厚見王 – 万葉集に歌を残した奈良時代の官吏

厚見王 – 万葉集に歌を残した奈良時代の官吏

厚見王の生涯

厚見王の生涯

-厚見王の生涯-

厚見王は7世紀の後半に生まれた、奈良時代の皇族です。天武天皇の孫であり、持統天皇と文武天皇の兄弟にあたります。

厚見王は、若くして官吏として出仕し、順調に出世を重ねました。持統天皇の時代には、右大臣にまで昇進しています。文武天皇の時代には、左大臣を務めました。

厚見王は、政治家としてだけでなく、文学者としても活躍しました。『万葉集』には、厚見王が詠んだ歌が数多く収められています。厚見王の歌は、情景描写が優れており、万葉集の中でも屈指の名歌とされています。

厚見王は、737年に42歳で亡くなりました。薨去の理由は、史書にはっきりとは記されていません。しかし、病死だったのではないかと推測されています。

厚見王は、奈良時代の代表的な官吏であり、文学者でした。政治家として、文学者として、ともに業績を残した人物です。

厚見王と久米女郎の相聞歌

厚見王と久米女郎の相聞歌

-厚見王と久米女郎の相聞歌-

厚見王は、奈良時代の官吏であり、万葉集に2首の歌を残しています。そのうちの1首は、久米女郎との相聞歌です。

相聞歌とは、男女の恋愛感情を詠んだ歌のことです。久米女郎は、久米地方に住む女性のことを指し、厚見王は、久米地方を訪れた際に久米女郎と出会い、恋に落ちたと考えられています。

厚見王が詠んだ相聞歌は、以下の通りです。

* -久米女郎とわかれていく今、逢えない山の道はどこまでも長く感じられた。いつの日か、久米の里に帰ることができるだろうか。-

この歌は、厚見王が久米女郎と別れ、都に戻るときの心情を詠んだものです。厚見王は、久米女郎と離れることが悲しく、逢えない山の道が長く感じられたと歌っています。また、いつの日か久米の里に帰ることができるかと、再会を願っていることも表現されています。

厚見王と久米女郎の相聞歌は、男女の恋愛感情を繊細に描いた名歌として知られています。万葉集の中でも人気の高い歌であり、現代でも多くの人に親しまれています。

厚見王の格言・和歌

厚見王の格言・和歌

-厚見王の格言・和歌-

厚見王は、格言や和歌などの文学作品を残しており、その作品は奈良時代の貴族の生活や文化を知る貴重な資料となっています。

-格言-

厚見王の格言には、「人は、常に学び、自己を向上させるべきである」「他人を思いやり、親切にするべきである」「正直に生き、正義を貫くべきである」など、人間として大切なことを説いたものが多くあります。

-和歌-

厚見王の和歌は、『万葉集』に数多く収められており、その作風は、優雅で繊細なものが特徴です。また、厚見王の和歌には、奈良時代の貴族の生活や文化を詠んだものも多く、当時の様子を垣間見ることができます。

-主な作品-

厚見王の主な作品には、以下のものがあります。

* 「人は常に学び、自己を向上させるべきである」
* 「他人を思いやり、親切にするべきである」
* 「正直に生き、正義を貫くべきである」
* 「春夏秋冬、四季の移ろいの美しさを詠んだ和歌」
* 「奈良の都の繁栄を詠んだ和歌」
* 「奈良時代の貴族の生活を詠んだ和歌」

-影響-

厚見王の格言や和歌は、奈良時代以降の貴族や文人に大きな影響を与え、日本の文学の発展に貢献しました。また、厚見王の作品は、現代においてもなお、多くの人々に愛読されています。

タイトルとURLをコピーしました