「岸本景春」について

「岸本景春」について

生い立ちと経歴

生い立ちと経歴

-# 「岸本景春」について
— 生い立ちと経歴

岸本景春は、1404年に京都で生まれた画家です。父は画家の岸本盛春で、岸本派の絵画の伝統を継承しました。15歳で足利義持の御用絵師となり、1429年には応永の乱で功績を上げ、従五位下河内守に叙任されました。1432年には室町幕府の奉行人となり、1441年には左衛門尉に任命されました。1453年には、足利義政の命で相国寺の障壁画を制作し、1460年には、銀閣寺の障壁画を制作しました。1472年に死去。

岸本景春は、山水画と人物画を得意とし、その作品は、繊細な線描と鮮やかな色彩で知られています。また、景春は、画論にも通じており、その著書『山水図会』は、江戸時代の画家たちに大きな影響を与えました。

岸本景春は、室町時代を代表する画家の一人で、その作品は、現在でも多くの美術館に所蔵されています。

帝展入選と特選

帝展入選と特選

-# 帝展入選と特選

岸本景春は、帝展(帝国美術展覧会)に1916(大正5)年の第4回帝展から出品。そのときに出品した《朝餐》が帝展初入選を果たした。以後、1919(大正8)年第7回まで入選を果たしている。

1922(大正11)年の第10回帝展では、《沐浴》が特選に選ばれた。この作品は、文部省が買い上げて東京国立近代美術館に収蔵された。第12回帝展では《読書》が特選となり、同じく文部省に買い上げられて国立西洋美術館に収蔵された。第14回帝展でも《静思》が特選に選ばれたが、文部省は購入しなかった。

岸本景春は、帝展で3回も特選を受賞した画家である。これは、帝展史上でも稀な快挙である。帝展での成功は、岸本景春の才能を世に知らしめた。

帝展での成功により、岸本景春は画家として大きな名声を得た。その後も、帝展に出品し続け、1935(昭和10)年の第19回帝展で、最高賞である帝室賞を受賞した。

帝展は、日本の近代美術の発展に大きな役割を果たした美術展覧会である。岸本景春は、帝展に積極的に出品し、その成功により、近代美術の発展に貢献した。

芸術院賞受賞

芸術院賞受賞

-芸術院賞受賞-

岸本景春氏は、1954年に芸術院賞を受賞しました。これは、日本の芸術界で最も権威のある賞のひとつであり、岸本氏の芸術活動が広く認められたことを意味します。受賞理由は、「日本画における新しい表現を追求し、独自の画風を確立した」というものでした。

岸本氏は、1929年に京都に生まれ、京都市立芸術大学で日本画を学びました。卒業後は、京都市立芸術大学や東京芸術大学の講師を務めながら、精力的に作品を制作しました。

岸本氏の作品は、伝統的な日本画の技法をベースにしながら、大胆な構図や鮮やかな色彩を用いて、独自の画風を確立しました。特に、花や鳥をモチーフにした作品が多く、その繊細な描写と大胆な構図が特徴的です。

岸本氏の作品は、国内外で高い評価を受けており、多くの美術館やギャラリーで所蔵されています。また、国際的な展覧会にも数多く出品されており、日本の芸術を世界に発信する役割を果たしています。

岸本氏の芸術院賞受賞は、氏の芸術活動が広く認められたことを意味し、日本の芸術界に大きな影響を与えました。氏の作品は、今もなお多くの人々に愛されており、日本の芸術文化の発展に貢献し続けています。

タイトルとURLをコピーしました