アマチ – 慶長遣欧使節の通訳兼渉外掛として活躍したイタリアの歴史家

アマチ – 慶長遣欧使節の通訳兼渉外掛として活躍したイタリアの歴史家

アマチの生涯と経歴

アマチの生涯と経歴

– アマチの生涯と経歴

アマチ(1549年 ‐ 1640年10月25日)は、慶長遣欧使節の通訳兼渉外掛を務めたイタリアの歴史家です。日本の歴史上、初めて渡欧した日本人の一人であり、ヨーロッパで高い評価を受けました。

アマチは、1549年にイタリアのフィレンツェで生まれました。10歳のときにイエズス会に入会し、17歳で司祭に叙階されました。その後、ヨーロッパ各地を巡って学び、1582年にマカオに派遣されました。

1590年に、アマチは豊臣秀吉の命により、日本に派遣されました。彼は、秀吉の外交顧問を務め、慶長遣欧使節団の通訳兼渉外掛としてヨーロッパに同行しました。使節団は、1592年にローマに到着し、ローマ教皇クレメンス8世に謁見しました。

使節団は、1593年に日本に帰国しましたが、アマチはローマに残り、ヨーロッパで研究を続けました。彼は、1602年に「日本教会史」を出版し、ヨーロッパ人に日本の歴史や文化を紹介しました。

1614年、アマチは日本に帰国し、京都で布教活動を行いました。しかし、1617年に徳川秀忠によって国外追放され、マカオに送られました。その後、彼はフィリピン、インド、マカオを転々とし、1640年にマカオで亡くなりました。

アマチは、日本とヨーロッパの文化交流に大きく貢献した人物です。彼は、日本の歴史や文化をヨーロッパに紹介し、ヨーロッパの文化や技術を日本に伝えました。また、彼は、日本とヨーロッパの間に外交関係を築くことに貢献しました。

慶長遣欧使節への参加と活躍

慶長遣欧使節への参加と活躍

-慶長遣欧使節への参加と活躍-

アマチは、慶長遣欧使節の通訳兼渉外掛として、重要な役割を果たしました。彼は、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、日本語をはじめとする複数の言語を話ことができ、交渉や通訳において秀でた能力を発揮しました。

慶長遣欧使節は、1613年(慶長18年)に、徳川家康の命によって派遣された使節団です。使節団は、イスパニア、ローマ、フランス、オランダ、イギリスの5カ国を訪問し、外交交渉や通商交渉を行いました。

アマチは、慶長遣欧使節の全行程に参加し、通訳や交渉役として活躍しました。彼は、スペインのマドリードでは、スペイン国王フェリペ3世と会見し、外交交渉を行いました。また、ポルトガルのリスボンでは、ポルトガル国王ジョアン4世と会見し、通商交渉を行いました。

さらに、アマチは、ローマでローマ教皇パウルス5世と謁見し、カトリック教会の布教活動について交渉を行いました。また、フランスのパリでは、フランス国王ルイ13世と会見し、通商交渉を行いました。

アマチは、慶長遣欧使節の派遣によって、日本とヨーロッパ諸国との関係を深め、日本の外交政策に貢献しました。また、彼は、ヨーロッパの文化や技術を日本に紹介し、日本の近代化に寄与しました。

アマチの活躍は、慶長遣欧使節の成功に大きく貢献し、日本とヨーロッパ諸国との関係を深める上で重要な役割を果たしました。

著作「日本奥州国伊達政宗記并使節紀行」について

著作「日本奥州国伊達政宗記并使節紀行」について

-著作「日本奥州国伊達政宗記并使節紀行」について-

アマチは、日本滞在中に「日本奥州国伊達政宗記并使節紀行」と題した著作を執筆しました。これは、慶長遣欧使節の日本での見聞録であり、特に伊達政宗とその領地である奥州についての記述が詳しいのが特徴です。

同書は、1615年にイタリアで出版されました。日本では、1930年に初めて邦訳が出版され、その後、何度か再版されています。

「日本奥州国伊達政宗記并使節紀行」は、慶長遣欧使節の日本滞在中の様子を克明に記録した貴重な史料です。また、伊達政宗の人物像や奥州の風俗習慣などについても、貴重な情報を提供しています。

アマチの著作は、日本とヨーロッパの文化交流に大きな役割を果たしました。同書は、ヨーロッパの人々に日本についての知識を広め、日本への関心を高めることに貢献しました。また、同書は、日本の人々にヨーロッパについての知識を広めることに

タイトルとURLをコピーしました