青木金家 – 江戸前期の鐔工

青木金家 – 江戸前期の鐔工

青木金家とは?

青木金家とは?

青木金家とは?
青木金家は、江戸初期に活躍した金工師で、主に鐔の制作を手がけました。同じ金工師の青木安房国辰政の養子であり、金工師として技術を学びました。金家という号は、安房国辰政から譲り受けたものです。

青木金家は、その精巧な技法で知られており、特に透かし彫りの鐔を得意としました。透かし彫りとは、金属板に孔を開けて模様を表現する技法です。青木金家は、透かし彫りの技法を駆使して、繊細で美しい鐔を制作しました。

青木金家の鐔は、当時の武人に人気があり、多くの武将が青木金家の鐔を愛用しました。特に、徳川家康や豊臣秀吉など、戦国時代の英雄たちが青木金家の鐔を使用していたことで知られています。

青木金家の鐔は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、その美しさや精巧な技法を鑑賞することができます。青木金家は、日本の金工史において重要な人物であり、その作品は今もなお多くの人々を魅了しています。

青木金家の特徴
青木金家は、その精巧な技法と美しいデザインで知られています。特に、透かし彫りの鐔を得意とし、その繊細で美しい透かし彫りは、見る人を魅了します。

青木金家の鐔の特徴は、以下の通りです。

* 透かし彫りの鐔が多い
* 透かし彫りのデザインは、自然界をモチーフにしたものが多い
* 鐔の縁は、丸いものが多い
* 鐔の中央には、家紋や花押を彫ることが多い
* 鐔の表面は、金や銀で装飾されていることが多い

青木金家の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、その美しさや精巧な技法を鑑賞することができます。

伏見の名工金家に私淑

伏見の名工金家に私淑

-伏見の名工金家に私淑-

青木金家は、江戸初期の京都を代表する鐔工である。伏見の名工金家に私淑し、その作風を学び受け継いだと言われている。金家は、もとは伏見の出身であり、父は金工であった。金家は、父から金工の技術を学び、やがて鐔工となった。

金家の作風は、写実的で繊細なものであった。植物や動物をモチーフにした鐔が多く、その細やかな彫金は、見る者を魅了した。また、金家は、鉄以外の素材も積極的に使用し、赤銅や錫などを用いて鐔を制作した。

金家は、その優れた技術で、多くの武家や茶人に愛された。特に、加賀藩前田家のお抱え鐔工として、多くの鐔を制作した。金家の鐔は、現在でも、多くの美術館や収蔵家に所蔵されており、その人気は衰えることがない。

金家が伏見の金家に私淑したのは、金家がまだ若手の頃であった。金家は、金家の作風に憧れ、金家に弟子入りを志願した。しかし、金家は、金家を弟子として受け入れることはなかった。金家は、金家がまだ若すぎること、また、金家の家が貧しいことを理由に、弟子入りを断った。

しかし、金家は、金家の作風を学びたいという思いを捨てなかった。金家は、金家の工房の近くに住み、金家の仕事ぶりを毎日観察した。また、金家の弟子たちと交流し、金家の作風について教えてもらった。

金家は、金家の作風を学び、やがて、金家と並ぶ名工となった。金家の鐔は、金家の鐔と同様に、写実的で繊細なものであった。しかし、金家の鐔は、金家の鐔よりも、より写実的で、より繊細であった。金家の鐔は、見る者を魅了し、多くの武家や茶人に愛された。

鉄鐔製作の特徴

鉄鐔製作の特徴

-鉄鐔製作の特徴-

青木金家は、鉄鐔製作において、以下のような特徴を持っていました。

* -鉄の鍛造を重視-
青木金家は、鉄鐔製作において、鉄の鍛造を重視していました。鉄の鍛造とは、鉄を熱してハンマーで叩き、形を整えることです。青木金家は、この鍛造を何度も繰り返すことで、強度と靭性を兼ね備えた鉄鐔を作り出していました。
* -精巧な彫刻-
青木金家は、鉄鐔製作において、精巧な彫刻を施していました。鉄鐔に彫刻を施すことは、鉄鐔の美しさを高めるだけでなく、強度を高める効果もありました。青木金家は、鉄鐔の表面に、草花や動物、人物などの様々なモチーフを彫刻し、芸術性と実用性を兼ね備えた鉄鐔を作り出していました。
* -金着せ-
青木金家は、鉄鐔製作において、金着せの技法を用いていました。金着せとは、鉄鐔の表面に金箔を貼る技法のことです。金着せを施すことで、鉄鐔の美しさをさらに高めることができます。青木金家は、金着せの技法を駆使して、豪華絢爛な鉄鐔を作り出していました。

青木金家は、鉄鐔製作において、これらの特徴を持っていました。これらの特徴を活かすことで、青木金家は、強度と靭性を兼ね備えた、精巧な彫刻を施した、金着せの鉄鐔を作り出していました。青木金家の鉄鐔は、江戸前期の鐔工の中でも、特に優れたものとして評価されています。

タイトルとURLをコピーしました