『古事記』に登場する神「天之狭土神」とは?

『古事記』に登場する神「天之狭土神」とは?

天之狭土神とは?

天之狭土神とは?

-『古事記』に登場する神「天之狭土神」とは?-

-天之狭土神とは?-

天之狭土神(あめのさづちのかみ)とは、『古事記』に登場する神である。別名、「天之陶津耳神(あめのとうつみみのかみ)」、「天之久比奢母智神(あめのくびまつちのかみ)」とも呼ばれる。

『古事記』では、イザナギとイザナミが国産みを行った際に、最初に生まれた神とされる。天之狭土神は、狭く土の少ない島として生まれたため、この名が付いたという。

天之狭土神は、イザナギとイザナミが国産みを行った際に、最初に生まれた神とされる。天之狭土神は、狭く土の少ない島として生まれたため、この名が付いたという。

天之狭土神は、地神(ちのかみ)の一柱とされ、土地や田畑を司る神として信仰された。また、農耕や豊作の神としても祀られた。

天之狭土神は、全国各地に祀られている。有名な神社としては、東京都の靖国神社、京都府の賀茂別雷神社、大阪府の住吉大社などが挙げられる。

天之狭土神の神話

天之狭土神の神話

– 天之狭土神の神話

天之狭土神は、古事記に登場する神であり、国土の土台を作ったとされる神です。

天之狭土神は、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた神であり、日本国土の四方の柱を立てた神とされています。

天之狭土神は、伊邪那岐命と伊邪那美命が、天の浮橋の上で、矛で海をかき回した際に、矛の先から滴り落ちた潮が固まってできたとされています。

天之狭土神は、国土の土台を作った神であり、日本の国の基礎を築いた神として崇められています。

また、天之狭土神は、国土の守護神としても崇められており、日本の国の安全と繁栄を願って、天之狭土神を祀る神社が全国各地にあります。

天之狭土神を祀る神社

天之狭土神を祀る神社

天之狭土神を祀る神社

天之狭土神を祀る神社は、日本全国に数多く存在します。その中でも、特に有名なのが以下の3社です。

・出雲大社(島根県出雲市)
・伊勢神宮(三重県伊勢市)
・春日大社(奈良県奈良市)

出雲大社は、天之狭土神の妻である八重事代主神を祀る神社です。主祭神は大国主命です。日本最古の歴史書である『古事記』にも記されている、由緒ある神社です。

伊勢神宮は、天照大神を祀る神社です。主祭神は天照大御神で、日本人の総氏神とされています。日本の神社の総本山であり、20年に一度、式年遷宮が行われます。

春日大社は、天児屋根命を祀る神社です。主祭神は鹿島大神で、武甕槌大神と経津主大神の2柱の神が祀られています。藤原氏の氏神であり、平安京の鬼門鎮護の役割を果たしてきました。

これらの神社は、いずれも天之狭土神と縁が深く、多くの参拝客が訪れます。天之狭土神に祈願することで、縁結びや子宝、商売繁盛など、さまざまなご利益を授かることができると言われています。

タイトルとURLをコピーしました