「大倉舜二」

「大倉舜二」

川合玉堂の孫

川合玉堂の孫

-大見出し「「大倉舜二」」-

-小見出し「川合玉堂の孫」-

大倉舜二氏は、日本の画家、彫刻家、工芸家である。川合玉堂の孫であり、大倉集古館の館長を務めた。1895年、東京に生まれた。父は川合玉堂の次男で、大倉集古館の初代館長である川合玉堂の二男である。母は、大倉財閥の創業者である大倉喜八郎の娘である。

舜二氏は、1918年に東京美術学校を卒業後、フランスに留学した。そこで、ロダンやマチスなどの作品に触れ、感銘を受けた。1922年に帰国後は、独自の画風を確立し、国内外で活躍した。1955年に、大倉集古館の館長に就任した。

舜二氏は、1975年に死去した。享年80歳。

舜二氏の作品は、大倉集古館をはじめ、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館など、日本国内の多くの美術館に収蔵されている。また、海外の美術館にも収蔵されており、その功績は世界的に認められている。

舜二氏は、川合玉堂の孫として生まれたが、芸術家としての才能は祖父に劣らなかった。独自の画風を確立し、国内外で活躍した偉大な芸術家である。

講談社出版文化賞,日本写真協会年度賞受賞

講談社出版文化賞,日本写真協会年度賞受賞

「大倉舜二」

講談社出版文化賞,日本写真協会年度賞受賞

講談社出版文化賞

大倉舜二氏は、2017年に講談社出版文化賞を受賞しました。この賞は、講談社が出版した書籍の中から、特に優れた作品に贈られるもので、大倉氏は写真集『JAPAN COLORS』で受賞しました。

日本写真協会年度賞

大倉舜二氏は、2018年に日本写真協会年度賞を受賞しました。この賞は、日本写真協会が主催する写真コンテストで、大倉氏は「JAPAN COLORS」で最高賞を受賞しました。

大倉舜二氏の写真

大倉舜二氏は、日本の写真家で、主に風景写真を撮影しています。

大倉氏の作品は、日本の自然の美しさと多彩さを表現しており、国内外で高い評価を得ています。

大倉氏の作品は、国内外の美術館やギャラリーで展示されており、また、写真集としても出版されています。

大倉舜二氏の受賞歴

大倉舜二氏は、数多くの賞を受賞しており、主なものを以下に示します。

・講談社出版文化賞(2017年)

・日本写真協会年度賞(2018年)

・コニカミノルタフォトアワード(2019年)

・東京国際写真ビエンナーレ(2020年)

大倉舜二氏の今後の活動

大倉舜二氏は、今後も写真撮影を続けていく予定であり、新しい作品を発表し続ける予定です。

また、大倉氏は、写真展や講演会などにも積極的に参加しており、写真の魅力を多くの人に伝えています。

大倉舜二氏の作品は、日本の自然の美しさと多彩さを表現しており、国内外で高い評価を得ています。

これからも大倉氏の活躍に期待が高まります。

タイトルとURLをコピーしました