嵐音八 – 江戸時代中期の歌舞伎役者

嵐音八 – 江戸時代中期の歌舞伎役者

歌舞伎役者としての道のり

歌舞伎役者としての道のり

歌舞伎役者としての道のり

嵐音八は、江戸時代中期の歌舞伎役者である。本名は小林音八郎である。1702年に江戸で生まれた。幼い頃から歌舞伎に興味を持ち、1716年に中村座で初舞台を踏んだ。

音八は、女形として活躍し、その美貌と演技力で人気を集めた。また、三味線や踊りも得意であり、歌舞伎の興隆に貢献した。

音八は、1743年に中村座で襲名披露を行い、嵐音八を名乗った。音八は、その後の歌舞伎界を代表する役者となり、多くの作品に出演した。

1760年には、江戸城で将軍家御前での歌舞伎の公演を行った。これは、歌舞伎役者としては初めてのことであり、音八の栄誉を物語るものである。

音八は、1765年に死去した。享年64歳であった。音八の死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみに暮れた。

音八は、歌舞伎役者として、その美貌と演技力で人気を集め、歌舞伎の興隆に貢献した。音八の死は、歌舞伎界に大きな損失であり、多くのファンが悲しみに暮れた。

代表的な当たり役

代表的な当たり役

-代表的な当たり役-

嵐音八は、江戸時代中期の歌舞伎役者です。芸風は豪快で、荒事(あらごと)を得意としました。代表的な当たり役は、以下の通りです。

* -「勧進帳」の弁慶-
嵐音八の十八番(おはこ)であり、最も有名な当たり役です。弁慶の豪胆な性格と、主君である源義経への忠義を、見事に演じました。

* -「菅原伝授手習鑑」の菅原道真-
菅原道真の冤罪と、その無実を晴らすための奮闘を、熱演しました。嵐音八の菅原道真は、気品がありながらも、芯の強さを感じさせる人物として描かれました。

* -「義経千本桜」の義経-
義経の華やかさと、その悲劇的な運命を、巧みに表現しました。嵐音八の義経は、まるで絵に描いたような美しさで、観客を魅了しました。

* -「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助-
大星由良之助の忠義と、主君である浅野内匠頭の仇討ちを、熱演しました。嵐音八の大星由良之助は、義侠心にあふれ、観客の共感を呼びました。

嵐音八の演技は、その豪快さと気迫で、観客を圧倒しました。彼の当たり役は、歌舞伎の演目の中で今でも上演され続け、多くの人々に愛されています。

鹿の子餅屋の経営と晩年

鹿の子餅屋の経営と晩年

-鹿の子餅屋の経営と晩年-

嵐音八は、歌舞伎役者としての活動を続けながら、江戸市中で鹿の子餅屋も経営していた。鹿の子餅は、餅粉と砂糖を練り合わせて作られるお菓子で、江戸時代には庶民の間で人気があった。音八は、鹿の子餅の製造販売を手がけることで、歌舞伎役者としての収入を補っていたと考えられる。

音八は、鹿の子餅屋の経営を軌道に乗せると、歌舞伎役者としての活動を徐々に縮小していった。そして、享保17年(1732年)に、正式に歌舞伎役者を引退した。引退後は、鹿の子餅屋の経営に専念し、商売繁盛に努めた。

音八の鹿の子餅屋は、江戸市中で評判となり、多くの人々に愛された。音八の鹿の子餅は、その美味しさはもちろん、音八の真面目な人柄も反映されたものであった。音八は、鹿の子餅を一つ一つ丁寧に作り、客に誠実な態度で接した。その真面目さが、鹿の子餅の美味しさにさらに磨きをかけ、音八の鹿の子餅屋は江戸市中の人気店となった。

音八は、鹿の子餅屋の経営に成功し、裕福な生活を送った。音八は、引退後も歌舞伎界とのつながりを持ち続け、多くの歌舞伎役者たちと交流していた。また、音八は、貧しい人々を救済する活動にも熱心に取り組んだ。

音八は、宝暦12年(1762年)に、76歳で死去した。音八の死後、鹿の子餅屋は、音八の遺族によって引き継がれ、その後も江戸市中で人気を博した。

タイトルとURLをコピーしました