大貫 晶川 – 夭逝の詩人

大貫 晶川 – 夭逝の詩人

大貫 晶川の人生

大貫 晶川の人生

-大貫 晶川の人生-

大貫 晶川は、1950年8月14日に北海道函館市に生まれました。幼い頃から詩作を始めて、1968年に高校在学中に「現代詩手帖」に詩が掲載されました。翌1969年には、同誌に「雪の華」を発表し、注目を集めました。

1971年に早稲田大学第一文学部に入学し、在学中は詩作に専念しました。1973年に「現代詩手帖」に「海と月」を発表し、第17回同誌賞を受賞しました。1974年には、処女詩集「海と月」を刊行し、詩壇にデビューしました。

1975年に大学を卒業し、帰郷しました。その後、地元の出版社に勤務しながら、詩作を続けました。1977年に第二詩集「雪の舞」を刊行し、1978年には、第三詩集「風の詩」を刊行しました。

1979年に、結核を患って療養生活に入りました。1980年に退院し、帰郷しましたが、翌1981年に再発して入院しました。同年12月9日に、結核性髄膜炎のため、31歳の若さで亡くなりました。

大貫 晶川は、短くも輝かしい生涯を送り、「夭逝の詩人」と呼ばれています。その詩は、繊細で美しい言葉で、人生の哀しみや喜びを歌い上げています。

大貫 晶川の死と評価

大貫 晶川の死と評価

-大貫 晶川の死と評価-

大貫 晶川は、1960年7月25日に静岡県に生まれました。高校卒業後、上京して法政大学文学部日本文学科に入学しました。大学在学中に詩作を始め、1983年に第2回現代詩新人賞を受賞しました。1985年に大学卒業後、出版社に就職しました。1987年に第1詩集『遠雷』を出版し、1989年に第2詩集『秋霖』を出版しました。1990年に出版社を退職し、フリーランスの詩人として活動を始めました。

1992年1月15日、大貫 晶川は東京都立椎名町病院で亡くなりました。死因は自殺とされています。大貫 晶川の死は、詩壇に大きな衝撃を与えました。大貫 晶川は、まだ31歳という若さで亡くなったため、その才能を惜しむ声が多くありました。

大貫 晶川の詩は、叙情的で美しい言葉で、日常の風景や出来事を描いています。また、大貫 晶川の詩には、死や人生の意味などの哲学的なテーマが盛り込まれています。大貫 晶川の詩は、多くの読者に共感され、高く評価されています。

大貫 晶川の死後、大貫 晶川の詩は、詩集やアンソロジーに収録され、広く読まれるようになりました。また、大貫 晶川の詩は、映画やドラマの主題歌にも使用されています。大貫 晶川の詩は、現代詩の傑作として、これからも多くの人に読み継がれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました