大神甚五平 – 幕府への献上品も作った江戸時代後期の陶工

大神甚五平 – 幕府への献上品も作った江戸時代後期の陶工

肥前長崎で水甕を製作から亀山焼へ

肥前長崎で水甕を製作から亀山焼へ

-# 大神甚五平 – 幕府への献上品も作った江戸時代後期の陶工

大神甚五平(1764-1845)は、江戸時代後期に肥前国長崎で活躍した陶工です。彼は水甕や鉢などの日用品から、幕府への献上品となるような高級な陶器まで幅広く製作しました。

大神甚五平は、佐賀藩の御用を務めていた陶工である大神甚太郎の長男として生まれました。幼い頃から陶芸を学び、1782年に父が亡くなった後、家督を継いで陶工となりました。

当初、大神甚五平は主に水甕や鉢などの日用品を製作していました。しかし、彼の才能はすぐに認められ、1794年には佐賀藩主鍋島治茂から「御用窯」の称号を授与されました。これにより、大神甚五平は幕府への献上品を製作するようになりました。

大神甚五平が製作した幕府への献上品には、花瓶や茶碗、皿などがあります。これらの陶器は、いずれも精巧な細工と美しい絵付けが施されており、当時の最高峰の陶芸技術を誇っていました。

1805年、大神甚五平は長崎奉行所の命を受けて、亀山焼の復興に取り組みました。亀山焼は、かつて長崎で生産されていた陶器ですが、1698年に発生した火災で窯が壊滅し、生産が途絶えていました。

大神甚五平は、亀山焼の伝統的な技法を復活させ、新しい作品を次々と生み出しました。彼の亀山焼は、瞬く間に評判となり、長崎を代表する陶器として知られるようになりました。

大神甚五平は、1845年に82歳で亡くなりました。彼は、江戸時代後期を代表する陶工の一人であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。

長崎奉行のサポートで白磁染め付けの製品を製造

長崎奉行のサポートで白磁染め付けの製品を製造

-長崎奉行のサポートで白磁染め付けの製品を製造-

大神甚五平は、長崎奉行のサポートを受けて、白磁染め付けの製品を製造しました。これは、当時の日本において、非常に珍しいことでした。なぜなら、白磁染め付けの製品は、中国から輸入されるものがほとんどで、国内で製造されているものはほとんどなかったからです。

大神甚五平は、長崎奉行のサポートを受け、白磁染め付けの製品を製造するために、新しい窯を開きました。この窯は、長崎県波佐見町にあり、現在でも「大神窯跡」として残されています。

大神窯跡は、国の史跡に指定されており、当時の白磁染め付けの製造の様子を今に伝える貴重な史跡となっています。

大神甚五平が製造した白磁染め付けの製品は、非常に高品質なものでした。その品質は、中国から輸入されるものにも引けを取らないほどでした。そのため、大神甚五平の製品は、長崎奉行だけでなく、大名や豪商など、多くの権力者たちに愛されました。

大神甚五平は、白磁染め付けの製品を製造することで、日本の陶磁器産業の発展に貢献しました。また、彼の製品は、日本の伝統文化を世界に紹介する役割も果たしました。

大神甚五平は、江戸時代後期を代表する陶工であり、日本の陶磁器産業の発展に大きな足跡を残した人物です。

幕府への献上品や各藩の注文が多数、しかし3代で廃業

幕府への献上品や各藩の注文が多数、しかし3代で廃業

-幕府への献上品や各藩の注文が多数、しかし3代で廃業-

大神甚五平は、江戸時代後期に活躍した陶工です。尾張国瀬戸(現在の愛知県瀬戸市)で生まれ、瀬戸焼の技術を学びました。彼は、精巧な絵付けと、美しい色使いで知られ、幕府への献上品や、各藩からの注文が多数寄せられました。

しかし、大神甚五平は、3代で廃業してしまいます。その理由は、後継者が絶えたためだと言われています。大神甚五平の長男は、若くして亡くなってしまい、次男は、陶工になることを嫌がり、家業を継ぎませんでした。

大神甚五平の死後、彼の弟子たちは、それぞれ独立して、瀬戸焼の窯元を開きました。彼らは、大神甚五平の技術を受け継ぎ、瀬戸焼の発展に貢献しました。

大神甚五平は、江戸時代後期に活躍した、優れた陶工でした。彼の作品は、現在でも、多くの美術館や博物館に所蔵されています。もし、あなたが瀬戸焼に興味があるなら、大神甚五平の作品を、ぜひ一度見てみてください。

大神甚五平の廃業は、瀬戸焼にとって大きな損失でした。しかし、彼の弟子たちが、彼の技術を受け継ぎ、瀬戸焼の発展に貢献したことは、不幸中の幸いでした。現在、瀬戸焼は、日本を代表する陶磁器の一つとなっています。大神甚五平の功績は、決して忘れることができません。

タイトルとURLをコピーしました