田阿-土佐派の絵を好んだ絵師

田阿-土佐派の絵を好んだ絵師

江戸牛込にすみ,土佐派の絵をよくした。

江戸牛込にすみ,土佐派の絵をよくした。

田阿-土佐派の絵を好んだ絵師

江戸牛込にすみ,土佐派の絵をよくした。

田阿は、江戸時代初期の画家で、本名は田代阿波守政次といい、通称は阿波守、号は景山、白雲洞、白雲堂、雪窓堂、理蔵などです。彼は、京都で生まれ、土佐派の絵を学びました。その後、江戸に移り住み、牛込に住みました。

田阿は、土佐派の絵を好んで描き、多くの作品を残しました。彼の作品は、華麗で優美な画風が特徴で、多くの人々に愛されました。また、彼は、浮世絵にも影響を与え、浮世絵の発展に貢献しました。

田阿は、享保11年(1726年)に亡くなりました。享年73でした。彼の墓は、東京都文京区の護国寺にあります。

田阿は、江戸時代初期の代表的な画家の一人で、土佐派の絵の発展に大きな貢献をした人物です。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛され、高く評価されています。

寛政7年(1795)大火の際,狩野探幽の軸物をせおって近所の大田南畝のもとに避難。

寛政7年(1795)大火の際,狩野探幽の軸物をせおって近所の大田南畝のもとに避難。

寛政7年(1795)大火の際,狩野探幽の軸物をせおって近所の大田南畝のもとに避難。

寛政7年(1795)に起きた大火は、江戸城から日比谷にかけての広範囲を焼き尽くした大火でした。この大火の際、絵師の田阿は、狩野探幽の軸物をせおって、近所の友人の大田南畝のもとに避難しました。

田阿は、土佐派の絵師で、狩野派の絵師である探幽を敬愛していました。探幽の軸物は、田阿にとって大切なものであり、大火から守りたいという一心で、危険をかえりみずに持ち出したのでした。

大田南畝は、田阿の行為に感銘を受け、田阿の才能を高く評価しました。南畝は、田阿を自分の弟子として迎え入れ、絵の指導を行いました。田阿は、南畝のもとで多くのことを学び、後に南畝を超えるほどの絵師となりました。

田阿のエピソードは、田阿の絵に対する情熱と、友人を大切にする心意気を物語っています。また、南畝の田阿に対する温かなまなざしと、田阿の才能を見抜く慧眼を垣間見ることができます。

火のせまるのもかまわずその絵の妙所を解説し,絵仏師良秀以来の画家と南畝を感心させたという。

火のせまるのもかまわずその絵の妙所を解説し,絵仏師良秀以来の画家と南畝を感心させたという。

田阿-土佐派の絵を好んだ絵師

小見出し火のせまるのもかまわずその絵の妙所を解説し、絵仏師良秀以来の画家と南畝を感心させたという。

田阿は江戸時代の画家であり、土佐派の絵を好んで収集していました。彼は絵画の鑑定にも優れており、多くの作品を鑑定しました。また、彼は絵画の制作にも携わり、多くの作品を残しています。

ある日、田阿が絵の鑑定をしていると、火事が発生しました。火の手は迫りくるものの、田阿は絵の鑑定に夢中で、火事のことは気にも留めませんでした。

すると、そこに南畝が通りかかり、田阿の様子を見て驚きました。南畝は田阿に「火事だぞ、逃げろ!」と声をかけましたが、田阿は「今、絵の鑑定をしているところだ。火事はあとにしてくれ」と答えました。

南畝は田阿の熱心さに感心し、火事が収まるまで田阿と一緒に絵の鑑定をしました。火事が収まった後、南畝は田阿に「あなたは絵を愛する心が強いですね。私も絵が好きなので、いつかあなたの絵を見せてください」と言いました。

田阿は南畝の言葉を聞いて喜び、後日、南畝に自分の絵を披露しました。南畝は田阿の絵を見てその才能を認め、「あなたは絵仏師良秀以来の画家だ」と絶賛しました。

田阿は南畝の言葉に感動し、ますます絵画の制作に励みました。そして、彼は多くの名作を残して、後世の人々に影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました