人名辞典-「江川利政(初代)」

人名辞典-「江川利政(初代)」

安永3年生まれの筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩抱え工

安永3年生まれの筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩抱え工

-安永3年生まれの筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩抱え工-

安永3年(1774年)に筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩の抱え工として生まれた江川利政(初代)は、幼少期より藩の工事に携わり、土木や建築の技術を身につけていった。特に、藩の治水事業に貢献し、筑後川や矢部川などの河川改修工事において、卓越した技術を発揮した。

また、江川利政(初代)は、久留米藩の藩校「明善堂」の建設にも携わり、その堅牢な造りや美しい意匠は、今日でも称賛されている。明善堂は、久留米藩の教育と文化の発展に大きな役割を果たし、江川利政(初代)の功績を物語っている。

さらに、江川利政(初代)は、久留米藩の産業振興にも貢献し、特産の久留米絣(かすり)の生産を奨励した。久留米絣は、その丈夫さと美しい染色が特徴で、やがて全国各地に出荷されるようになり、久留米藩の財政を支えた。

江川利政(初代)は、土木や建築、産業振興など、久留米藩の発展に多大な貢献をした人物である。その功績は、今日でも久留米市に残る多くの歴史的建造物や産業に受け継がれている。

-江川利政(初代)の功績-

* 筑後川や矢部川などの河川改修工事において、卓越した技術を発揮した。
* 久留米藩の藩校「明善堂」の建設に携わり、堅牢な造りや美しい意匠を実現した。
* 久留米藩の産業振興に貢献し、特産の久留米絣(かすり)の生産を奨励した。
* 久留米藩の発展に多大な貢献をした人物であり、その功績は今日でも久留米市に残る多くの歴史的建造物や産業に受け継がれている。

2代一柳友善にまなぶ

2代一柳友善にまなぶ

-江川利政(初代)-

-2代一柳友善にまなぶ-
 江川利政(初代)は、江戸時代前期の大名であり、播磨国姫路藩の初代藩主である。幼名は千代松、通称は平三郎。初名は太郎兵衛。
 利政は、永禄5年(1562年)、三河国吉田城(現在の愛知県豊橋市)で、松平氏の一族である松平家忠の次男として生まれた。家忠は、徳川家康の家臣であり、利政も幼い頃から家康に仕えた。
 天正8年(1580年)、利政は家康の命により、織田信長に謁見した。信長は、利政の武勇を高く評価し、播磨国姫路城を与えた。利政は、姫路城を本拠地として、播磨国を統治した。
 利政は、豊臣秀吉にも仕え、九州征伐や朝鮮出兵にも従軍した。秀吉の死後、利政は徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いで東軍に属して活躍した。
 戦後、利政は姫路藩の藩主として、領地の統治や城の普請などを行った。また、利政は、学問を奨励し、姫路藩に藩校を創設した。

-2代一柳友善にまなぶ-
 利政は、2代一柳友善(宗具)に兵法を学んだ。友善は、美濃国大垣藩の初代藩主であり、徳川四天王の一人である。利政は、友善から兵法を学び、姫路藩の軍備を強化した。
 利政は、友善から学んだ兵法を活かして、関ヶ原の戦いで東軍に属して活躍した。利政は、小早川秀秋の謀反を見破って東軍に知らせ、東軍の勝利に貢献した。
 利政は、戦後、姫路藩の藩主として領地の統治や城の普請などを行った。また、利政は、学問を奨励し、姫路藩に藩校を創設した。
 利政は、元和9年(1623年)、62歳で死去した。利政の死後、姫路藩は息子の江川太郎左衛門忠政が継いだ。

号は宗家

号は宗家

-号は宗家-

江川利政は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。通称は八兵衛、六左衛門、治部少輔、右馬頭。官位は左衛門佐、侍従。号は宗家、心続。江川氏の祖とされており、徳川家康に仕えて功績を上げました。

利政は、永禄3年(1560年)に三河国幡豆郡江川郷(現在の愛知県西尾市)で生まれました。父は江川国政、母は吉田氏です。幼名は久八郎。江川氏は、三河国幡豆郡を本拠とする国人で、代々足利将軍家に仕えていました。

利政は、若い頃から武勇に優れており、徳川家康に仕えて数々の戦いで功績を上げました。永禄6年(1563年)の三河一向一揆では、家康方の主力として戦い、一揆勢を破りました。元亀元年(1570年)の姉川の戦いでは、織田信長方の武将・柴田勝家と一騎打ちを行い、勝家に重傷を負わせました。

天正3年(1575年)の長篠の戦いでは、家康方の先鋒として戦い、武田信玄の軍勢を破りました。この功績により、家康から感状と感状の金を賜りました。天正8年(1580年)の伊賀の乱では、家康の命を受けて伊賀国に侵攻し、伊賀国の国人領主・服部友貞を降伏させました。この功績により、家康から伊賀国の代官に任命されました。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、家康方の主力として戦い、豊臣秀吉の軍勢を破りました。この功績により、家康から感状と感状の金を賜りました。天正18年(1590年)の小田原征伐では、家康方の主力として戦い、北条氏の軍勢を破りました。この功績により、家康から感状と感状の金を賜りました。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、家康方の東軍に属して戦い、西軍を破りました。この功績により、家康から感状と感状の金を賜りました。慶長10年(1605年)に死去しました。享年46。法名は宗家院心続宗意。墓所は愛知県西尾市の宗家寺。

利政は、武勇に優れており、家康に仕えて数々の戦いで功績を上げました。また、優れた内政手腕も持ち、伊賀国の代官として伊賀国の統治に力を尽くしました。利政は、江川氏の祖であり、その子孫は代々徳川将軍家に仕えて重臣として活躍しました。

タイトルとURLをコピーしました