神足高雲 – 江戸時代の画家

神足高雲 – 江戸時代の画家

狩野探幽門下の四天王

狩野探幽門下の四天王

-狩野探幽門下の四天王-

江戸時代前期の画家、神足高雲(かんだりたかくも)は、狩野探幽の門下で活躍した四天王の一人でした。四天王とは、狩野探幽の弟子の中で最も優れた4人の画家のことで、神足高雲の他に、狩野安信、狩野常信、狩野永納がいました。

神足高雲は、1634年(寛永11年)に京都で生まれました。狩野探幽の門下に入った後、狩野安信と共に障壁画を制作するなど、狩野派の画風を支えました。神足高雲の作風は、狩野派の伝統的な画風に、中国画の影響を融合させたもので、特に山水画と花鳥画を得意としました。

神足高雲の代表作には、京都・妙心寺の障壁画「瀟湘八景図」や、東京・根津美術館の「山水図屏風」などがあります。「瀟湘八景図」は、中国の潇湘八景を題材にした障壁画で、八幅の屏風仕立てになっています。この作品は、神足高雲の山水画の技法の高さを見ることができる代表作です。

神足高雲は、1697年(元禄10年)に京都で亡くなりました。享年64歳でした。神足高雲は、狩野探幽門下の四天王の一人として、江戸時代前期の画壇に大きな影響を与えた画家でした。

寛文のころの活躍

寛文のころの活躍

– 神足高雲 – 江戸時代の画家

神足高雲(こうたりたかくも、? – 1650年以降)は、桃山時代から江戸時代初期にかけての画家です。

-# 寛文のころの活躍

寛文のころ(1661-1673年)には、高雲は京都で活躍していました。
当時、京都画壇では狩野派が主流でしたが、高雲は狩野派とは一線を画した独自の画風で注目を集めました。

高雲の画風は、狩野派のような写実的な表現ではなく、より写意的で、デフォルメされた表現が特徴です。
また、色彩も狩野派よりも鮮やかで、大胆な構図の作品を多く残しています。

高雲の代表作のひとつに、「雪舟観瀑図」があります。
この作品は、雪舟が中国の廬山を訪れて滝を眺めている様子を描いたもので、高雲の写意的でデフォルメされた表現がよく表れています。

また、高雲は狩野派の画風に倣って屏風絵も制作しています。
「瀟湘八景図屏風」は、湖南省の瀟湘地方にある八つの景色を描いた屏風絵で、高雲の色彩感覚が冴え渡る作品となっています。

高雲は、狩野派とは一線を画した独自の画風で注目を集めた画家です。
寛文のころには京都で活躍し、多くの作品を残しました。

出羽米沢藩の藩主上杉家に仕える

出羽米沢藩の藩主上杉家に仕える

-# 出羽米沢藩の藩主上杉家に仕える

神足高雲は、江戸時代初期に活躍した画家です。出羽米沢藩の藩主上杉家に仕え、藩の御用絵師として活躍しました。神足高雲の画風は、狩野派の影響を受けたもので、精緻な筆致と華やかな色彩が特徴です。神足高雲は、上杉家の歴代藩主の肖像画や、藩の行事や風景を描いた作品を残しています。神足高雲の作品は、上杉家の歴史や文化を知る上で貴重な資料となっています。

神足高雲は、上杉家に仕える以前は、京都で狩野派の画家として活躍していました。しかし、上杉家の初代藩主上杉景勝の招きを受けて、米沢に下向しました。上杉家は、戦国大名として知られる上杉謙信の末裔で、米沢藩は、上杉家が治める大藩でした。神足高雲は、上杉家に仕えてから、藩の御用絵師として活躍しました。神足高雲は、上杉家の歴代藩主の肖像画や、藩の行事や風景を描いた作品を残しています。神足高雲の作品は、上杉家の歴史や文化を知る上で貴重な資料となっています。

神足高雲は、画風も繊細で、京都で狩野派の画家として活躍した経歴を持っていました。上杉家に仕えてから、藩の御用絵師として活躍しました。神足高雲の作品は、上杉家の歴史や文化を知る上で貴重な資料となっています。

タイトルとURLをコピーしました