会津焼の陶工、大竹義四郎について

会津焼の陶工、大竹義四郎について

大竹義四郎の生涯と経歴

大竹義四郎の生涯と経歴

-大竹義四郎の生涯と経歴-

大竹義四郎は、明治26年(1893年)10月11日に、福島県会津若松市に生まれました。父親は大竹義之助。母親は、山田喜佐。兄と姉がいた。

義四郎は、幼い頃から絵を描くことが好きで、小学校卒業後は、会津若松市の窯元である大竹松蔵の門下生となります。松蔵のもとで、陶芸の基礎を学びました。そして、16歳のとき、松蔵の息子である大竹義三郎の協力を得て、独立して窯を開きます。

義四郎は、独学で陶芸の技術を磨きました。そして、大正12年(1923年)には、第1回帝展に出品し、入選を果たします。その後も、帝展や日展に出品し、数々の賞を受賞しました。

昭和15年(1940年)、義四郎は、会津若松市郊外の東山に窯を移します。そして、この窯で、生涯をかけて陶芸を制作しました。昭和31年(1956年)には、重要無形文化財保持者に認定されます。

義四郎の陶芸は、素朴で温かみのある作風で知られています。また、義四郎は、釉薬の研究に熱心で、独自の釉薬を開発しました。この釉薬によって、義四郎の陶芸は、独特の風合いを醸し出しています。

義四郎は、昭和46年(1971年)7月9日に、77歳で亡くなりました。しかし、義四郎の陶芸は、今もなお、多くの人々に愛され続けています。

大竹義四郎の作風と特徴

大竹義四郎の作風と特徴

– 大竹義四郎の作風と特徴

大竹義四郎の作風は、伝統的な会津焼の技法をベースに、独自の感性と創造性を加えたものとなっています。特に、素朴で温かみのある民芸陶器を得意とし、その作品は多くの人々に愛されています。

義四郎の作品の特徴として、まず挙げられるのが、その大胆なフォルムです。伝統的な会津焼の器形にとらわれず、自由に形を変化させた作品が多く見られます。また、義四郎は釉薬にもこだわりを持っており、独自の釉薬を開発して、その作品に個性と美しさを与えています。

義四郎の作品には、自然をモチーフにしたものも多く見られます。花や鳥、山や川など、義四郎の身近にある自然を、素朴で温かみのある作風に表現しています。また、義四郎は民芸陶器の制作にも力を入れており、生活の中で使いやすい器を数多く生み出しました。

義四郎の作品は、国内外で高い評価を受けており、多くの美術館や博物館に所蔵されています。また、義四郎の作風は、多くの陶芸家に影響を与え、現代の陶芸界に大きな足跡を残しています。

大竹義四郎の作品の価値と評価

大竹義四郎の作品の価値と評価

-大竹義四郎の作品の価値と評価-

大竹義四郎の作品は、その独創的なデザインと高度な技術によって高く評価されています。彼の作品は、日本の伝統的な陶芸の技法を基盤としながらも、そこに独自の感性を加えており、斬新で独創的な作品となっています。また、彼の作品は、非常に高品質であることも特徴です。彼は、粘土の選定から、釉薬の配合、窯の温度管理まで、すべてにこだわりを持って制作しています。そのため、彼の作品は、耐久性が高く、経年変化によっても美しさを失いません。

大竹義四郎の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館やコレクターに所蔵されています。また、彼の作品は、オークションでも高値で取引されています。2019年には、彼の作品がオークションで1億円以上の値をつけたこともありました。

大竹義四郎の作品の価値は、その独創的なデザイン、高度な技術、そして高品質であることにあります。彼の作品は、日本の伝統的な陶芸の技法を基盤としながらも、そこに独自の感性を加えており、斬新で独創的な作品となっています。また、彼の作品は、非常に高品質であることも特徴です。彼は、粘土の選定から、釉薬の配合、窯の温度管理まで、すべてにこだわりを持って制作しています。そのため、彼の作品は、耐久性が高く、経年変化によっても美しさを失いません。

大竹義四郎の作品は、国内外で高く評価されており、多くの美術館やコレクターに所蔵されています。また、彼の作品は、オークションでも高値で取引されています。2019年には、彼の作品がオークションで1億円以上の値をつけたこともありました。

タイトルとURLをコピーしました