合川珉和-江戸時代後期の浮世絵師

合川珉和-江戸時代後期の浮世絵師

岸駒に絵を学ぶ

岸駒に絵を学ぶ

-江戸時代後期の浮世絵師 大見出し「合川珉和」-

合川珉和(ごうかわ みんわ)は、江戸時代後期の浮世絵師です。合川珉和は、寛政10年(1798年)に江戸で生まれました。本名は合川藤助(ごうかわとうすけ)といい、珉和は雅号です。

-岸駒に絵を学ぶ-

合川珉和は、岸駒(1736-1818年)に絵を学びました。岸駒は、円山応挙(1734-1795年)の弟子で、京都で活躍した画家です。岸駒は、合川珉和に、円山応挙の画風である写生を重んじる画風を教えました。

合川珉和は、岸駒に師事したことで、写生を重視する画風を身につけました。合川珉和は、風景画や風俗画を得意とし、その作品は写実的で、細部まで丁寧に描かれています。また、合川珉和は、役者絵も得意とし、その作品は役者の表情や仕草を生き生きと表現しています。

合川珉和は、天保11年(1840年)に43歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在も多くの美術館に収蔵されており、人々から愛され続けています。

合川珉和は、岸駒に師事したことで、写生を重視する画風を身につけました。合川珉和の作品は、風景画や風俗画、役者絵など様々なジャンルに及び、その作品は写実的で、細部まで丁寧に描かれています。合川珉和は、天保11年(1840年)に43歳で亡くなりましたが、その作品は現在も多くの美術館に収蔵されており、人々から愛され続けています。

北川春成とともに挿絵を描く

北川春成とともに挿絵を描く

北川春成とともに挿絵を描く

合川珉和は、北川春成が執筆した3つの読本に挿絵を描いており、珉和の名を一躍高めることとなった。その作品は、読本文学の新しい境地を開いたとして名高く、当時の読者から絶賛された。

1つ目は、天明3年(1783年)に刊行された『春色梅児誉美』。これは、春成の代表作ともいえる作品で、若者たちの恋愛や冒険を描いた物語である。珉和は、この作品に全24図の挿絵を描き、春成が描いた物語の世界を鮮やかに表現した。

2つ目は、寛政4年(1792年)に刊行された『春色辰巳園』。これは、京都を舞台にした恋愛を描いた物語である。珉和は、この作品に全20図の挿絵を描き、京都の街の風景や人物の心情を巧みに表現した。

3つ目は、寛政10年(1798年)に刊行された『春色里艶美』。これは、遊里を舞台にした恋愛を描いた物語である。珉和は、この作品に全26図の挿絵を描き、遊里の情景や遊女たちの姿を描写した。

珉和が描いた挿絵は、「合川体」とも呼ばれ、その独特の画風は当時の浮世絵に大きな影響を与えた。珉和の挿絵は、春成の小説の読者層を拡大し、浮世絵の新しい表現の可能性を示した。

文政4年9月25日に死去

文政4年9月25日に死去

-文政4年9月25日に死去-

合川珉和は、文政4年(1821年)9月25日に死去した。享年62。墓所は、東京都港区の泉岳寺にある。

珉和の死後、彼の作品は多くの浮世絵師に影響を与えた。特に、歌川国芳は珉和の作品を高く評価し、彼の画風に影響を受けて多くの作品を制作した。また、葛飾北斎も珉和の作品を気に入り、彼の画風に影響を受けて多くの作品を制作した。

珉和の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されている。また、彼の作品は、浮世絵の愛好家やコレクターの間でも高く評価されている。

珉和の死は、浮世絵の世界にとって大きな損失であった。しかし、彼の作品は現在でも多くの人々に愛され、浮世絵の傑作として語り継がれている。

珉和は、浮世絵の歴史の中で重要な役割を果たした浮世絵師である。彼の作品は、浮世絵の美しさと素晴らしさを多くの人に伝えることに貢献した。

タイトルとURLをコピーしました