→「大井秀子」(1890-1968/明治-昭和時代の画家、茶道家)

→「大井秀子」(1890-1968/明治-昭和時代の画家、茶道家)

ロシア留学とイコン製作

ロシア留学とイコン製作

-ロシア留学とイコン製作-

大井秀子は、1915年(大正4年)に京都市立絵画専門学校を卒業し、渡欧しました。ロシアのサンクトペテルブルクにある帝国美術院に入学し、イコン画を学びました。イコンとは、ロシア正教の聖像画のことです。

大井秀子は、ロシアの伝統的なイコン画の技法を学び、独自の作風を生み出しました。日本の美意識とロシアのイコン画の技法を融合させ、美しいイコンを制作しました。

大井秀子は、ロシアでイコン画の展覧会を開き、高い評価を受けました。ロシアの美術界に貢献し、ロシア正教徒から敬愛されました。

1921年(大正10年)に日本に帰国し、京都でイコン画教室を開きました。日本のイコン画の普及に努め、多くの弟子を育てました。

大井秀子は、1968年(昭和43年)に78歳で亡くなりました。しかし、彼女の作品は現在でも多くの人々に愛されています。

ジャーナリストとの結婚と帰国

ジャーナリストとの結婚と帰国

ジャーナリストとの結婚と帰国

大井秀子は、1890年に日本、山梨県で生まれました。都内へ出て「女子美術専門学校」で学び、絵画の勉強に勤しんでいました。山下りんの主催する書画会「白鳳会」にはたびたび作品を出品しました。
また、洋画家である岡田三郎助と交流があり、岡田の自宅で展覧会を開いたこともあります。

1915年、秀子はジャーナリストの村松梢風と結婚しました。翌1916年に、秀子は梢風と一緒にロンドンへ渡りましたが第一次世界大戦の勃発により、1917年に帰国しました。

帰国後、秀子は再び絵画の勉強を続け、1919年に「第1回洋画展」に出品しました。1925年には、渡米してニューヨークで個展を開き、その後、ヨーロッパを旅行しました。

1929年に帰国した秀子は、東京で絵画教室を開設し、指導にあたりました。1930年には、再び渡米しましたが、1933年に帰国しました。

その後、秀子は茶道をはじめ、1936年に「大井秀子茶道教室」を開設しました。また、1941年には、雑誌「茶道」を創刊しました。

第二次世界大戦後、秀子は茶道と絵画の活動を続け、1968年に東京で亡くなりました。

秀子は、日本の近代洋画を代表する画家の一人であり、茶道家としても活躍しました。彼女の作品は、国内外の美術館に収蔵されています。

父の茶道流派の継承

父の茶道流派の継承

父の茶道流派の継承

大見秀子の父である大見啓次郎は、茶道武者小路流の宗家でした。大見秀子は、幼い頃から茶道を学び、1913年に武者小路流の宗家を継承しました。大見秀子は、武者小路流の伝統を守ることに努め、多くの弟子を育てました。また、茶道の普及にも尽力し、講演会や茶会を開催しました。

大見秀子は、単なる茶道家にとどまらず、画家としても活躍しました。大見秀子は、1921年に東京美術学校を卒業し、画家としてデビューしました。大見秀子は、日本画を描き、その作品は国内外の美術館に収蔵されています。大見秀子は、画家としても高い評価を得ており、1950年に日本芸術院賞を受賞しました。

大見秀子は、茶道家としてだけでなく、画家としても活躍した優れた芸術家でした。大見秀子は、日本の伝統文化の保存と普及に貢献した功績を称えられ、1968年に文化勲章を受章しました。

大見秀子は、茶道と絵画の両分野で活躍した稀有な芸術家でした。大見秀子の残した作品は、現在も世界中で愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました