寺田竹雄 – 自由と美を追求した洋画家

寺田竹雄 – 自由と美を追求した洋画家

二科展で活躍した洋画家

二科展で活躍した洋画家

– 二科展で活躍した洋画家

寺田竹雄は、二科展で活躍した洋画家である。二科展は、1914年に創設された日本の美術展覧会であり、当時、官展である文部省美術展覧会(帝展)と並ぶ権威を誇っていた。寺田竹雄は、1915年に二科展に初入選し、以降、二科展に積極的に出品した。1922年には二科展の会員に推挙され、その後、二科展の理事や審査員を務めるなど、二科展を代表する洋画家として活躍した。

寺田竹雄は、主に風景画を制作した。その風景画は、写実的な表現と詩的な雰囲気を兼ね備えており、多くの美術愛好家から支持された。また、寺田竹雄は、人物画や静物画も制作した。それらの作品も、写実的な表現と詩的な雰囲気を兼ね備えており、美術界から高い評価を受けた。

寺田竹雄は、1968年に死去したが、その作品は、現在も多くの美術館や個人に所蔵されている。また、寺田竹雄の作品は、国内外の美術展覧会に出品され、多くの美術愛好家から鑑賞されている。

寺田竹雄は、自由と美を追求した洋画家であり、二科展を代表する洋画家として活躍した。その作品は、写実的な表現と詩的な雰囲気を兼ね備えており、現在も多くの美術愛好家から支持されている。

在米中に壁画を制作

在米中に壁画を制作

– 在米中に壁画を制作

寺田竹雄は1941年にアメリカに渡り、1942年にニューヨーク近代美術館に留学した。ここでは、ピカソ、マチス、ミロなどの作品に触れ、大きな影響を受けた。1943年には、アメリカの画家、マーク・ロスコと出会い、ロスコの抽象表現主義に影響を受けた。1944年にニューヨークで個展を開き、その作品は高い評価を受けた。

1945年、寺田竹雄はアメリカ政府の奨学金を得て、メキシコに滞在した。ここでは、メキシコの壁画運動に触れ、大きな影響を受けた。メキシコでは、壁画を制作し、その作品は高い評価を受けた。1946年には、アメリカに戻り、ニューヨークで個展を開いた。この個展は、大きな成功を収め、寺田竹雄の名はアメリカで知られるようになった。

1947年、寺田竹雄はアメリカ政府の奨学金を得て、ヨーロッパを旅行した。ここでは、ヨーロッパの近代美術に触れ、大きな影響を受けた。ヨーロッパでは、壁画を制作し、その作品は高い評価を受けた。1948年にアメリカに戻り、ニューヨークで個展を開いた。この個展は、大きな成功を収め、寺田竹雄の名は世界で知られるようになった。

寺田竹雄は、アメリカで壁画を制作し、その作品は高い評価を受けた。壁画は、公共の場に設置される作品であり、多くの人々に見られる可能性がある。寺田竹雄は、壁画を制作することで、多くの人々に自分の作品を見てもらい、自分の考えを伝えようとした。また、寺田竹雄は、壁画を制作することで、公共の場に美しさを加えようとした。寺田竹雄の壁画は、現在でも多くの公共の場に設置されており、多くの人々に見られている。

独自の画風を確立した芸術家

独自の画風を確立した芸術家

-独自の画風を確立した芸術家-

寺田竹雄は、1904年、兵庫県神戸市に生まれました。1924年に東京美術学校で学び始め、1928年に卒業しました。卒業後は渡欧し、フランスのパリで学びました。パリでは、アンリ・マティスやパブロ・ピカソなどの芸術家に出会い、彼らの作品に影響を受けました。

1934年に日本に帰国し、東京で画家として活動を始めました。初期の作品は具象的なものでしたが、1940年代後半から抽象的な作品を制作するようになりました。1950年代には、ニューヨークで個展を開催し、海外でも高い評価を受けるようになりました。

寺田竹雄の作品は、自由で美しいと評されています。彼は、固定観念にとらわれず、自由に絵を描き、その結果、独自の画風を確立することができました。彼の作品は、見る人に希望と喜びを与えてくれます。

寺田竹雄は、1999年、東京都で亡くなりました。享年95歳でした。彼の作品は、現在も多くの美術館に収蔵されており、人々に愛され続けています。

-寺田竹雄の代表作-

* 「母と子」(1948年)
* 「海辺の風景」(1950年)
* 「花と鳥」(1955年)
* 「抽象画」(1960年)
* 「太陽と月」(1965年)

タイトルとURLをコピーしました