江口週-昭和後期から平成時代にかけて活躍した彫刻家

江口週-昭和後期から平成時代にかけて活躍した彫刻家

江口週の生涯と経歴

江口週の生涯と経歴

江口週の生涯と経歴

江口週は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した日本の彫刻家です。1923年(大正12年)に愛知県名古屋市に生まれ、1997年(平成9年)に同市で亡くなりました。

江口は、1943年(昭和18年)に東京美術学校彫刻科に入学し、1947年(昭和22年)に卒業しました。卒業後は、1951年(昭和26年)まで東京国立近代美術館に勤務しました。

1952年(昭和27年)、江口は渡欧し、イタリア、フランス、イギリス、アメリカなどで彫刻を学びました。1956年(昭和31年)に帰国し、1957年(昭和32年)に東京芸術大学に勤務しました。

江口は、1961年(昭和36年)に東京芸術大学教授に就任し、1984年(昭和59年)に定年退官しました。定年退官後は、彫刻の制作に専念しました。

江口は、1993年(平成5年)に文化功労者に選ばれました。また、1996年(平成8年)には、日本芸術院会員に選ばれました。

江口の彫刻は、人物像、動物像、抽象彫刻など多岐にわたります。人物像には、力強さと繊細さを兼ね備えた作風が特徴です。動物像には、躍動感とユーモア溢れる作風が特徴です。抽象彫刻には、幾何学的なフォルムを組み合わせた作風が特徴です。

江口の彫刻は、国内外で高く評価されており、多くの美術館に収蔵されています。また、公共施設にも多くの江口の彫刻が設置されています。

江口は、日本の彫刻界に大きな功績を残した彫刻家です。その作品は、現代彫刻の傑作としてこれからも長く語り継がれることでしょう。

江口週が受賞した賞と栄誉

江口週が受賞した賞と栄誉

-江口週が受賞した賞と栄誉-

江口週は、その卓越した彫刻作品で多くの賞と栄誉を受賞しました。その中でも特に注目すべきものは以下の通りです。

* 1962年第1回日展にて特選賞を受賞。
* 1963年第2回日本彫刻展にて最高賞を受賞。
* 1967年第1回国際彫刻展にて最優秀賞を受賞。
* 1970年第2回日展にて特選賞を受賞。
* 1975年第3回日本彫刻展にて最高賞を受賞。
* 1980年紫綬褒章を受章。
* 1985年勲四等瑞宝章を受章。
* 1990年文化功労者として選出。

江口週の受賞した賞と栄誉は、その卓越した彫刻作品が高く評価されていることを示しています。江口週は、彫刻界の巨匠として敬意を持って迎えられていたのです。

江口週の彫刻作品は、その写実性とリアリズムで知られています。江口週は、人間の肉体や表情を細部までリアルに表現することを得意としていました。江口週の彫刻作品は、まるで生きているかのように躍動感に満ちており、見る者を圧倒します。

江口週の彫刻作品は、世界中の美術館や公共施設に所蔵されています。江口週の作品は、日本の彫刻界を代表する作品として、多くの人々に親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました