油谷達:洋画家として活躍した生涯

油谷達:洋画家として活躍した生涯

油谷達の生い立ちと経歴

油谷達の生い立ちと経歴

– 油谷達の生い立ちと経歴

油谷達は、1903年(明治36年)2月18日に福岡県福岡市に生まれた。父は油谷久之、母は油谷ウメである。父は警察官であり、後に福岡県警の警視正まで昇進した。母は専業主婦であった。油谷達は、長男として生まれる。妹が一人いる。

油谷達は幼い頃から絵を描くことが好きであった。小学生になると、絵画コンクールに出品して入賞を果たす。中学生になると、本格的に油絵を学び始める。1921年(大正10年)に福岡県立中学修猷館高等学校を卒業すると、東京美術学校(現・東京芸術大学)に進学する。

東京美術学校では、洋画科で学んだ。在学中は、同級生の岸田劉生や中村彝らと親交を深める。1925年(大正14年)に東京美術学校を卒業すると、帰郷して福岡で油絵を描き始める。1927年(昭和2年)には、第1回帝展(帝国美術展覧会)に入選を果たす。

1928年(昭和3年)には、上京して東京で活動を開始する。1930年(昭和5年)には、第6回帝展で特選を受賞する。1931年(昭和6年)には、第7回帝展で文部大臣賞を受賞する。1932年(昭和7年)には、第8回帝展で金牌を受賞する。

1933年(昭和8年)には、フランスに留学する。パリでは、油絵を学びながら、多くの芸術家と交流を深める。1935年(昭和10年)に帰国すると、東京で活動を再開する。1937年(昭和12年)には、日独文化交流展に出品する。1940年(昭和15年)には、第14回帝展で帝国美術院賞を受賞する。

1945年(昭和20年)には、東京大空襲で自宅を焼失する。多くの作品が焼失するが、戦後すぐに制作活動を再開する。1946年(昭和21年)には、第16回帝展で内閣総理大臣賞を受賞する。1947年(昭和22年)には、日本美術院の会員に推挙される。

1948年(昭和23年)には、第1回日本国際美術展に出品する。1949年(昭和24年)には、第2回日本国際美術展で金賞を受賞する。1950年(昭和25年)には、第3回日本国際美術展で文部大臣賞を受賞する。1951年(昭和26年)には、第4回日本国際美術展で内閣総理大臣賞を受賞する。

1952年(昭和27年)には、芸術院会員に任命される。1953年(昭和28年)には、文化勲章を受章する。1955年(昭和30年)には、東京芸術大学教授に就任する。1959年(昭和34年)には、東京芸術大学学長に就任する。

油谷達は、1979年(昭和54年)1月12日に東京で死去する。享年75歳。

槐樹社の結成と活動

槐樹社の結成と活動

槐樹社の結成と活動

油谷達は、1916年に、同時代の画家グループである槐樹社(かいじゅしゃ)の結成に加わりました。槐樹社は、岡田三郎助、森田恒友、中村彜、川端玉章、安井曾太郎、藤島武二、石井柏亭、熊谷守一など、当時を代表する画家が集まったグループです。槐樹社は、日本の近代絵画の確立をめざして活動し、さまざまな展覧会や出版物を通じて、その成果を発表しました。

油谷達は、槐樹社の結成メンバーの一人として、その活動に積極的に参加しました。油谷達は、槐樹社の展覧会に出品し、また、槐樹社が発行する雑誌『槐樹』にも作品を発表しました。槐樹社の活動を通じて、油谷達は、日本の近代絵画の最先端の動きを知ることができ、その後の作風に大きな影響を受けました。

槐樹社は、1928年に解散しましたが、油谷達は、その後も、日本の近代絵画の発展に貢献し続けました。油谷達は、1935年に文部省美術展覧会で特選を受賞し、1940年には、帝国美術院の会員に任命されました。油谷達は、1937年から1940年まで、帝国美術院の日本画科の教授を務め、後進の指導にもあたりました。

油谷達は、1944年に急逝しましたが、その作品は、現在でも高い評価を受けています。油谷達の作品は、日本の近代絵画史を代表する作品として、多くの美術館に収蔵されています。

東京美術学校中退後の軌跡

東京美術学校中退後の軌跡

東京美術学校中退後の軌跡

油谷達は東京美術学校を中退した後に、洋画家としての道を歩み始めました。1910年に渡欧し、フランスで3年間学んだ後、1913年に帰国しました。帰国後は、二科展や独立美術展に出品し、活躍しました。1927年には、帝展に初入選し、その後、帝展の常連作家となりました。1935年には、日本美術院の同人となり、1937年には、帝国芸術院会員に選出されました。

油谷達は、風景画や人物画を得意とし、その作品は、繊細で詩情豊かであると評されました。また、油谷達は、油絵だけでなく、水彩画や版画も制作しました。1945年に、空襲でアトリエが焼失し、多くの作品が失われてしまいましたが、戦後も精力的に制作を続けました。1953年に、文化勲章を受章し、1954年に亡くなりました。

油谷達は、日本の洋画界を代表する画家のひとりであり、その作品は、現在も多くの美術館に収蔵されています。油谷達の作品は、日本の美術史において重要な位置を占めています。

タイトルとURLをコピーしました