– 安達清河の生涯

安達清河(1683-1747)は、江戸時代中期の漢詩人、儒学者です。名は惟成、字は清河、号は吟盧。常陸国(現在の茨城県)の人です。

清河は、京都の儒学者伊藤仁斎、荻生徂徠に学び、漢詩を学びました。江戸に戻り、旗本となり、若年寄、老中などを歴任しました。

清河の漢詩は、清雅で、風趣に富んでいます。当時の多くの文人と親交があり、その影響を受けて、儒学や漢詩の研究に励みました。

清河は、政務に携わるかたわら、漢詩の創作に力を入れ、多くの詩を残しました。その詩は、清雅で洗練された作風が特徴で、当時の文人たちの間で高く評価されました。

清河は、1747年に65歳で亡くなりました。その功績を称えて、1750年に「安達清河集」が刊行されました。

安達清河は、江戸時代中期の代表的な漢詩人であり、その詩は、後世の文人たちに大きな影響を与えました。

安達清河の漢詩

安達清河の漢詩

– 安達清河の漢詩

安達清河は、江戸時代中期の漢詩人です。本名は清河、字は惟清、号は蒲池園、東皐、双鶴園、双鶴などがあります。
清河は、延宝6年(1678年)に、江戸の金座の近くの三河屋という家で生まれました。父は安達清風、母は川島氏です。清河は、幼い頃から漢学を学び、15歳のときには、儒学者の北村季吟に入門しました。季吟から、漢詩や和歌を学びました。

元禄4年(1691年)、季吟が亡くなると、清河は俳諧師の松尾芭蕉の門下に入りました。芭蕉から、俳諧を学び、俳諧の師範となりました。

元禄16年(1703年)、清河は、江戸に帰って、漢詩を教え始めました。清河の漢詩は、当時の文人たちに高く評価され、清河は、江戸を代表する漢詩人として知られるようになりました。

清河の漢詩は、漢文の古典を基盤として、日本の情景や風俗を詠んだものが多く見られます。また、清河は、俳諧に影響を受けた漢詩も数多く作っています。清河の漢詩は、清新で軽妙な作風が特徴であり、江戸時代の漢詩壇に大きな影響を与えました。

清河の漢詩は、現在でも多くの漢詩愛好者に親しまれています。清河の漢詩は、江戸時代の日本人の生活や風俗を知るための貴重な資料にもなっています。

安達清河の著作

安達清河の著作

安達清河の著作

・『清河集(せいがしゅう)』
『清河集』は、安達清河の詩文集である。清河が69歳の時に刊行した。全20巻。清河の詩文712編を収めている。詩編は五言絶句が最も多く、七言絶句、五言古詩、七言古詩、律詩の順に多い。文編は序文、跋文、書簡、墓誌銘、伝記などがある。

・『三余集(さんよしゅう)』
『三余集』は、安達清河の詩文集である。『清河集』の続編として、清河が77歳の時に刊行した。全10巻。清河の詩文472編を収めている。詩編は五言絶句が最も多く、七言絶句、五言古詩、七言古詩、律詩の順に多い。文編は序文、跋文、書簡、墓誌銘、伝記などがある。

・『金台詩草(きんたいしそう)』
『金台詩草』は、安達清河の詩集である。清河が72歳の時に刊行した。全10巻。清河の詩編500編を収めている。五言絶句が最も多く、七言絶句、五言古詩、七言古詩、律詩の順に多い。

・『金台文草(きんたいぶんそう)』
『金台文草』は、安達清河の文集である。『金台詩草』の続編として、清河が75歳の時に刊行した。全10巻。清河の文編500編を収めている。序文、跋文、書簡、墓誌銘、伝記などがある。

・『金台歳時記(きんたいさいじき)』
『金台歳時記』は、安達清河が歳時記である。清河が78歳の時に刊行した。全12巻。1年を通じての季節の移り変わりを、詩文で詠んでいる。

・『金台雑録(きんたいざつろく)』
『金台雑録』は、安達清河が編纂した雑録である。清河が80歳の時に刊行した。全10巻。古今の珍しい故事や逸話を集めたものである。

タイトルとURLをコピーしました