大竹省二 – 昭和-平成時代の写真家

大竹省二 – 昭和-平成時代の写真家

戦後における女優や歌手の撮影

戦後における女優や歌手の撮影

— 戦後における女優や歌手の撮影

戦後間もない時期に、大竹省二は女優や歌手の撮影を多く手がけ、彼らが新しい時代を象徴する存在であると認識していた。彼の代表作には、女優の高峰秀子や原節子、歌手の大江千里や中島みゆきなどが写った写真がある。これらの写真は、大竹の優れたポートレート技術と、被写体の個性を引き出す能力を証明している。

大竹省二の写真は、日本の女優や歌手の歴史を記録する貴重な資料であり、日本人の美意識の変遷を知る上でも重要な資料である。

以下は、戦後における大竹省二が女優や歌手の撮影をした代表作の一部である。

* 高峰秀子(1946年)
* 原節子(1947年)
* 大江千里(1983年)
* 中島みゆき(1985年)

これらの写真は、大竹省二の優れたポートレート技術と、被写体の個性を引き出す能力を証明しており、日本人の美意識の変遷を知る上でも重要な資料である。

日本青年写真家協会の結成とフリーランスへの転向

日本青年写真家協会の結成とフリーランスへの転向

-日本青年写真家協会の結成とフリーランスへの転向-

1958年、大竹省二はカメラ雑誌「フォトタイムス」を創刊した際に、同じくカメラ雑誌「アサヒカメラ」の編集者だった浅沼圭司とともに、日本青年写真家協会を結成した。協会は写真家の地位向上と写真文化の発展を目指して、写真展の開催や写真集の発行、写真コンテストの開催など、さまざまな活動を行った。

また、大竹は同じ年に東京の広告写真スタジオである「太陽工房」を退社し、フリーランスの写真家として活動を開始した。フリーランスとして活動するようになった大竹は、雑誌や新聞、広告などで活躍し、その作品は高く評価された。また、1960年には、「学生の眼」という写真展で、学生時代の作品を発表し、大きな話題となった。

大竹はフリーランスとして活動する傍ら、日本青年写真家協会の活動にも積極的に参加した。協会の会長を務め、写真展や写真コンテストの開催、写真集の発行など、協会の活動に尽力した。また、大竹は写真評論家としても活躍し、写真雑誌や新聞に写真評論を寄稿した。

大竹はフリーランスとして活躍する傍ら、日本青年写真家協会の活動にも積極的に参加した。協会の会長を務め、写真展や写真コンテストの開催、写真集の発行など、協会の活動に尽力した。また、大竹は写真評論家としても活躍し、写真雑誌や新聞に写真評論を寄稿した。

人物写真,とくに女性のポートレートでの功績

人物写真,とくに女性のポートレートでの功績

人物写真、とくに女性のポートレートでの功績

大竹省二は人物写真、とくに女性のポートレートにおいて高い評価を得た写真家です。1926年に東京で生まれ、戦後、日本写真専門学校を卒業。1955年に独立し、フリーランスとして活動を開始しました。

大竹省二は、写真雑誌「アサヒカメラ」や「カメラ毎日」などで活躍し、多くの写真家たちと交流を持ちました。また、1960年に結成された「現代写真家集団」のメンバーとして、日本の写真界をリードする存在となりました。

大竹省二の作品は、女性たちの自然な美しさを捉えたものが多いのが特徴です。彼は、スタジオで撮影することよりも、被写体の自然な姿を撮るために、屋外で撮影することを好みました。また、被写体との距離を縮めるために、長時間かけてコミュニケーションを取り、信頼関係を築き上げました。

大竹省二の写真作品は、国内外の美術館やギャラリーで展示され、多くの写真賞を受賞しています。また、著書も多数出版しており、写真界に大きな影響を与えました。

大竹省二の代表的な写真作品として、「公園の少女」(1953年)、「海辺の少女」(1955年)、「夏の少女」(1956年)、「冬の少女」(1957年)などがあります。これらの作品は、いずれも少女の自然な美しさを捉えたもので、大竹省二の女性ポートレートの傑作として知られています。

大竹省二は、2014年に88歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお、写真界に受け継がれています。彼の作品は、今もなお多くの人々に愛され続けています。

タイトルとURLをコピーしました