天道根命 – 神皇産霊尊の子孫にして、天孫降臨時に警護のため天から遣わされた神

天道根命 – 神皇産霊尊の子孫にして、天孫降臨時に警護のため天から遣わされた神

天道根命の系譜と出自

天道根命の系譜と出自

– 天道根命の系譜と出自

天道根命は、神皇産霊尊の子孫であり、天孫降臨時に警護のため天から遣わされた神です。天道根命の父は、神皇産霊尊の息子である正勝吾勝勝速日天忍穂耳命で、母は、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命の妻である栲幡千千姫命です。天道根命は、正勝吾勝勝速日天忍穂耳命と栲幡千千姫命の間に生まれた7柱の子どもの末っ子です。

天道根命は、天孫降臨の際に、天孫瓊瓊杵尊の警護のため天から遣わされた神の一柱です。天道根命は、琼瓊杵尊が日向の国に降り立つまで、常に琼瓊杵尊に従い、その警護に当たりました。琼瓊杵尊が日向の国に降り立った後も、天道根命は瓊瓊杵尊の側近として仕え、琼瓊杵尊の統治を助けました。

天道根命は、天孫降臨の際に、瓊瓊杵尊に随行した神々の中でも、特に重要な神の一柱でした。天道根命は、神皇産霊尊の子孫であり、天孫降臨に際して警護のため天から遣わされた神であり、琼瓊杵尊の統治を助けた神であるからです。

天孫降臨に際しての役割

天孫降臨に際しての役割

-天孫降臨に際しての役割-

天道根命は、天孫降臨に際して、警護のため天から遣わされた神である。天道根命は、天孫降臨に先立ち、天孫降臨に最適な場所を探し求め、葦原中国に降り立った。そして、葦原中国を平定し、天孫降臨の場所を定めた。天孫降臨の際には、天道根命は、天孫降臨の警護を務めた。そして、天孫降臨後も、天孫降臨の警護を務めた。

天道根命は、天孫降臨に際して、重要な役割を果たした神である。天道根命のおかげで、天孫降臨は無事に成功した。そして、天孫降臨後も、天道根命は、天孫降臨の警護を務め、天孫降臨の成功に貢献した。

天道根命の天孫降臨に際しての役割は、以下の通りである。

* 天孫降臨に先立ち、天孫降臨に最適な場所を探し求めた。
* 葦原中国に降り立ち、葦原中国を平定し、天孫降臨の場所を定めた。
* 天孫降臨の際には、天孫降臨の警護を務めた。
* 天孫降臨後も、天孫降臨の警護を務めた。

天道根命は、天孫降臨に際して、重要な役割を果たした神である。天道根命のおかげで、天孫降臨は無事に成功した。そして、天孫降臨後も、天道根命は、天孫降臨の警護を務め、天孫降臨の成功に貢献した。

天道根命を祀る神社

天道根命を祀る神社

-天道根命を祀る神社-

天道根命を祀る神社は、全国に数多くあります。その中でも、特に有名なのは、以下の神社です。

* -鹿児島県霧島市にある霧島神宮-
* -宮崎県西臼杵郡高千穂町にある高千穂神社-
* -大分県宇佐市にある宇佐神宮-
* -福岡県福岡市にある筥崎宮-
* -静岡県伊豆の国市にある伊豆山神社-

これらの神社はいずれも、天道根命が祀られるようになった由緒のある神社です。霧島神宮は、天道根命の子孫である瓊瓊杵尊が天孫降臨した地とされる場所にある神社です。高千穂神社は、天道根命が天孫降臨に先立って降り立った地とされる場所にある神社です。宇佐神宮は、天道根命の子孫である応神天皇を祀る神社です。筥崎宮は、天道根命の子孫である武内宿禰を祀る神社です。伊豆山神社は、天道根命の子孫である日本武尊を祀る神社です。

天道根命を祀る神社は、各地に点在しており、その数は約100社にもおよぶといわれています。天道根命は、天孫降臨の際に重要な役割を果たした神であり、その功績を称えて各地に神社が建立されたと考えられています。

タイトルとURLをコピーしました