北向雲竹

北向雲竹

北向雲竹の生い立ちと経歴

北向雲竹の生い立ちと経歴

北向雲竹の生い立ちと経歴

北向雲竹は、1906年(明治39年)8月12日に、北海道札幌市で生まれました。本名は北向竹蔵ですが、芸名として雲竹を名乗りました。

幼少期から音楽に親しみ、11歳の時に、札幌交響楽団の首席バイオリニストの元に弟子入りしました。そこでバイオリンの基礎を学び、15歳の時に、東京音楽学校(現・東京芸術大学)に入学しました。

東京音楽学校では、バイオリンを専攻し、1925年(大正14年)に卒業しました。卒業後は、帰郷して、札幌交響楽団に入団しました。

1928年(昭和3年)に、単身でヨーロッパに渡り、ベルリン音楽大学に入学しました。そこでバイオリンの研鑽を積み、1931年(昭和6年)に卒業しました。

卒業後は、ヨーロッパ各地で演奏活動を行い、1935年(昭和10年)に帰国しました。帰国後は、札幌交響楽団のコンサートマスターに就任し、1941年(昭和16年)までその任に就きました。

1941年(昭和16年)に、再びヨーロッパに渡り、第二次世界大戦終戦後の1947年(昭和22年)まで演奏活動を行いました。

1947年(昭和22年)に帰国後も、演奏活動と後進の指導に励みました。1962年(昭和37年)に、札幌交響楽団の常任指揮者に就任し、1972年(昭和47年)までその任を務めました。

1972年(昭和47年)に引退し、1983年(昭和58年)に逝去しました。

書家としての活躍と功績

書家としての活躍と功績

-# 北向雲竹書家としての活躍と功績

北向雲竹は、江戸時代中期の京都の書家である。

雲竹は、1705年(宝永2年)に京都の寺町通夷川上ルに生まれた。名は守常、字は子武、号は雲竹、別号に幽竹、冠峯、玄幻、澹叟、悟雲、白雲竹などがある。

雲竹は、幼少の頃から書を好み、10歳の頃には既にその才能を現していたという。15歳の頃、京の書家である貫名海屋に師事し、書を学ぶ。

雲竹は、貫名海屋のもとで書を学び、また、臨書や研究を重ねることで、独自の書風を確立していった。雲竹の書風は、力強く、しかも優美で、当時の書家の中でも屈指の腕前を誇った。

雲竹は、書家として活躍する一方で、書道の普及にも努めた。雲竹は、京都に書塾を開き、多くの弟子を育てた。また、雲竹は、書論や書評を著し、書道の理論面でも大きな貢献を果たした。

雲竹の書は、その力強さと優美さで、多くの人々に愛された。また、雲竹の書論や書評は、書道の理論面でも大きな影響を与えた。

雲竹は、1770年(明和7年)に66歳で亡くなった。しかし、雲竹の書は、現在でもなお多くの人々に愛され、書道の歴史に残る名作として高く評価されている。

和歌、俳諧、篆刻への造詣の深さ

和歌、俳諧、篆刻への造詣の深さ

-北向雲竹の和歌、俳諧、篆刻への造詣の深さ-

北向雲竹は、江戸時代後期の文人画家であり、和歌、俳諧、篆刻にも造詣が深かった人物です。彼の作品は、文人画の粋を集めたものであり、日本の美術史上において重要な位置を占めています。

-和歌-

雲竹は、和歌を幼少の頃から学び、10代の頃から作歌を始めています。彼の和歌は、古今和歌集や新古今和歌集などの古典を範としており、優美で繊細な作風が特徴です。また、雲竹は和歌の理論にも通じており、歌論書『雲竹和歌集抄』を著しています。

-俳諧-

雲竹は、俳諧を松尾芭蕉に師事して学びました。芭蕉の死後は、蕉門の俳人として活躍し、多くの俳句を創作しました。雲竹の俳句は、芭蕉の俳諧精神を継承したものであり、自然を詠んだものが多いのが特徴です。

-篆刻-

雲竹は、篆刻を中国の篆刻家である鄧石如に師事して学びました。鄧石如の死後は、篆刻家として活躍し、多くの篆刻作品を制作しました。雲竹の篆刻は、鄧石如の篆刻様式を踏襲したものであり、精緻で力強い作風が特徴です。

雲竹は、和歌、俳諧、篆刻のいずれの分野においても第一人者であり、その作品は日本の美術史上において重要な位置を占めています。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛されており、彼の芸術精神は現代の文人画家に影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました