菊池鋳太郎-明治・昭和前期の彫刻家

菊池鋳太郎-明治・昭和前期の彫刻家

菊池鋳太郎とは

菊池鋳太郎とは

菊池鋳太郎とは

菊池鋳太郎(きくち いちたろう、1868年(慶応4年)9月7日 – 1940年(昭和15年)7月2日)は、日本の彫刻家。京都府出身。日本彫刻界の重鎮として活躍し、東京美術学校教授、帝国美術院会員、文展審査員、日本彫刻会会長などを歴任。

菊池鋳太郎は、1868年9月7日に京都府に生まれた。1887年(明治20年)に京都府師範学校を卒業後、上京して東京美術学校彫刻科に入学した。1894年(明治27年)に東京美術学校を卒業し、彫刻家として活動を始めた。

菊池鋳太郎は、写実的な彫刻を追求し、特に人物彫刻を得意とした。1898年(明治31年)には、第2回文展に出品した「牛飼少女」が三等賞を受賞した。1900年(明治33年)には、パリ万国博覧会に出品した「老坑夫」が銀牌を受賞した。

菊池鋳太郎は、1902年(明治35年)に東京美術学校教授に就任した。1919年(大正8年)には、帝国美術院会員に任命された。1928年(昭和3年)には、文展審査員に任命された。1931年(昭和6年)には、日本彫刻会会長に就任した。

菊池鋳太郎は、1940年(昭和15年)7月2日に東京都で亡くなった。享年71。

菊池鋳太郎の生い立ちと生涯

菊池鋳太郎の生い立ちと生涯

– 菊池鋳太郎の生い立ちと生涯

菊池鋳太郎は、1861年(文久元年)7月1日、薩摩藩(現鹿児島県)に生まれました。幼い頃から彫刻に興味を持っていた鋳太郎は、1878年(明治11年)に上京し、東京美術学校(現東京藝術大学)に入学しました。同校卒業後は、フランスに留学し、ロダンやブルデルなどの彫刻家に師事しました。

帰国後は、東京美術学校で教鞭をとりながら、彫刻家として活躍しました。1901年(明治34年)には、パリ万国博覧会に出品した「夜叉ヶ池」で大賞を受賞し、一躍有名になりました。その後も、「鉄腕鍛冶」や「女の像」などの代表作を制作し、日本の彫刻界に大きな足跡を残しました。

1934年(昭和9年)に逝去するまで、菊池鋳太郎は彫刻家として生涯を貫きました。その作品は、写実的で力強く、生命感にあふれていると評価されています。また、鋳太郎は、後進の指導にも熱心であり、多くの彫刻家を育て上げました。

菊池鋳太郎は、明治・昭和前期の彫刻界を代表する人物であり、日本の彫刻史に大きな影響を与えました。その作品は、現在もなお、多くの人々に愛されています。

菊池鋳太郎の功績

菊池鋳太郎の功績

菊池鋳太郎の功績

菊池鋳太郎は、明治・昭和前期の彫刻家であり、近代日本の彫刻界に大きな功績を残しました。

1. 日本彫刻の西洋化への貢献

菊池鋳太郎は、西洋彫刻を学び、日本の彫刻界に西洋彫刻の技法やスタイルを導入しました。それまで日本の彫刻は、仏像や神像などの伝統的な彫刻が中心でしたが、菊池鋳太郎は、西洋彫刻の写実性や立体性を日本の彫刻に取り入れ、日本の彫刻を近代化しました。

2. 近代日本彫刻のパイオニア

菊池鋳太郎は、近代日本彫刻のパイオニアとして、多くの作品を残しました。代表作の一つである「勤王の像」は、西南戦争で活躍した西郷隆盛の銅像で、鹿児島県鹿児島市の鹿児島陸軍墓地にあります。この像は、写実性と動感にあふれており、近代日本彫刻の傑作の一つとされています。

3. 彫刻教育への貢献

菊池鋳太郎は、彫刻教育にも力を入れました。東京美術学校(現・東京芸術大学)の教授を務め、多くの彫刻家を育てました。その中には、高村光太郎や朝倉文夫など、近代日本彫刻を代表する彫刻家がいます。菊池鋳太郎は、彫刻教育者として、近代日本彫刻の発展に貢献しました。

4. 帝室技芸員の任命

菊池鋳太郎は、1901年に帝室技芸員に任命されました。帝室技芸員は、美術や工芸の分野で功績を残した人物に贈られる栄誉ある称号であり、菊池鋳太郎の功績が認められた証といえます。

菊池鋳太郎は、近代日本の彫刻界に大きな功績を残した彫刻家であり、その作品は今もなお多くの人々に親しまれています。菊池鋳太郎の功績は、日本の彫刻の歴史において重要な位置を占めています。

タイトルとURLをコピーしました