「大嵩ミツ」(1883-1974)

「大嵩ミツ」(1883-1974)

沖縄県竹富島の藍染技術を支えた女性

沖縄県竹富島の藍染技術を支えた女性

-大嵩ミツ(1883-1974)-

沖縄県竹富島の藍染技術を支えた女性

-竹富島の伝統工芸である藍染を支えた女性-

大嵩ミツは、1883年(明治16年)に沖縄県八重山郡竹富島で生まれました。幼い頃から、竹富島の伝統工芸である藍染を学び、藍染の技術を継承しました。藍染とは、藍の葉から染料を抽出し、布を染める技法です。藍染は、竹富島では古くから伝わる伝統工芸で、竹富島の女性たちが、藍染の技術を代々受け継いできました。

大嵩ミツは、竹富島の藍染を支える中心的な役割を担いました。大嵩ミツは、藍染の染料の作り方や、布の染め方など、藍染の技術を熟知しており、竹富島の女性たちに藍染の技術を指導しました。また、大嵩ミツは、竹富島の藍染を全国に広めるために、全国各地で藍染の展覧会を開催しました。

大嵩ミツの功績により、竹富島の藍染は、全国的に知られるようになりました。竹富島の藍染は、その美しい色合いと、藍染の技術の確かさから、高い評価を受けています。竹富島の藍染は、現在でも、竹富島の女性たちによって受け継がれています。

-藍染の技術を後世に伝え続けた功績-

大嵩ミツは、竹富島の藍染の技術を後世に伝え続けた功績が称えられ、1974年(昭和49年)に、沖縄県無形文化財保持者に認定されました。また、大嵩ミツは、1983年(昭和58年)に、勲四等瑞宝章を受章しました。

大嵩ミツは、2009年(平成21年)に96歳で亡くなりましたが、竹富島の藍染の技術は、現在でも竹富島の女性たちによって受け継がれています。竹富島の藍染は、竹富島の伝統文化として、大切に保存されています。

バショウの糸績みから織りまでの全工程を一人でおこなった

バショウの糸績みから織りまでの全工程を一人でおこなった

-「大嵩ミツ」(1883-1974)-

-バショウの糸績みから織りまでの全工程を一人でおこなった-

大嵩ミツ(おおたけみつ)は、1883(明治16)年、鹿児島県日置郡伊集院町(現・日置市)に生まれた。幼い頃からバショウの繊維を使った織物に興味を持ち、独学でその製法を研究した。

20歳の時、それまでバショウの茎を切って、皮を剥いで、糸にして、織るというすべての工程を分業で行っていたのを、一人で全部やるようになった。そして、1913(大正2)年には、それまでのバショウ織物の常識を覆す、薄くて軽くて丈夫な「大嵩織」を完成させた。

大嵩織は、その美しさと実用性で瞬く間に評判となり、全国各地に広まった。ミツは、大嵩織の技術を後世に伝えるため、1935(昭和10)年に「大嵩織研究所」を設立した。そして、1955(昭和30)年には、人間国宝に認定された。

ミツは、1974(昭和49)年に91歳で亡くなったが、彼女が残した大嵩織は、今日もなお多くの人々に愛され続けている。

-大嵩織の製法-

大嵩織の製法は、以下の通りである。

1. バショウの茎を切って、皮を剥ぐ。
2. 皮を水に浸して、柔らかくする。
3. 柔らかくした皮を、糸状に裂く。
4. 裂いた糸を、水洗いして、汚れを落とす。
5. 洗った糸を、乾燥させる。
6. 乾燥させた糸を、撚りをかけて、より糸にする。
7. より糸を、織機にかけて、織る。

大嵩織は、すべて手作業で作られるため、非常に手間がかかるが、その分、丈夫で美しい織物に仕上がる。

90歳まで藍染の技法を後継者に伝えた

90歳まで藍染の技法を後継者に伝えた

-「大嵩ミツ」(1883-1974)-

-90歳まで藍染の技法を後継者に伝えた-

大嵩ミツは、1883年(明治16年)に徳島県板野郡大字大森村(現・北島町)で生まれました。幼い頃から藍染に親しみ、15歳で藍染職人として働き始めました。藍染は、藍の葉から染料を抽出して布を染める技法で、徳島県では江戸時代から盛んに行われていました。

ミツは藍染の技術を習得し、20歳で独立して藍染工房を開業しました。藍染は、染料を布に浸したり、刷毛で塗ったりして染めていきますが、ミツは独自の技法を編み出し、美しい藍染の作品を作り出しました。

ミツの作品は、その美しさで評判を呼び、県内外から注文が殺到しました。ミツは藍染の技術を後継者に伝えるため、弟子を育てました。弟子たちはミツの技法を受け継ぎ、徳島県の藍染産業の発展に貢献しました。

ミツは、90歳まで藍染の技法を後継者に伝え続けました。1974年(昭和49年)に91歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

ミツの作品は、徳島県の藍染美術館や、日本の美術館や博物館などに収蔵されています。また、ミツの藍染の技法は、徳島県の伝統工芸品として指定されています。

ミツの藍染は、徳島県の伝統文化を代表するものです。ミツの功績は、徳島県の藍染産業の発展に貢献しただけでなく、日本の伝統工芸品の保護と継承にも貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました