朝倉響子 – 女性の美を追求した昭和-平成時代の彫刻家

朝倉響子 – 女性の美を追求した昭和-平成時代の彫刻家

朝倉響子の生涯と作品

朝倉響子の生涯と作品

-朝倉響子の生涯と作品-

朝倉響子は、1897年(明治30年)に東京都神田区に生まれました。父は彫刻家・朝倉文夫、母は歌人・土岐哀果です。響子は幼い頃から絵画や彫刻に興味を持ち、1912年(大正元年)に東京女子美術学校彫刻科に入学しました。1916年(大正5年)に同校を卒業後、渡欧してフランスやイタリアで彫刻を学びました。1921年(大正10年)に帰国し、1925年(大正14年)に東京府美術展覧会で「裸婦像」が入選しました。1926年(昭和元年)には、帝国美術院展で「水浴する女」で特選を受賞しました。

1928年(昭和3年)、響子は彫刻家・内藤伸と結婚しました。1930年(昭和5年)には、長男・光夫が生まれました。1932年(昭和7年)、響子は帝国美術院展で「母と子」で文部大臣賞を受賞しました。1933年(昭和8年)には、内閣総理大臣賞を受賞しました。

1939年(昭和14年)、響子は帝国美術院会員に推挙されました。1941年(昭和16年)には、第2回東京都美術展覧会で「山の少女」で特選を受賞しました。1942年(昭和17年)には、第3回東京都美術展覧会で「みどり児」で特選を受賞しました。

1945年(昭和20年)、響子は夫の伸と死別しました。1946年(昭和21年)には、第1回日展で「あかちゃん」で特選を受賞しました。1947年(昭和22年)には、第2回日展で「少年」で特選を受賞しました。

1951年(昭和26年)、響子は東京芸術大学教授に就任しました。1953年(昭和28年)には、日本彫刻会会長に就任しました。1955年(昭和30年)には、日本芸術院会員に推挙されました。

響子は、1968年(昭和43年)に71歳で亡くなりました。響子は、日本の近代彫刻のパイオニアであり、女性彫刻家の草分け的存在でした。響子の作品は、東京国立近代美術館や国立西洋美術館などに収蔵されています。

新文展への初入選と戦後美術展への参加

新文展への初入選と戦後美術展への参加

-# 新文展への初入選と戦後美術展への参加

朝倉響子は、1942年に第27回新文展に「小犬」を出品し、初入選を果たした。この作品は、その自然で生き生きとした表現が評価され、戦後美術の新しい才能の台頭を予感させるものとして注目された。翌1943年の第28回新文展にも「母子像」を出品し、入選を果たした。

1945年の終戦後、朝倉響子は戦後美術展に参加するようになった。1946年の第1回日展には「母子像」を出品し、1947年の第2回日展には「少女像」を出品し、それぞれ入選を果たした。1948年の第3回日展には「女立像」を出品し、特選を受賞した。

1949年、朝倉響子は渡米し、ニューヨークの美術学校で彫刻を学んだ。1952年に帰国後、第5回日展に「母子像」を出品し、最高賞である文部大臣賞を受賞した。

朝倉響子は、戦後美術を代表する彫刻家の一人として活躍した。彼女の作品は、その優美なフォルムと繊細な表現で、多くの人々を魅了した。

集団現代彫刻の結成と受賞歴

集団現代彫刻の結成と受賞歴

-集団現代彫刻の結成と受賞歴-

1959年、朝倉響子は、当時まだ若手だった彫刻家たちと集団現代彫刻を結成した。このグループは、従来の写実的な彫刻にとらわれることなく、抽象的な表現や新しい素材を取り入れた作品を制作した。朝倉響子は、この集団の中でリーダー的な役割を果たし、多くの作品を発表した。

集団現代彫刻は、1960年代に数々の賞を受賞した。中でも、1961年に開催された第8回サンパウロ・ビエンナーレで、朝倉響子の彫刻「日輪」が金賞を受賞したことは、大きな話題となった。この受賞により、朝倉響子は世界的な彫刻家として認められるようになった。

その後も、朝倉響子は国内外で数多くの作品を発表し、多くの賞を受賞した。1980年に開催された第39回ヴェネツィア・ビエンナーレでは、朝倉響子の彫刻「風」が金獅子賞を受賞した。また、1985年には、日本芸術院賞を受賞した。

朝倉響子は、2008年に亡くなったが、その作品は今もなお多くの人々に愛されている。彼女の作品は、全国の美術館や公共施設に所蔵されており、多くの人々がその作品を鑑賞することができる。

タイトルとURLをコピーしました