田村直翁と江戸時代の絵画

田村直翁と江戸時代の絵画

田村直翁の生涯と作品

田村直翁の生涯と作品

-田村直翁の生涯と作品-

田村直翁は、江戸時代中期に活躍した絵師である。名は直哉、字は子敬、通称は六郎左衛門。幼名は千之助。別号に青梅堂、竹岡、直哉、墨園、竹窩、雪嶺、竹居、方朔などがある。

直翁は、寛政3年(1791年)に、陸奥国仙台藩領の村田郡大谷村(現在の宮城県村田町)に生まれた。幼い頃から絵を好み、仙台藩の御用絵師であった瀬川竹山に師事して絵を学んだ。文政2年(1819年)に江戸に遊学し、谷文晁に師事してさらに絵の腕を磨いた。

谷文晁の門下で直翁は、多くの絵を制作した。その代表作の一つが、文政12年(1829年)に描いた「月に雁の図」である。この絵は、月明かりの下に雁が飛ぶ様子を描いたもので、直翁の繊細な筆遣いと優美な色彩感覚が遺憾なく発揮されている。

直翁は、天保2年(1831年)に仙台藩の御用絵師に任命された。御用絵師として、直翁は藩主の肖像画や屏風絵など、多くの作品を制作した。また、絵画の指導にもあたり、多くの弟子を育てた。

直翁は、嘉永4年(1851年)に61歳で死去した。直翁の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、その優れた画技は今日でも高く評価されている。

-代表作-

* 月に雁の図(文政12年)
* 仙台藩主伊達斉宗像(天保2年)
* 月夜観梅図(天保15年)
* 雪中双鶴図(嘉永元年)
* 山水図(嘉永3年)

曾我直庵門下での修業

曾我直庵門下での修業

曾我直庵門下での修業

田村直翁は、1762年に江戸で生まれた画家です。本名は田村政五郎と言い、直翁は号です。幼い頃から絵を描き始め、16歳の時に曾我直庵の門下に入りました。曾我直庵は、狩野派の画家で、当時江戸で最も人気のある画家のひとりでした。直翁は直庵に師事して、狩野派の画風を学びました。直庵は直翁の才能を高く評価しており、直翁は直庵のもとで急速に画力を伸ばしました。

直翁は19歳の時に、直庵の推薦で江戸城に召し抱えられました。江戸城では、将軍や大名の肖像画や、屏風絵などを描きました。直翁は江戸城で活躍し、高い評価を受けました。また、直翁は直庵の死後に、曾我派の二代目を継ぎました。直翁は曾我派の画家として、多くの作品を残しました。直翁の作品は、写実的で精巧な画風で知られています。直翁は、狩野派の画風を学びながら、独自の画風を確立しました。

直翁は、1833年に江戸で亡くなりました。享年72歳でした。直翁は、江戸時代を代表する画家のひとりです。直翁の作品は、現在も多くの美術館に所蔵されており、多くの人々に親しまれています。

「鷹図押絵貼屏風」の魅力

「鷹図押絵貼屏風」の魅力

「鷹図押絵貼屏風」の魅力

田村直翁(1743年 – 1818年)は、江戸時代後期の絵師、浮世絵師、戯作者です。さまざまなジャンルで活躍し、鳥居派の最後の巨匠とも称されています。その中でも、特に有名なのが「鷹図押絵貼屏風」です。

「鷹図押絵貼屏風」は、その名の通り、鷹をモチーフにした押絵貼屏風です。押絵貼屏風とは、布や紙などの素材を貼り合わせて作られた屏風のことです。田村直翁は、この押絵貼屏風に、鷹の勇猛な姿を巧みに表現しています。

「鷹図押絵貼屏風」の魅力は、なんといってもそのリアルさです。田村直翁は、鷹の羽の一本一本に至るまで、細部まで丁寧に描き込んでいます。その結果、まるで生きているかのような鷹が描かれています。

また、「鷹図押絵貼屏風」の魅力は、その躍動感です。鷹は、鋭い目つきで獲物を狙い、鋭い爪で獲物を捕らえています。その姿は、見る者に迫力を与えます。

「鷹図押絵貼屏風」は、田村直翁の代表作であり、江戸時代を代表する浮世絵の一つです。そのリアルさと躍動感は、見る者に強い印象を与えます。

タイトルとURLをコピーしました