雲林院文蔵(4代):戦国・織豊時代の陶工

雲林院文蔵(4代):戦国・織豊時代の陶工

深泥池から清水坂への移転と方広寺大仏殿の茶碗

深泥池から清水坂への移転と方広寺大仏殿の茶碗

-深泥池から清水坂への移転と方広寺大仏殿の茶碗-

雲林院文蔵は、戦国時代末期から織豊時代にかけて活躍した陶工である。それまでの瀬戸や美濃の生産地と距離を置き、京都の深泥池に窯を築いて作陶を行っていた。しかし、方広寺大仏殿の茶碗の発注を受け、大仏殿の建立が進む中、万治元年(1658年)には清水坂に移転した。

深泥池の窯跡は、現在の京都市下京区に位置する。この窯跡は、文蔵が茶碗や花器などの陶器を焼成していた場所である。深泥池の窯跡は、昭和53年(1978年)に国の史跡に指定された。

清水坂の窯跡は、現在の京都市東山区に位置する。この窯跡は、文蔵が方広寺大仏殿の茶碗を焼成していた場所である。清水坂の窯跡は、昭和54年(1979年)に国の史跡に指定された。

方広寺大仏殿の茶碗は、文蔵が方広寺大仏殿の建立に際して発注された茶碗である。この茶碗は、高さ約30cm、直径約25cmの大型の茶碗である。方広寺大仏殿の茶碗は、文蔵の代表作の一つである。

方広寺大仏殿の茶碗は、文蔵が清水坂の窯跡で焼成した。この茶碗は、文蔵の得意とする「志野焼」の技法で作られている。志野焼は、白い釉薬をかけた陶器である。方広寺大仏殿の茶碗は、白釉の表面に鉄絵で模様を描いている。

方広寺大仏殿の茶碗は、現在、京都国立博物館に所蔵されている。この茶碗は、文蔵の作陶技術の高さを示す貴重な資料である。

文禄4年11月の死去と名

文禄4年11月の死去と名

雲林院文蔵(4代)戦国・織豊時代の陶工

文禄4年11月の死去と名

雲林院文蔵(4代)は、戦国・織豊時代の陶工です。美濃国土岐郡(現在の岐阜県土岐市)に生まれ、文禄4年(1595年)11月に死去しました。享年58。法名は「文蔵居士」。

文蔵は、3代文蔵の次男として生まれ、幼い頃から父に陶芸の技を学びました。長じてからは、父とともに美濃国で陶器を制作し、その名声を高めました。文蔵の作品は、茶人や武将の間で珍重され、特に茶碗は「雲林院茶碗」として知られています。

文蔵は、文禄4年(1595年)11月に死去しました。その死因は、はっきりとはわかっていませんが、病死または事故死ではないかと推測されています。文蔵の死後、その遺志を継いだのが、長男の文蔵(5代)です。文蔵(5代)は、父の技術を受け継ぎ、美濃国で陶器を制作し続けました。

文蔵は、その生涯を通じて、数多くの名品を世に送り出しました。その作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、その芸術性の高さから、多くの人々に愛されています。

文蔵の死後、その名は「雲林院文蔵」として知られるようになりました。これは、文蔵が晩年に美濃国土岐郡雲林院村(現在の岐阜県土岐市駄知町)に移り住み、そこで陶器を制作していたことに由来しています。

雲林院文蔵という名は、美濃焼の歴史の中でも最も有名な陶工の一人として、現在でも語り継がれています。

通称と活躍期の年号

通称と活躍期の年号

-通称と活躍期の年号-

雲林院文蔵は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した陶工です。本名は森岡清蔵であり、雲林院文蔵は号です。

雲林院文蔵は、美濃国土岐郡土岐村(現在の岐阜県土岐市)に生まれました。若い頃から陶芸を学び、20歳の頃には京都の陶工である野々村仁清のもとで修行しました。その後、独立して窯を開き、茶器や花器を中心に制作しました。

雲林院文蔵は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍したため、その作品には当時の世相が色濃く反映されています。例えば、戦国時代には、武家茶道の流行によって、茶器の需要が高まりました。雲林院文蔵は、この需要に応えるべく、様々な種類の茶器を制作しました。また、織豊時代には、南蛮貿易によって、中国やヨーロッパの陶磁器が日本に流入しました。雲林院文蔵は、これらの陶磁器を模倣した作品も制作しました。

雲林院文蔵の作品は、その斬新なデザインと精巧な技法で人気を博しました。雲林院文蔵は、茶人や大名からも愛され、多くの作品が彼らに所蔵されました。雲林院文蔵の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、その作品は国宝や重要文化財に指定されています。

以下に、雲林院文蔵の通称と活躍期の年号をまとめます。

* 通称雲林院文蔵
* 本名森岡清蔵
* 活躍期の年号戦国時代(15世紀後半~16世紀末)~織豊時代(16世紀末~17世紀初頭)

タイトルとURLをコピーしました