嵐璃寛(2代) – 江戸時代後期活躍の歌舞伎役者

嵐璃寛(2代) – 江戸時代後期活躍の歌舞伎役者

嵐璃寛(2代)の生涯

嵐璃寛(2代)の生涯

嵐璃寛(2代)の生涯

嵐璃寛(2代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者です。本名は岩井喜代太郎。屋号は嵐璃寛。俳名は西山。

享保2年(1717年)、大坂道頓堀で生まれる。父は嵐璃寛(初代)、母は嵐琴三。

天明2年(1782年)に江戸に出て、中村座で初舞台を踏む。その後、京都、大坂、名古屋など各地を巡業する。

寛政12年(1800年)、江戸中村座で「助六由縁江戸桜」の助六を演じ、大当たりを取る。

文化12年(1815年)、江戸市村座で「勧進帳」の弁慶を演じ、大当たりを取る。

文政12年(1829年)、江戸中村座で「忠臣蔵」の由良之助を演じ、大当たりを取る。

天保4年(1833年)、江戸中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅丞相を演じ、大当たりを取る。

天保14年(1843年)、江戸中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ、大当たりを取る。

嘉永6年(1853年)、江戸中村座で「義経千本桜」の義経を演じ、大当たりを取る。

安政4年(1857年)、江戸中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ、大当たりを取る。

安政6年(1859年)、江戸中村座で「勧進帳」の弁慶を演じ、大当たりを取る。

万延元年(1860年)、江戸中村座で「助六由縁江戸桜」の助六を演じ、大当たりを取る。

文久2年(1862年)、江戸中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅丞相を演じ、大当たりを取る。

元治元年(1864年)、江戸中村座で「義経千本桜」の義経を演じ、大当たりを取る。

慶応3年(1867年)、江戸中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ、大当たりを取る。

明治元年(1868年)、江戸中村座で「勧進帳」の弁慶を演じ、大当たりを取る。

明治2年(1869年)、東京中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅丞相を演じ、大当たりを取る。

明治3年(1870年)、東京中村座で「義経千本桜」の義経を演じ、大当たりを取る。

明治4年(1871年)、東京中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ、大当たりを取る。

明治5年(1872年)、東京中村座で「勧進帳」の弁慶を演じ、大当たりを取る。

明治6年(1873年)、東京中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅丞相を演じ、大当たりを取る。

明治7年(1874年)、東京中村座で「義経千本桜」の義経を演じ、大当たりを取る。

明治8年(1875年)、東京中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ、大当たりを取る。

明治9年(1876年)、東京中村座で「勧進帳」の弁慶を演じ、大当たりを取る。

明治10年(1877年)、東京中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅丞相を演じ、大当たりを取る。

明治11年(1878年)、東京中村座で「義経千本桜」の義経を演じ、大当たりを取る。

明治12年(1879年)、東京中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ、大当たりを取る。

明治13年(1880年)、東京中村座で「勧進帳」の弁慶を演じ、大当たりを取る。

明治14年(1881年)、東京中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅丞相を演じ、大当たりを取る。

明治15年(1882年)、東京中村座で「義経千本桜」の義経を演じ、大当たりを取る。

明治16年(1883年)、東京中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ、大当たりを取る。

明治17年(1884年)、東京中村座で「勧進帳」の弁慶を演じ、大当たりを取る。

明治18年(1885年)、東京中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅丞相を演じ、大当たりを取る。

明治19年(1886年)、東京中村座で「義経千本桜」の義経を演じ、大当たりを取る。

明治20年(1887年)、東京中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ、大当たりを取る。

明治21年(1888年)、東京中村座で「勧進帳」の弁慶を演じ、大当たりを取る。

明治22年(1889年)、東京中村座で「菅原伝授手習鑑」の菅丞相を演じ、大当たりを取る。

明治23年(1890年)、東京中村座で「義経千本桜」の義経を演じ、大当たりを取る。

明治24年(1891年)、東京中村座で「仮名手本忠臣蔵」の大星由良之助を演じ

嵐璃寛(2代)の芸風

嵐璃寛(2代)の芸風

嵐璃寛(2代)の芸風

2代嵐璃寛は、舞台の上での立ち居振る舞いから「立役の名人」と形容されるほどのの名優でした。その端正な立ち姿と、美しい容姿は、古今無双と謳われ、男女問わず多くのファンがいたと伝えられています。

また、その芸風は、型にはまらず、臨機応変に対応できる稀有な役者でした。それが故に、歌舞伎の演目には欠かせない名優として、活躍していました。

2代嵐璃寛は、江戸時代後期の名優として、その名声を轟かせていました。その芸風は、型にはまらず、型破りなものであったことから、多くの観客の心をつかみ、絶大なる人気を誇っていました。

嵐璃寛(2代)の代表作

嵐璃寛(2代)の代表作

嵐璃寛(2代)の代表作

嵐璃寛(2代)は、江戸時代後期に活躍した歌舞伎役者である。その代表作として知られるのが「仮名手本忠臣蔵」である。この作品は、赤穂浪士の討ち入り事件を題材としたもので、璃寛(2代)は、大星由良之助役を演じた。由良之助は、赤穂浪士のリーダーであり、璃寛(2代)は、その威厳と気魄を存分に発揮して演じ、観客を圧倒した。

また、璃寛(2代)は「勧進帳」でも、弁慶役を演じて高い評価を得た。この作品は、源義経が平泉へ向かう途中、安宅の関で弁慶が義経の身代わりとなって関守をやり過ごすというもので、璃寛(2代)は、弁慶の豪快さと忠義心を巧みに表現して演じ、観客を魅了した。

さらに、璃寛(2代)は「歌舞伎十八番」と呼ばれる名作歌舞伎18選のうち、4作品にも出演している。そのうちの一つが「勧進帳」であり、その他には「暫」「鏡獅子」「助六由縁江戸桜」がある。これらの作品はいずれも、歌舞伎の代表的な演目で、璃寛(2代)は、そのいずれもで素晴らしい演技を披露し、観客に大きな感動を与えた。

嵐璃寛(2代)は、その卓越した演技力と、多彩な演目で、江戸時代後期の歌舞伎界を代表する役者として活躍した。彼の代表作は、現在でも歌舞伎の舞台で上演され続け、多くの人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました