上牛養 – 奈良時代の画家

上牛養 – 奈良時代の画家

上牛養の生涯

上牛養の生涯

-上牛養の生涯-

上牛養の生涯については、ほとんど知られていない。6世紀後半から7世紀前半にかけて活躍したとされ、奈良時代の画家として知られている。姓は上、名は牛養。本貫は下総国香取郡(現在の千葉県香取市)とされる。

上牛養は、幼少の頃から絵の才能を発揮し、早くから絵師として活躍していたと伝えられる。欽明天皇の時代に宮廷画家として召し出され、天皇の命を受けて数々の絵画を制作した。また、私邸では絵画教室を開設し、弟子を育成したとされる。

上牛養は、主に仏教画を得意とし、その画風は「上牛養様」と呼ばれた。上牛養様の画風は、線描が細く繊細で、色彩が鮮やかで華麗なことが特徴である。上牛養は、仏教画以外にも、山水画や人物画など、さまざまなジャンルの絵画を制作した。

上牛養は、奈良時代の画壇を代表する画家の一人であり、その作品は多くの寺院や神社に所蔵されている。上牛養の作品は、日本絵画史において重要な価値を有しており、今日でも多くの人々に愛されている。

上牛養の作品

上牛養の作品

-上牛養の作品-

上牛養の作品は、奈良時代の絵画を代表する「法隆寺金堂壁画」と「法隆寺玉虫厨子」の2つが最も有名である。

「法隆寺金堂壁画」は、法隆寺金堂の内陣の四壁に描かれた壁画である。釈迦の生涯や、菩薩、天人、龍などの仏教的な題材が描かれており、その総数は1000点以上にも及ぶ。上牛養は、これらの壁画の制作に主要な役割を果たしたと考えられている。

「法隆寺玉虫厨子」は、法隆寺金堂に安置されている厨子である。厨子の表面には、金箔や漆、螺鈿などの技法で、釈迦の入滅や、菩薩、天人、龍などの仏教的な題材が描かれている。上牛養は、この厨子の制作にも携わったと考えられている。

「法隆寺金堂壁画」と「法隆寺玉虫厨子」は、共に奈良時代の絵画を代表する傑作であり、上牛養の才能を遺憾なく発揮している。これらの作品は、現在も法隆寺に所蔵されており、多くの観光客が訪れている。

上牛養の画風

上牛養の画風

上牛養の画風

上牛養の画風は、中国画の影響を受けながら、独自の発展を遂げたものとされています。その特徴は、以下のような点が挙げられます。

①線描の美しさ

上牛養の画風は、線描の美しさが特徴です。その線は、細く繊細で、流れるような曲線を描いています。また、線の強弱や濃淡を巧みに使い分けることで、画面に奥行きや動きのある空間を作り出しています。

②色彩の鮮やかさ

上牛養の画風は、色彩の鮮やかさも特徴です。その色は、朱、緑、青、紫など、さまざまな色を組み合わせた華やかなものです。また、色彩の濃淡や明暗を巧みに使い分けることで、画面に立体感や迫力を与えています。

③構図の巧みさ

上牛養の画風は、構図の巧みさも特徴です。その構図は、対象物を中心に左右対称に配置したり、対角線上に配置したりするなど、さまざまな工夫が凝らされています。また、前景と後景を巧みに使い分けることで、画面に遠近感や奥行きのある空間を作り出しています。

④写実性と装飾性の融合

上牛養の画風は、写実性と装飾性を融合させた画風でもあります。その絵は、対象物を忠実に描写しながらも、華やかな色彩や装飾を加えることで、装飾的な要素を強めています。この写実性と装飾性の融合は、上牛養の画風の大きな特徴であり、古来より多くの人々に愛されてきました。

タイトルとURLをコピーしました