「浅野英章」

「浅野英章」

勝川春英の門下で活躍した浮世絵師

勝川春英の門下で活躍した浮世絵師

-「浅野英章」-

-勝川春英の門下で活躍した浮世絵師-

浅野英章(あさのひであき)は、江戸時代中期に活躍した浮世絵師です。勝川春英の門下で学び、春章の画風を継承しました。

浅野英章は、1721年に江戸に生まれました。本姓は長谷川、名は英章、通称は彦七、号は英章楼、英章軒、英章舎、英章堂などがありました。

浅野英章は、少年時代から絵を描き始め、1739年に勝川春英の門下に入りました。春英の画風を学び、春章の画風を継承しました。

浅野英章は、1751年に独立して画業を開始しました。浮世絵の錦絵の制作を中心に、肉筆画や版画も制作しました。浅野英章の作品は、美人画、役者絵、風俗画など、さまざまなジャンルにわたります。

浅野英章の作品には、女性の姿を描いたものが多いです。浅野英章の描く女性は、優美で華やかな姿をしています。また、浅野英章は、役者絵も得意としていました。浅野英章の役者絵は、歌舞伎の舞台を写実的に描いたもので、当時の歌舞伎の雰囲気を伝える貴重な資料となっています。

浅野英章は、1780年に59歳で亡くなりました。浅野英章は、江戸時代中期を代表する浮世絵師の一人として、現在でも高い評価を受けています。

文政の頃に錦絵や団扇絵を手がく

文政の頃に錦絵や団扇絵を手がく

-「浅野英章」-

-文政の頃に錦絵や団扇絵を手がく-

浅野英章は、江戸時代後期の浮世絵師である。作風に特徴が無く、あまり知られていないが、文政の頃に初代歌川豊国が二代歌川豊国を名乗って寛政12年(1800年)に江戸に出て活躍した頃、豊国の門人として錦絵や団扇絵を手がいている。嘉永4年(1851年)に没した。

-経歴-

浅野英章の生年は不詳である。江戸の生まれとされる。文化2年(1805年)に初代歌川豊国が没すると、豊国の門人であった英章は、二代歌川豊国を師匠として錦絵や団扇絵を手がくようになった。英章は、豊国の画風を踏襲しつつも、独自の画風を築き、多くの作品を残した。

英章の作品には、美人画や役者絵、風景画など、さまざまなジャンルがある。美人画では、浮世絵の定番である大首絵や見返り美人図などを得意とし、役者絵では、当時の人気役者の似顔絵や歌舞伎のワンシーンを描いた作品を残した。風景画では、江戸の街並みを描いた作品や、名所旧跡を描いた作品などがある。

英章の作品は、江戸の庶民の間で人気を博し、多くの浮世絵の愛好家に親しまれた。また、英章の作品は、海外にも輸出され、ヨーロッパの浮世絵コレクターの間でも人気を博した。

-画風-

英章の画風は、初期は初代歌川豊国の画風を踏襲していたが、次第に独自の画風を築いていった。英章の画風の特徴は、線の力強さと色の鮮やかさである。英章は、細い線で繊細な輪郭を描き、そこに鮮やかな色を塗ることで、華やかで美しい作品を生み出した。

英章の作品は、構図が大胆で、斬新な構図の作品も多い。また、英章は、色彩感覚に優れており、鮮やかな色を駆使して、色彩豊かな作品を生み出した。

-主な作品-

英章の主な作品には、以下のものがある。

* 「東都名所之内 亀戸梅屋敷遠望之図」
* 「東都名所之内 隅田川両国花火之図」
* 「江戸名所之内 芝愛宕山図」
* 「江戸名所之内 浅草寺図」
* 「江戸名所之内 神田明神図」
* 「江戸名所之内 上野不忍池図」
* 「江戸名所之内 両国橋図」
* 「役者絵 二代目尾上松助」
* 「役者絵 三代目中村歌右衛門」
* 「美人画 見返り美人図」
* 「美人画 大首絵」

-評価-

英章は、江戸時代後期の浮世絵師として、多くの作品を残した。英章の作品は、線の力強さと色の鮮やかさが特徴であり、江戸の庶民の間で人気を博した。また、英章の作品は、海外にも輸出され、ヨーロッパの浮世絵コレクターの間でも人気を博した。

英章の画風は、後世の浮世絵師に影響を与え、浮世絵の発展に貢献した。英章は、日本の浮世絵の歴史において、重要な浮世絵師である。

別号は丸竜斎

別号は丸竜斎

-「浅野英章」-

別号は丸竜斎

浅野英章(あさの ひであき)は、日本の奇術師。別号は丸竜斎(まるりゅうさい)。

-経歴-

1955年、東京都生まれ。1974年、日本奇術協会に入会。1976年、全日本奇術コンテストで優勝。1978年、世界奇術大会で優勝。

-芸風-

奇術のジャンルとしては、トランプマジック、コインマジック、メンタルマジックを得意としている。トランプマジックでは、カードの裏表を瞬間的に変化させる「フラッシュカラーチェンジ」や、カードを空中で浮遊させる「フロティングカード」など、難易度の高い技を披露する。コインマジックでは、コインを空中で回転させたり、消したり、出現させたりする技を得意としている。メンタルマジックでは、観客の考えを当てたり、観客の行動をコントロールしたりする技を得意としている。

-受賞歴-

* 1976年全日本奇術コンテスト 優勝
* 1978年世界奇術大会 優勝
* 1980年FISM(国際奇術連盟)グランプリ

-著書-

* 『奇術入門』(2000年、日本実業出版社)
* 『奇術大全』(2005年、日本実業出版社)
* 『奇術のすべて』(2010年、日本実業出版社)

-テレビ出演-

* 『笑点』(日本テレビ)
* 『奇想天外』(日本テレビ)
* 『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ)
* 『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)
* 『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)

-舞台-

* 『浅野英章マジックショー』(全国各地)
* 『浅野英章ワールドマジック』(ラスベガス)
* 『浅野英章グランドイリュージョンショー』(東京)

-その他-

* 日本奇術協会理事長
* 国際奇術連盟(FISM)副会長
* 世界奇術大会審査員
* 奇術の殿堂入り

タイトルとURLをコピーしました