嵐雛助(3代) – 江戸時代後期の歌舞伎役者

嵐雛助(3代) – 江戸時代後期の歌舞伎役者

嵐雛助(3代)の生涯と功績

嵐雛助(3代)の生涯と功績

-嵐雛助(3代)の生涯と功績-

嵐雛助(3代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。本名は喜多川勝五郎。屋号は河原崎。俳名は春窓。

1791年(寛政三年)、江戸に生まれる。父は初代嵐雛助。兄は二代目嵐雛助。

1801年(享和元年)、父・初代嵐雛助の門下となり、同年、中村座で初舞台を踏む。

1805年(文化二年)、二代目嵐雛助を襲名。

1811年(文化八年)、江戸守田座で上演された「京人形御所染」の大役を勤め、一躍人気役者となる。

1819年(文政二年)、江戸市村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役が大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1823年(文政六年)、大阪角座で上演された「傾城反魂香」のお初役で大当たりとなり、上方を代表する人気役者となる。

1832年(天保三年)、江戸市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1837年(天保八年)、江戸中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役で大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1843年(天保十四年)、江戸中村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1845年(弘化二年)、江戸市村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役で大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1847年(弘化四年)、江戸中村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1851年(嘉永四年)、江戸中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役で大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1852年(嘉永五年)、江戸市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1856年(安政三年)、江戸中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役で大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1859年(安政六年)、江戸市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1862年(文久二年)、江戸中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役で大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1865年(慶応元年)、江戸市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1868年(明治元年)、江戸中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役が大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1871年(明治四年)、江戸市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1874年(明治七年)、江戸中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役が大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1877年(明治十年)、東京市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1881年(明治十四年)、東京中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役が大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1884年(明治十七年)、東京市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1887年(明治二十年)、東京中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役が大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1890年(明治二十三年)、東京市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1893年(明治二十六年)、東京中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役が大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1896年(明治二十九年)、東京市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1899年(明治三十二年)、東京中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役が大当たりとなり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1902年(明治三十五年)、東京市村座で上演された「勧進帳」の弁慶役が当たり役となる。

1905年(明治三十八年)、東京中村座で上演された「仮名手本忠臣蔵」の塩冶判官役が当たり役となり、江戸随一の美男子として人気を博す。

1908年(明治四十一年)に死去するまで、江戸・東京の歌舞伎界の第一線で活躍した。

嵐雛助(3代)の代表作

嵐雛助(3代)の代表作

-嵐雛助(3代)の代表作-

嵐雛助(3代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者であり、江戸中村座の座元を勤めました。また、1820年(文政3年)には、大道寺家の養子となり、大道寺伝蔵の名を襲名し、嵐雛助の屋号を続けました。

嵐雛助(3代)は、若い頃から頭角を現し、数々の舞台で活躍しました。その中でも、特に有名な演目をご紹介します。

-「勧進帳」-

「勧進帳」は、室町時代の僧侶、弁慶と牛若丸が主人公の舞踊劇です。嵐雛助(3代)は、弁慶役を当たり役とし、その豪快な演技と荒々しい立廻いで人気を博しました。

-「義経千本桜」-

「義経千本桜」は、源義経の生涯を描いた世話物です。嵐雛助(3代)は、義経役を演じ、その美しさとか弱さを表現した演技で観客を魅了しました。

-「仮名手本忠臣蔵」-

「仮名手本忠臣蔵」は、赤穂浪士の討ち入りを描いた世話物です。嵐雛助(3代)は大星由良之助役を演じ、その豪快な演技と立ち回りで観客を沸かせました。

嵐雛助(3代)は、これらの代表作だけでなく、数多くの演目に主演し、江戸の歌舞伎界をけん引しました。その演技は、庶民から絶大な人気を集め、歌舞伎の発展に貢献しました。

嵐雛助(3代)の俳名と屋号

嵐雛助(3代)の俳名と屋号

-# 嵐雛助(3代)の俳名と屋号

嵐雛助(3代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。俳名として「梅春」を、屋号として「伊勢屋」を使用していた。

* 俳名「梅春」は、春に咲く梅の花の美しさと、新しい門出を意味する「春」の字を組み合わせたものである。梅は、古くから日本の文化に親しまれてきた花であり、歌舞伎の舞台でもしばしば登場する。また、春は、新しい生命が芽吹き、万物に活力が溢れる季節である。嵐雛助(3代)は、この俳名をつけることで、歌舞伎役者としての新しい門出を祝うとともに、梅の花のように美しく、生命力に満ちた舞台を演じたいという決意を込めたものと思われる。

* 屋号「伊勢屋」は、嵐雛助(3代)が、伊勢国(三重県)出身であることに由来する。江戸時代には、歌舞伎役者の中には、出身地を屋号にする者が多かった。嵐雛助(3代)も、この慣習に従い、伊勢国出身であることをアピールするために「伊勢屋」という屋号を使用していたものと思われる。

嵐雛助(3代)は、俳名と屋号を効果的に活用することで、歌舞伎役者としての個性をアピールし、人気を獲得することに成功した。彼の俳名と屋号は、現在でも歌舞伎の世界で受け継がれており、彼の功績を偲ぶ貴重な資料となっている。

タイトルとURLをコピーしました