青木鷺水:江戸時代前期~中期の俳人、戯作家

青木鷺水:江戸時代前期~中期の俳人、戯作家

青木鷺水:俳諧点者と俳書刊行者

青木鷺水:俳諧点者と俳書刊行者

青木鷺水俳諧点者と俳書刊行者

青木鷺水は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した俳諧師、戯作者です。1663年(寛文3年)に江戸で生まれ、1732年(享保17年)に69歳で亡くなりました。

鷺水は、俳諧師としてだけでなく、俳書刊行者としても知られています。1691年(元禄4年)に『俳諧新撰』、1698年(元禄11年)に『俳諧独稽古』、1701年(元禄14年)に『誹諧通』など、多くの俳書を刊行しました。

これらの俳書は、当時の人々に広く読まれ、俳諧の普及に貢献しました。鷺水は、俳諧点者としても知られており、多くの弟子を育てました。また、戯作者としても活躍し、『茅屋風俗問答』や『大抵素人』などの作品を執筆しています。

鷺水は、俳諧師として、俳諧点者として、俳書刊行者として、戯作者として、多方面で活躍した人物です。その功績は大きく、江戸時代の俳諧の発展に大きな影響を与えました。

鷺水は、俳諧の理論や技巧を重視しました。また、俳諧は庶民の文学であるべきだと考え、庶民の言葉や生活を題材にした俳句を多く作りました。鷺水の俳句は、庶民に親しみやすく、人気を博しました。

鷺水は、俳諧の普及に努め、多くの俳書を刊行しました。また、俳諧点者としても活躍し、多くの弟子を育てました。鷺水は、江戸時代の俳諧の発展に大きな影響を与えた人物です。

鷺水の俳書は、現在でも高く評価されており、俳諧の研究者や愛好者たちに広く読まれています。鷺水の俳句は、その庶民的な言葉づかいとユーモアで、現代の人々にも親しみやすく、人気があります。

浮世草子作者としての青木鷺水

浮世草子作者としての青木鷺水

青木鷺水は、江戸時代前期~中期の俳人、戯作家です。元禄4年(1691年)に、江戸の浅草寺門前で生まれました。幼い頃から俳句を学び、元禄10年(1697年)には、芭蕉の門人である服部嵐雪に入門しました。

鷺水は、俳人として、元禄13年(1700年)に「猿蓑」を刊行し、江戸俳壇で注目を集めました。また、戯作家としても活躍し、元禄14年(1701年)に「好色一代男」を刊行し、大ヒットを記録しました。

「好色一代男」は、遊女と密通したあげく、妻を殺害した男の物語です。小説自体は、当時の風俗をリアルに描写した内容だったことから、当時の読者に対して、衝撃を与えました。

鷺水は、「好色一代男」の成功の後も、多くの戯作を発表しました。その中には、「好色五人女」(元禄15年)、「好色一代女」(宝永元年)、「好色一代男続編」(宝永3年)などがあります。これらの作品は、いずれも大ヒットを記録し、鷺水を江戸を代表する戯作家の一人として不動のものにしました。

鷺水の戯作は、当時の社会風俗をリアルに描写した内容が特徴です。また、ユーモアに富んだ文体で、読者を飽きさせません。鷺水の戯作は、江戸時代の人々の生活や思想を知る上で、貴重な資料となっています。

鷺水は、明和8年(1771年)に、80歳で亡くなりました。彼の作品は、現在でも多くの人々に読まれています。

青木鷺水の作品と著作

青木鷺水の作品と著作

青木鷺水の作品と著作

* -俳諧-

青木鷺水の俳諧作品は、俳諧集『麓の友』『熊野道』『ツクバ道』などに収録されている。鷺水の俳諧は、芭蕉の蕉風よりも、蕉風の源流となった談林派の俳諧に近いとされる。鷺水の俳諧には、滑稽さや機知に富んだ作品が多く、庶民の生活や風俗を巧みに描いた作品も多い。また、鷺水の俳諧は、自然を詠んだ作品が多く、その自然に対する深い愛着が感じられる。

* -戯作-

青木鷺水の戯作作品は、『傾城物』『武道物』などのジャンルに分類される。鷺水の戯作は、江戸の庶民の生活や風俗を題材とした作品が多く、当時の江戸の世相を垣間見ることができる。また、鷺水の戯作は、ユーモアに富んだ作品が多く、庶民を笑わせ楽しませることを目的としている。

* -『傾城物』『武道物』とは-

傾城物とは、江戸時代初期に流行した、遊女や傾城を主人公とした作品のこと。人情や恋愛を描いた作品が多く、庶民の間で人気を博した。武道物は、武士を主人公とした作品のこと。合戦や武勇伝を描いた作品が多く、主に男性読者を対象としていた。

鷺水の作品は、俳諧集、戯作集、浮世草子など、さまざまなジャンルにわたっている。鷺水は、江戸の庶民の生活や風俗を巧みに描いた作品を多く残し、江戸時代の文学に大きな功績を残した。鷺水の作品は、現代でも多くの人々に読み継がれている。

タイトルとURLをコピーしました