新井養雪-江戸時代後期の画家

新井養雪-江戸時代後期の画家

新井養雪の生涯

新井養雪の生涯

– 新井養雪-江戸時代後期の画家

-# 新井養雪の生涯

新井養雪は、江戸時代後期の画家で、名は重行、字は子美、通称は源左衛門。江戸に生まれ、江戸で没した。

養雪は、1755年(宝暦5年)に江戸に生まれた。父は、江戸の医師である新井元善で、母は、新井立沢の妹である。養雪は、幼い頃から絵を好み、10歳の頃から狩野派の画家である狩野養信に師事した。

養雪は、1779年(安永8年)に狩野養信の死後、狩野派の当主となった。養雪は、狩野派の伝統的な画風を継承しつつも、独自の画風を確立した。養雪の画風は、写生を重視したもので、写実的な描写が特徴である。

養雪は、1825年(文政8年)に江戸で没した。享年71。養雪は、江戸時代後期の代表的な画家の一人で、その画風は、後の画家に大きな影響を与えた。

養雪の代表作としては、以下のようなものがある。

* 「孔雀図」(東京国立博物館蔵)
* 「鷹図」(京都国立博物館蔵)
* 「花鳥図」(大阪市立美術館蔵)
* 「山水図」(広尾山神社蔵)
* 「仏画」(天徳寺蔵)

養雪の画風は、狩野派の伝統的な画風を継承しつつも、写生を重視したもので、写実的な描写が特徴である。養雪の画は、その写実的な描写によって、生き生きとした動植物の様子や、雄大な自然の風景を表現することに成功している。

養雪は、江戸時代後期の代表的な画家の一人で、その画風は、後の画家に大きな影響を与えた。養雪の画は、現在でも多くの美術館や博物館で展示されており、多くの人々に愛されている。

狩野惟信の門人として

狩野惟信の門人として

新井養雪-江戸時代後期の画家

狩野惟信の門人として

新井養雪(養雪斎石溪)は、江戸時代後期の画家です。1759年に江戸の湯島に生まれ、狩野惟信の門人となりました。狩野惟信は、狩野派の画人で、当時の画壇で活躍していました。新井養雪は、狩野惟信のもとで狩野派の画風を学び、狩野惟信の死後は、その画風を引き継いで活躍しました。

新井養雪は、山水画を得意とし、その画風は繊細で優美な作風で、「江戸琳派」とも呼ばれました。また、新井養雪は、浮世絵にも影響を受け、浮世絵の技法を取り入れた作品も残しています。

新井養雪は、1833年に江戸で亡くなりました。新井養雪は、その画風によって、江戸時代後期の画壇に大きな影響を与えました。新井養雪の作品は、現在、東京国立博物館や京都国立博物館などに収蔵されています。

新井養雪の絵画の特徴

新井養雪の絵画の特徴

新井養雪-江戸時代後期の画家

新井養雪の絵画の特徴

新井養雪(1751-1832)は、江戸時代後期の画家です。尾張藩士であり、京都で活躍しました。円山応挙に師事し、その画風を学びました。しかし、応挙の写生を重視する画風とは異なり、装飾性を重視した画風を確立しました。

養雪の絵画の特徴は、以下の通りです。

・装飾性重視の画風
・色彩の調和に優れた作風
・人物画や花鳥画を得意とした
・尾形光琳の影響を受けた作風

養雪は、尾形光琳の影響を受けた作風で知られています。光琳は、江戸時代前期の画家であり、琳派の祖とされています。光琳の画風は、装飾性を重視したものであり、養雪もこの画風を学びました。

養雪は、人物画や花鳥画を得意としました。人物画では、女性や子供を描いた作品が多く見られます。花鳥画では、花や鳥を描いた作品が多く見られます。養雪の作品は、色彩の調和に優れており、装飾性の高い作風となっています。

養雪は、江戸時代後期の画家であり、円山応挙に師事しました。しかし、応挙の写生を重視する画風とは異なり、装飾性を重視した画風を確立しました。養雪の作品は、色彩の調和に優れており、装飾性の高い作風となっています。

タイトルとURLをコピーしました