「太田儔」

「太田儔」

太田儔の経歴

太田儔の経歴

-太田儔の経歴-

太田儔は、1873年(明治6年)9月8日に東京府に生まれた。父は太田為三郎、母は太田ふみである。太田家は代々、米穀商を営んでいた。太田儔は、東京府立第一中学校、第一高等学校を経て、1896年(明治29年)に東京帝国大学農科大学農学科に入学した。1900年(明治33年)に卒業後、農商務省農事試験所に勤務した。農事試験所では、水稲の育種・栽培法の研究に従事した。1907年(明治40年)には、農商務省の留学制度により、ドイツに留学した。ドイツでは、ベルリン大学とボン大学で学び、植物病理学と遺伝学を研究した。1911年(明治44年)に帰国後、農事試験所に復職した。

1915年(大正4年)、太田儔は、北海道帝国大学の教授に就任した。北海道帝国大学では、農学部で植物病理学と遺伝学を教え、また、農学部の附属農場である札幌農場の経営にも携わった。1921年(大正10年)には、北海道帝国大学の総長に就任した。総長として、北海道帝国大学の発展に尽力した。1927年(昭和2年)には、東京帝国大学農学部の教授に就任した。東京帝国大学では、農学部で植物病理学と遺伝学を教えた。1935年(昭和10年)には、東京帝国大学農学部の学部長に就任した。学部長として、農学部の運営に尽力した。

1937年(昭和12年)に、太田儔は、東京帝国大学の総長に就任した。総長として、東京帝国大学の発展に尽力した。1945年(昭和20年)に、東京帝国大学を退官した。退官後は、日本学術振興会の会長を務めた。1955年(昭和30年)に死去した。

太田儔の功績

太田儔の功績

-太田儔の功績-

太田儔は、日本初の女性薬剤師であり、薬学教育と薬学振興に貢献した人物です。

彼女は1874年、東京府に生まれました。1895年に東京薬学専門学校(現・東京薬科大学)に入学し、1899年に卒業しました。卒業後は、同校の助教授に就任して薬学の教育に携わりました。

1901年、太田儔はアメリカに留学し、ミシガン大学で薬学を学びました。1903年に帰国した後、東京薬学専門学校で教授に就任しました。彼女は、薬学の教育方法を改革し、薬学の研究を推進しました。

1915年、太田儔は日本薬剤師会を設立しました。日本薬剤師会は、薬剤師の権利と利益を守るための組織です。太田儔は、日本薬剤師会の初代会長に就任し、薬剤師の地位向上に努めました。

1920年、太田儔は東京女子薬学専門学校(現・東京女子薬科大学)を設立しました。東京女子薬学専門学校は、日本で最初の女子薬学専門学校です。太田儔は、東京女子薬学専門学校の初代校長に就任し、女性の薬学教育に尽力しました。

太田儔は、1943年に亡くなりました。しかし、彼女の功績は現在も語り継がれています。彼女は、日本の薬学の発展に大きく貢献した人物として尊敬されています。

タイトルとURLをコピーしました