嵐音八 (2代) – 江戸時代中期から後期にかけての歌舞伎役者

嵐音八 (2代) – 江戸時代中期から後期にかけての歌舞伎役者

嵐音八の生涯

嵐音八の生涯

嵐音八の生涯

嵐音八 (2代) は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した歌舞伎役者です。1729年に京都で生まれ、1750年に初舞台を踏みました。音八の芸風は、父である初代音八の力強い芸風を受け継ぎ、力強い立役を務めました。また、女形も得意とし、特に若衆役を得意としました。

嵐音八は、江戸、京都、大坂の三都で活躍し、人気を博しました。江戸では、中村座や市村座などの劇場に出演し、大坂では、道頓堀の竹本座に出演することが多かったです。京都では、四条河原の芝居小屋に出演しました。

嵐音八は、1787年に江戸で亡くなりました。享年59歳でした。音八の死後、音八の芸風は、弟子である嵐音八 (3代) に受け継がれました。

嵐音八は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した歌舞伎役者であり、力強い立役と若衆役を得意とする名優でした。

嵐音八の芸風

嵐音八の芸風

-嵐音八の芸風-

嵐音八は、江戸時代中期から後期にかけての歌舞伎役者であり、立役および女方を演じた。その芸風は、華やかで派手なものであり、その音はもう、二挺も三挺も重なる太鼓の音かと思われるほど、数倍にも聞こえたとされる。

音八は、それまでの歌舞伎の演目や型にとらわれることなく、新しい演出や演技に挑戦した。例えば、演劇中に得意の立役と女方を演じる「見世替り」を行い、観客を驚かせた。また、さまざまな役柄を演じ、そのどれもが高く評価された。

音八の芸風は、江戸の歌舞伎界に大きな影響を与え、多くの役者を輩出した。その中でも、特に著名な弟子には、初代中村歌右衛門、初代市川團十郎、初代尾上菊五郎などがいる。

音八は、1819年に61歳で亡くなった。しかし、音八の芸風は、その死後も長く受け継がれ、歌舞伎の発展に大きく貢献した。

以下、音八の芸風の特徴を具体的に挙げる。

* 太く力強い声と、その声を響かせる独特の発声法
* 誇張された身振り手振りによる、感情表現の豊かさ
* 鮮やかで派手な衣装や隈取
* 早変わりや見世替わりなど、舞台上の演出の工夫
* さまざまな役柄を演じ分ける幅広さ

音八は、その芸風によって、歌舞伎界に革命を起こしたとされる。それまでの歌舞伎は、決まった型や演目に沿って演じられることが多かったが、音八は、その型や演目に捉われることなく、新しい演出や演技に挑戦した。音八の芸風は、それまでの歌舞伎を大きく変え、新しい歌舞伎の時代を築いたのである。

嵐音八の代表作

嵐音八の代表作

嵐音八の代表作

嵐音八 (2代) は、江戸時代中期から後期にかけての、大阪を中心に活躍した歌舞伎役者です。人形浄瑠璃から歌舞伎へ転向し、1773年に2代目嵐音八を襲名しました。変幻自在の演技と優れた技量で、さまざまな役柄を演じました。その代表作をご紹介します。

1. 「河庄八右衛門」

嵐音八の最も有名な当たり役のひとつです。1778年に初演された、並木五瓶作の世話浄瑠璃です。河庄八右衛門は、大坂道頓堀の河庄の旦那で、侠客としても知られる人物です。音八は、この役を豪快かつ繊細に演じ、大きな人気を博しました。

2. 「累ヶ淵」

1781年に初演された、竹本座の黙阿弥作。累ヶ淵の殺しの場、累に抱かれる場、化けて出る場など、音八の演技力が遺憾なく発揮された代表作です。

3. 「菅原伝授手習鑑」

菅原伝授手習鑑は、大坂道頓堀の竹本座で初演された、並木五瓶作の人形浄瑠璃。二段目「寺子屋」は嵐音八のために書かれたもので、音八は松王丸を演じました。松王丸は、菅原道真の末裔である幼い少年で、家来の戸浪と乳母の千松とともに、伯父の藤原時平に命を狙われます。音八は、松王丸のかわいらしさと、伯父に追われる悲しみを同時に表現し、観客の涙を誘いました。

4. 「義経千本桜」

1794年に初演された、並木五瓶作の人形浄瑠璃です。義経千本桜は、源義経の生涯を描いた作品で、嵐音八は源義経を演じました。義経は、源頼朝の弟であり、勇猛果敢な武将として知られる人物です。音八は、義経の華やかさと、兄に追われる悲哀を同時に表現し、観客を魅了しました。

嵐音八は、変幻自在の演技と優れた技量で、さまざまな役柄を演じました。その代表作は、今日でも歌舞伎の舞台で上演されており、多くの観客を楽しませています。

タイトルとURLをコピーしました