– 大塚啓三郎「益子焼の祖」

– 大塚啓三郎「益子焼の祖」

益子焼の祖・大塚啓三郎

益子焼の祖・大塚啓三郎

益子焼の祖・大塚啓三郎

益子焼の祖として知られる大塚啓三郎は、1861年、栃木県芳賀郡益子町に生まれました。

啓三郎は、幼い頃から陶器に興味を持ち、16歳の時に益子町の窯元である大塚藤右衛門の門下生となりました。

藤右衛門のもとで、啓三郎は陶器の製造技術を学び、1883年に独立して窯を開きました。

啓三郎は、益子焼の伝統を守りながら、新しい技法やデザインを取り入れて、益子焼の発展に貢献しました。

特に、啓三郎は、益子焼の代表的な陶磁器である「益子焼の笠間焼」を開発し、益子焼の名を全国に知らしめました。

笠間焼は、益子焼の伝統的な技法である「流し込み成形」を用いて作られた陶磁器で、素朴で温かみのある風合いが特徴です。

啓三郎は、笠間焼を生産することで、益子焼の産業を活性化し、益子町の発展に貢献しました。

啓三郎は、1932年に亡くなりましたが、彼の残した益子焼の伝統は、現在も受け継がれています。

益子町には、啓三郎が創設した益子焼窯元が数多くあり、益子焼の伝統を守りながら、新しい作品を生み出しています。

益子焼は、その素朴で温かみのある風合いが特徴で、全国各地で愛されています。

また、益子焼は、海外でも高く評価されており、ヨーロッパやアメリカなど、世界各国に輸出されています。

啓三郎は、益子焼の発展に貢献した偉大な陶芸家で、彼の残した益子焼の伝統は、現在も受け継がれています。

下野(しもつけ)の国で陶工として活躍

下野(しもつけ)の国で陶工として活躍

-下野(しもつけ)の国で陶工として活躍-

大塚啓三郎は、天保元年(1830年)に、下野(しもつけ)の国、現在の栃木県益子町に生まれました。彼は、幼い頃から陶芸に興味を持ち、15歳の時に、益子で陶器の製造を始めたと言われています。

啓三郎は、益子の陶器の伝統を学びながら、新しい技法を開発していきました。彼は、益子焼の代表的な技法である「刷毛目」を考案し、益子焼の新しい時代を切り開きました。

啓三郎は、陶工としてだけではなく、益子町の発展にも貢献しました。彼は、益子陶器同業組合を設立し、益子焼の生産と販売を促進しました。また、益子町に陶器学校を設立し、後進の陶工を育成しました。

啓三郎の功績により、益子焼は全国的に知られるようになり、益子町は「陶器の町」として発展していきました。啓三郎は、益子焼の祖として、現在も益子町の人々に敬愛されています。

啓三郎の陶芸は、益子焼の伝統を尊重しながらも、新しい技法を積極的に取り入れた独創的なものでした。彼の作品は、益子焼を代表するものであり、現在も多くの陶芸愛好家に愛されています。

黒羽藩郡奉行・三田称平に奨励され藩の指定窯となる

黒羽藩郡奉行・三田称平に奨励され藩の指定窯となる

黒羽藩郡奉行・三田称平に奨励され藩の指定窯となる
大塚啓三郎が益子に窯を築いたのは、黒羽藩郡奉行の三田称平の奨励があったからだと言われている。三田は、益子の土が陶器作りに適していることを知り、啓三郎に益子に窯を築くように勧めた。啓三郎は、三田の勧めに従って益子に窯を築き、陶器を作り始めた。

啓三郎が益子で陶器を作り始めてから間もなく、三田は啓三郎の陶器を黒羽藩主に見せた。黒羽藩主は、啓三郎の陶器を気に入り、啓三郎の窯を藩の指定窯とした。これにより、啓三郎は黒羽藩の庇護を受けることになり、陶器作りに専念することができるようになった。

啓三郎が黒羽藩の指定窯となったことで、益子の陶器は藩内だけでなく、藩外にも知られるようになった。これにより、益子の陶器は益子の産業として発展していった。益子の陶器が発展したことで、益子の人々の生活も豊かになった。

啓三郎が黒羽藩の指定窯となったことは、益子の陶器の発展に大きな影響を与えた。啓三郎の陶器が藩内だけでなく、藩外にも知られるようになり、益子の陶器は益子の産業として発展していった。益子の陶器が発展したことで、益子の人々の生活も豊かになった。

タイトルとURLをコピーしました